HOME >  殿堂入り > 【マヨメイク】まるでインコ!夏はパ...
【マヨメイク】まるでインコ!夏はパラパロメイクで目立っちゃえ♪#002 2016.06.21

青い空、白い雲、照りつける太陽!
夏ってなんだかウキウキしちゃいますよね。

海に、キャンプに、音楽フェス・・・

イベント盛り沢山の夏!
テンションが上がる特別な場所にしていきたくなるメイクをご紹介します。


Let's パラパロメイク!

▼パラパロメイクって?▼


【parakeet】パラキート・・・インコ

【parrot】パロット・・・オウム

インコやオウムのような、現実離れした極彩色!
パキッと目が冴える原色カラーは、普段のメイクにはないパワーを秘めています。

パラキート×パロット=パラパロメイク

ちょっぴりはっちゃけパラパロメイクで、周りに差をつけちゃいましょう。

▼メイクポイント▼

♡すぐ取り入れられる!初級者編パラパロメイクはカラーまつ毛が肝!

●普段、マスカラは下から上へ持ち上げるようにまつ毛の裏側にマスカラを塗るかと思いますが、カラーマスカラ使用の際は表側(目を閉じたり伏し目になった時に見える面)にも丁寧に色を乗せましょう。

出典 イラスト/ワキタユイ

●画像ではまつ毛をフルカラーリングしていますが、目尻だけ、またはまつ毛の毛先だけにちょんちょんと色を置いてもかわいいです。

●もっと派手にしたい時は、上まつ毛と下まつ毛で色を変えてもキュートです!

(使用アイテム:DODO / カラーポイントマスカラ(CM30)

♡まるでインコのくちばし?!目頭三角アイライン

●目頭にもポイントカラー!ちいさな三角形を作るように目頭横にアイラインを引いてみましょう!

●イエローやゴールド、ホワイト等、濃すぎないカラーなら意外と馴染むんですよ。
(濃い色で大きく三角ラインを取ってしまうと、寄り目に見えてしまうので注意!)
目尻側にもラインを引くとさらにバランスが取りやすいです。

(使用アイテム:MAKEUP FOREVER / 12フラッシュカラーケース )(目頭側から目尻に向かって、ゴールド、イエロー、オレンジ、レッドをグラデーションにして使用)

♡アマゾンのオウム達を彷彿させる、ミステリアスなカラーアイブロウ

「えっ、カラフル眉毛!?」と思った方も多いかも知れません。
しっかーし!テンションMAX!野外イベントなど、そんな時にこそぜひチャレンジ!

●やり方はとっても簡単、お好みのアイシャドウをブラシに取って眉毛のシルエットを描いた後、中を塗りつぶしていきます。

●このメイクではルリコンゴウインコの羽をイメージして、眉頭~眉尻にかけてグリーンからブルーのグラデーションを作っています。

●イエローやオレンジ、ピンク等の色を使う際、自眉の色が邪魔だな~という時は、アイブロウコンシーラーを軽く毛流れに剃って塗布した後、上から更にアイシャドウをポンポンと乗せましょう。簡単に眉毛のカラーリングができちゃいます。

(使用アイテム:Costal Scents / Creative Me #1 Palette)



♡おしゃれさんはみんな!カラフルパラパロリップ♪

●海外ではケイティペリーやリアーナ、レディーガガ、マイリーサイラス等々おしゃれアーティストが数年前からカラーリップメイクを楽しんでいるよう。日本でも原宿キッズ達や、センセーショナルなカリスマNEOギャルとして有名な植野有砂さんなどがどんどん大胆なカラーリップをファッションの中に取り入れていっています。

●レッドリップはメイクの流行もあり浸透率が高くなってきましたが、あんまり冒険した色はちょっと・・・という方は、ビビッドなオレンジやネオンな光彩を放つ、フューシャピンクなどがおすすめです。

●こちらのメイクでは、まるでセキセイインコのような色合いのリップで遊び心を取り入れてみました。

(使用アイテム:MAKEUP FOREVER / 12フラッシュカラーケース)

いかがでしたでしょうか?

ワンポイントでも、インコやオウム達のような彩りをプラスすると、メイクがぐっと元気な印象に変身します。

ぜひ!チャレンジしてみて下さいね。


こちらも合わせてどうぞ!
【マヨメイク #001】カラフルアイで恋しましょ♪〜花さかメイク〜



◆メイクアップアーティスト:柴野真代 Twitter:@mayob404
1987年生まれ、札幌市出身。
ファッションフリーペーパーのライターや、古着屋の立ち上げを経て、フリーのイラストレーター&メイクアップアーティストに転身。
各種雑誌撮影やアーティストのメイクアップ、個人の方向けの出張メイク、メイクレッスンなど多方面で活躍中。

このまとめのキュレーター