間隔が定まらないから前駆陣痛!…とは限らない?!

こんにちは、cyuncoreライターの柚鳥です。

私はお産に関して、ゾッとする思い出があります。それは、陣痛の間隔が全然定まらなかったこと!

私はいくつかの幸運(?)が重なって、病院にて安産で産むことが出来たのですが、もしかしたら状況によっては一人、自宅で出産するような事態に陥っていたかもしれないのです!

というわけで今回は、私の陣痛思い出話と、もし家で産むことになった場合の対処法も調べてみたのでご紹介したいと思います。

自宅出産の方法は、詳しくは専門家に聞いていただきたいですが、可能性は誰でもあるので、これから出産を控えている方は知識を仕入れておいて損はないと思います!

 

さかのぼるは、陣痛が来る数時間前…

実は、私は出産の前日から、産院に入院していました。

尿たんぱくが出て、管理入院に。いわゆる『妊娠高血圧症候群』の可能性があったんですね。とはいえ、バルーンや陣痛促進剤などは使用しておらず、あくまでこの日は様子をみていただけでした。

まさかこの翌日に息子が生まれてくるなんて夢にも思わず、呑気にスマホゲームに勤しんでいました。入院費は気がかりでしたが、家事大嫌いなずぼら主婦なもんですから、家事せずに寝られるのラッキー!ぐらいの心持ちでした(笑)

 

その夜からお腹に異変が

寝ようとすると、急にお腹が張り、痛み出します。

最初は、今日めっちゃ張るなあ~と思いながらも寝ようとしていましたが、じわじわと痛みが増していくので、もしや?と思い看護師さんを呼びました。

しかし、間隔がとにかく定まらない!そして初めから間隔が短い!

入院しているので関係ないのですが、私が通院していた産院の、電話してきてくださいというボーダーラインが10分間隔で、わたしの陣痛と思われるそれは、最初から8分だったり2分だったり。

しかし間隔が短いわりには、子宮口は3cmほどで「前駆陣痛だと思うけど、一応様子見ようか」という流れでモニター管理になり、その後も痛みが止むことなく徐々に強くなっていったため、本陣痛扱いとなり、お産へと進みました。

 

間隔が定まらなくても、本陣痛の可能性はあります!

この思い出話の怖い所は、陣痛の時間が定まらなかったことです。

私は、偶然にも入院中の出来事でしたが、本来は家で陣痛を迎えるものだと思います。しかし、その場合、私のお産はどうなっていたのでしょうか?

入院して、モニターで見てもらってもなお「前駆陣痛だと思う」と言われていたぐらいですから、産院に電話したところで恐らく「間隔が定まるまで様子を見て」と言われると思います。

そのまま前駆陣痛だと思い込んで、様子を見続けていたら……家で産むことになったら、物騒ですが今頃息子は生きていないかもしれません。

同じような経験をされる方もいるかもしれないので、自宅で急遽出産することになったらどうすればいいのか、私も第二子が欲しいので、参考に調べてみました。

 

家で赤ちゃんが生まれてしまったら…

急遽自宅で出産することになったらどうすればいいのでしょうか?

調べた中で、計画的なものではなく、急遽行う自宅出産に特化して、情報を厳選してお伝えします。

なお、私は病院で産むことが出来たので、以下は私の経験をもとにしたものではありませんので、不安な方はお医者様などにも相談の上、備えておいてくださいね。また、計画自宅出産の場合は、助産師さんなどの介助がつくと思うので、あまり参考にはならないかと思います。

というわけで、急遽行う自宅出産での順序と注意事項(柚鳥調べ)をまとめてみました。

  • 赤ちゃんが頭を打たないように受け止める
  • 生まれたら、泣くかどうかをみる
  • 体温が下がらないように保温をする
  • 卵膜に包まれていたら迷わず破る
  • 胎盤は抜かない、へその緒は切らない
  • 母親は産後横になる、子どもは胸の上に

 

自宅で産気づいたら、まずは跪きます。これは、赤ちゃんが出てきたときに、落下する高さを低くするためと、赤ちゃんを受け止めやすい体勢だからだそうです。服を脱ぐのも座ってから!

生まれたら、泣くかどうかを確認します。泣かない=呼吸をしていないので、泣ける状況にしてあげなければいけません。口や鼻に羊水がついていればふき取ってあげます。また、赤ちゃんの鼻と口から、大人の口で羊水を吸い上げて排出してあげてください。

保温は大事です!そのままにすれば、夏でも体温調節が上手じゃない赤ちゃんの体温はぐんぐん下がっていきます。身体の水分(羊水)を拭き取って、タオルや毛布、大人の服などで覆って保温します。

卵膜(羊膜)に赤ちゃんが包まれたままの場合は、即破ります。迷う必要はありません。それに包まれている限り、赤ちゃんは息をすることが出来ません。とにかく早く破ってあげてください。

へその緒を引っ張って胎盤を抜いたり、へその緒を切断するのは、病院についてからお医者様にしてもらいます。そのまま赤ちゃんを抱いていてあげてください。

そして、救急車がくるまで、ママは横になって待っていてください。これは、母体が産後低血圧になるのを防ぐためだそうです。赤ちゃんは胸の上で抱くと、赤ちゃんの保温にもなります。

また、もし旦那さんやお母さまなど、周りに助けてもらえる方がいるなら、救急要請と、バスタオルの準備をお願いしましょう。出来れば事前にもしものことを話し合って、いざという時は自分で判断して動いてもらえるように備えておくといいでしょう。

もしも可能なら、生まれる前に産院にも電話が出来ると良いです。家で産むにしても、助言をもらえたり、搬送されてくることに備えてくれます。

急遽家で産むことになるときっと不安でしかたないですし、怖いと思うので、事前に調べて備えておけると安心ですね。

関連記事

プレママにおすすめ!妊娠中に役に立ったもの6選...

妊娠すると食べ物の好みが変わるってホント?妊娠中食べたくなったもの5つ...

つわりと戦う妊婦達!妊娠初期の大敵つわりの症状と対策まとめ...

私のマタニティライフ!ハワイでの妊婦生活について...

妊娠中でもお酒が呑みたい!妊婦さんにおすすめの「ノンアルコール」飲料と...

Pocket
LINEで送る