こんなジンクス知ってる?身体編

あなたはジンクスを信じますか?

第2回目は身体編です。身体のパーツにまつわるジンクスをご紹介します。

中にはおまじないのようなものもあり、昔から人々の関心事のひとつでもありました。
いつも見ている自分の身体で運気が上がるならちょっと試してみたい気もしますね。

  1. いつも手ばかり見ている人は早死にする

    朝鮮の発祥ですが、今でも各国で言われているジンクスです。日本でも手の平を眺める「手鏡」は縁起が悪いと言われています。

  2. 歯にスキマがあるとお金がなくなる

    風水では歯は身体の中でも「金の気」を持つパーツであると言われています。貯めたお金が隙間から出て行ってしまうためお金が貯まらないのだとか。

  3. 額のシワが3本なら100年の長寿を得る

    額にシワがなければ90年、4本なら95年、5本なら70年、数多くのシワがあれば50年、シワが髪の生え際まで伸びていれば80年、眉まで届くなら30年の寿命。という続きがあります。女子的にはシワなんて嫌ですね。90年が良いかもしれません。

  4. 目がかゆくなると良い人に出会う


    美味しい香りをかぐと「鼻がムズムズする」と言います。良い前兆のムズムズに対応するのが目のかゆみなのです。においをかぐことも物を見ることも五感ですが、この五感が前兆を察知する時のサインがかゆくなったりムズムズしたりすることなのだそう。

  5. 手指が長ければ長寿、長くすっきり伸びていれば人に好かれる

    指にまつわるジンクスはたくさんあります。他にも指が太い人は財運が良い、しかし鈍感、繊細な指は知恵がある 指が長いと気前が良い、などと言われています。

    関連する記事


    こんなジンクス知ってる?数字編

    こんなジンクス知ってる?ラッキーなサイン編

    こんなジンクス知ってる?残念なサイン編

    こんなジンクス知ってる?人・動物・数字編

    Pocket
    LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。