100均の財布が意外と優秀!アレンジ法もご紹介♪

スポンサードリンク

最近、息子がお祭りの屋台やガチャポンなどに自分でお金を払いたがるため、息子用の財布を探しにダイソーへ行ってきました!

100均の財布コーナーなんて立ち寄ることもないため、正直メッシュやナイロンで作られた “いかにも”な財布しかないのでは・・?と、大して期待もせずに向かったのですが、目の前に広がる光景にびっくり!なんとレザー調の財布が売られておりました(笑)

そこで、ダッフィーと近いお色の二つ折り財布を発見!毎晩ダッフィーを抱っこして寝るくらいダッフィーが大好きな息子のためにこちらの財布をチョイスしました〜!(ちゃっかり自分用のミニ財布も購入してきました。笑)

購入した財布はこちら

購入した財布はこちらです!折りたたんだ状態で縦9.5cm、横11.0cmと超コンパクト!(素人採寸のため多少の誤差があります)

今回購入したのはダイソーの300円商品。安っぽい作りなのは仕方ありませんが、公園や八百屋など、近場を散歩して歩く際には問題ありません。

中はこんな感じ♪ボタン付きのコインケースにカードを入れるポケットが4つ、お札も入ります。

このまま渡しても喜びそうですが、もっと喜んでくれるよう財布の表紙を息子の喜ぶ柄にアレンジしたいと思いますー!

完成した作品がこちら

ちょっと手作り感がすごいですが・・(汗)
以前作っていたリュックやティッシュケースと同じ生地で作りました♪

こうして並べてみると統一感があって良い感じです☆

用意するもの

お財布(今回はダイソーの300円商品のもの)
余り布(ボーダーとブラウンの布)
あれば接着芯
糸やミシンなどの裁縫セット

手順①財布を解体する

写真のように、財布を表紙と中身に分けます。
今回使用するのは下の“中身”の方。表紙の方は、また違う物にアレンジする予定です。

手順②生地をカットする

財布の大きさに合わせ、生地をカットしましょう。
縫い代を約1cmずつ取っておくと失敗しません。
特にサイズなど測らず適当にカットしましたが、ちゃんと測った方が安心です(汗)

手順③接着芯をつける

接着芯を生地半分の大きさにカットし、アイロンで貼り付けます。
接着芯のない方はこの工程は飛ばしてください。

手順④袋状に縫い合わせる

生地を中表に折ったら、左サイドと上を縫います。右サイドから表に返しておきましょう。

手順⑤まつり縫いをする

返し口をまつり縫いして始末します。飾りをつけたい時はここでつけておきましょう。私は余っていた布でワッペンを作り、縫い付けました。

手順⑥財布を縫い付けたら完成!

作った表紙と解体しておいた財布の中身を縫い合わせたら完成!
今回は二つ折り財布のカバーを作ったので、真ん中に少し余裕を持たせて縫い合わせると折り曲げた時きれいです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。