恋に落ちるまでの時間、知ってる?「見つめる」に隠された恋愛心理

好きな人、もしくはそこまではいかないけれど気になる人と、ふいに目が合うと、女性(レディ)ならば誰もが胸を高鳴らせるものではないでしょうか。

けれども、なぜ私たちは視線が合うだけで胸が高鳴ったり、顔がほころんだりするのでしょうか。そこで今回は、恋愛心理学の観点から「視線」についてフォーカスしていきたいと思います。

どうして見つめてしまうのか?

「いいの、私は遠くから見つめているだけで十分だから」
と、ついつい密かに想いを寄せる人のことを目で追ってしまう。

これだけ聞くと、なんだか切ないような気がしてしまいますが、じつは恋心と「見つめる」というには密接な関係があることはご存知でしょうか。

「気になる相手のことを見つめる」という行為は、すべての恋愛に通じるあなたの欲求の表れなのです。
私たち人間は誰でも、好きな人ができると、その人のことを反射的に目で追うようになってしまいます。

対して、特定の相手を見つめている人を見たり、誰かに見つめられ続けたりすると、「私(相手)は、好き(好かれている)かもしれない」という考えが徐々に浮かんでくるようになるのです。

一目惚れに隠された秘密って?


ここで勘違いしてはいけないのが、目が合い続けたからといって、それがすべて恋愛感情で見つめられている、と考えるのは勘違いです。「見つめる」という行為は、ある程度の時間が必要になります。
それでは、出会った瞬間に見つめる暇もなく恋に落ちる「一目惚れ」の場合はどうなるのでしょうか。

じつは、とあるデータによると、「一目惚れをしたという人であっても、平均5~7秒間は相手のことを見続けている」という報告があります。長時間見ているというわけではない気がしますが、7秒間ものあいだ一点だけを集中して見つめ続けるという行為は、実際に試してみると、なかなか難しいものだということが分かるかと思います。

恋に落ちるまでの時間、知ってますか?

先ほどは、「一目惚れするのに人は、おおよそ5〜7秒間見つめ続けている」ということをシェアしました。ところで、この「7秒」という時間は、心理学の観点から見ると、どのような心理が隠れているのでしょうか。まず、5〜7秒間ものあいだ誰かと見つめ合うという行為は、日常的に親しくしている関係、もしくは互いに信頼関係が成立していないと実現することが難しいものです。つまり、この行為が可能である関係性といえばやはり、お互いに想いが通じ合っているカップルや夫婦間でなければ、難しいようなのです。

対して、(意識・無意識関係なく)特定の相手と5~7秒間見つめ続けることができれば、脳は「私は、(見つめている相手に)恋をした」と錯覚し始めるのです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

Connie(コニー)

大学卒業後、ひょんなことからwebライターの道へ。 肩肘張らず、1日をゆったりと味わうように生きたっていい。 気取らず自然体に、けれど品のある女性になるためのヒント「レディのたしなみ」をリアルタイムで発信しています。