余りがちなホイップクリームが変身!簡単アレンジ5選

我が家では小学生の姪と甥を預かることが度々あるのですが、最近遊びに来た時に必ずと言っていいほどお願いされるのが「クレープ作り」なのです。

しかしここで大変なのが材料の準備。
クレープの枚数も果物の数も全て偶数にしておかないと、どっちが最後の1つを使うかで喧嘩が始まってしまうという・・。

そしてさらに大変なのが生クリーム!
どちらが最初に絞るかで喧嘩勃発。
じゃんけんにすると姪が必ず負けるらしく、公平じゃないと言われる始末。
必然的にプレーンとチョコを2つずつ用意しなくてはならないのです(笑)

1回のクレープ作りでは生クリームもそこまで消費しませんし、結構な量が余ってしまいますよね。
そこで今回は、余ってしまったホイップクリームを使ったアレンジレシピをご紹介します。

レシピ①シュークリームに絞って♪

シュークリームの超簡単なレシピをクックパッドで調べて焼きました♪
プレーン生クリームとチョコ生クリーム、チョコレートソースをかけただけですが、とってもおいしい!

写真はありませんが、息子のシュークリームにはクレープ作りの際に残っていたイチゴを細かく刻んでトッピング♪彩が綺麗でテンションが上がっていました(笑)

レシピ②クレープの残り物詰め合わせ☆パフェ


こちらもクレープの残りを詰め込みました!
バナナ、バニラアイス、生クリームを順番に乗せて、上からチョコレートソースを回しかけただけと超簡単に出来上がります。

しかも中に入っているバニラアイスも、実は余っていたホイップクリームで作ったものです♪
作り方はレシピ③でご紹介します〜!

レシピ③昔懐かしい♪ビスケットサンド

お皿に置いた瞬間息子に食べられてしまい、写真がありませんが(汗)

バニラアイスをビスケットで挟んだ「ビスケットサンド」というアイスをご存知ですか?

商品紹介│ビスケットサンド│森永製菓

私が当時通っていた高校ではこのアイスが大人気で、今でも見かけると手に取ってしまうほど♪

・・と、話が脱線しましたが、余ったホイップクリームを使ってアイスを作り、ビスケットに挟んで冷凍するとビスケットサンドができるのです〜!

アイスの作り方も簡単で、余ったホイップクリーム100ccに対し、卵1個を混ぜ合わせて冷凍するだけ!時間があれば、卵を卵黄と卵白に分けて、卵白もホイップして全てを混ぜ合わせて冷凍するともっと美味しくなります。
砂糖はお好みで入れてください♪

ビスケットの代わりにシュークリームで挟んでもおいしいですよ〜!

レシピ④超濃厚!絞り出しクッキー


ホイップクリームのほかに、マーガリン、卵、砂糖、小麦粉があれば作れる絞り出しクッキー。
ホイップクリームの量によってマーガリンや小麦粉の量を適当に調整しているので分量がいまいちわからないのですが・・検索してみるとホイップクリームでクッキーを作っている方がたくさんいらっしゃったので参考にしてみてください♪

今回はチョコ生クリームを使って作ってみました〜!

写真右側のように少し大きく焼くよりも、真ん中と左側のように小さく焼いた方が焼き上がりにムラもなく、サクサクとしていておいしいです♪

レシピ⑤動物アートも簡単にできちゃう♪

こちらも息子ががっついてしまい、写真を撮り損ねてしまったのですが・・。

コーヒーやココア等の上に生クリームを山の形のように絞り出し、土台を形成します。
ここに、チョコチップやチョコペン等で目・鼻・口を描くと可愛い動物アートが完成するのです♪
土台の上に半分にカットしたクッキーを2つ乗せると可愛い耳になりますね。

「ホイップクリーム アート」「生クリーム アート」等で検索してみると参考にできる生クリームのアート作品がでてきますよ。

おわりに

いかがでしたか?
クッキーが特に好きではなかった息子ですが、今では姪と甥が帰った後に必ずクッキーをせがまれます(笑)
焼きたてということもあるかもしれませんが、ホイップクリームを使ったクッキーは本当においしいのです♪
生クリームをそのまま使ったお菓子よりも、アイスやクッキーは少し日持ちするので、ホイップクリームが余って困っている方は是非参考にしてみてくださいね。

関連記事

ジャケットの肩パットの取り外し方<30年前の礼服リメイク①>...

夏にオススメ!100均アイテムで作る虫除けサシェ...

すぐにやってみよう!即効性がある金運アップ風水3選...

栄養満点!畑のキャビア「とんぶり」を使ったレシピ②<5選>...

こんなジンクス知ってる?ラッキーなサイン編...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ



ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。