【九星気学*相性鑑定】相生・相剋「気が合う人」とは?

【九星気学*相性鑑定】相生・相剋「気が合う人」とは?

この人とは馬が合うとか、初めて会ったのに会話が弾むとか、あるいは逆に長年付き合っているけど心の内がわからない、会うときはいつも構えてしまうとか。そんな人との相性ってありますよね。

九星気学ではそれぞれの星が持つ特性から、星同士の相性を見ることができます。男女間の相性だけでなく身近にいる友達や家族との相性も鑑定できます。

九星気学の五行

九星気学は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つの星があり、木性、火性、土性、金性、水性の5つに分かれます。

これを五行(ごぎょう)と言います。

九星気学の五行

中国ではBC約400年頃この五行が万物の元素であると考えられていました。
それぞれのお互いの星は関係性を持っていて、よい関係のものを相生(そうじょう)、関係の良くないものは相剋(そうこく)と呼ばれています。

五行の相関図(相生)

下の図は五行の関係を配置したものです。

五行の相関図(相生)

隣の星同士が関係の良い相生となります。

  • 木は燃えて火を生みます。 木→火
  • 火は燃えた後に土に戻ります。 火→土
  • 土は土中に金属、鉱物を生みます。 土→金
  • 金は冷えると水ができます。 金→水
  • 水は木を育てます。 水→木

以上の作用から相生の関係ができます。

例えば木は火と水とが関係が良く、土は火と金とが関係が良い、相生の関係です。

これを九星に置き換えると、三碧木星と四緑木星の人は九紫火星と一白水星の人と相生の関係である、二黒土星と五黄土星と八白土星の人は、六白金星と七赤金星と九紫火星の人と相生の関係であるとみます。
隣同士の星はお互いに助け助けられの関係で、矢印を指す側が助ける、指される側が助けられるという意味があります。

三碧木星の人は九紫火星の人に何かと手を差し伸べたくなるし九紫火星の人は三碧木星の人がいてくれるだけで頼りになる、というようなことです。

五行の相関図(相剋)

次に、隣同士ではなく離れている相剋の関係を見てみましょう。

五行の相関図(相剋)

  • 水は火を消します。 水→火
  • 火は金を溶かします 火→金
  • 金は木を傷つけます 金→木
  • 木は土から養分を取ります 木→土
  • 水は土によってせき止められます。 土→水

木と金は隣同士ではありません。水と火も離れています。これを九星に置き換えると三碧木星と四緑木星の人は六白金星と七赤金星の人とは相剋の関係であり、一白水星の人は九紫火星の人と相剋の関係であるとみます。

学校の同級生はほとんど同じ星なので「相生相剋」ではなく「同士」となりますが、全員が同じ考えや同じ行動をするかというと決してそんなことはありませんね。もう少し踏み込んで説明します。

関連記事

今日も一日HAPPYに★【気学】(6月29日の運勢)希翔の毎日メッセー...

今日も一日HAPPYに★【気学】(5月25日の運勢)希翔の毎日メッセー...

今日も一日HAPPYに★【気学】(6月12日の運勢)希翔の毎日メッセー...

今日も一日HAPPYに★【気学】(6月8日の運勢)希翔の毎日メッセージ...

今日も一日HAPPYに★【気学】(6月11日の運勢)希翔の毎日メッセー...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る