【EMS】ライザップ監修の美顔器で顔の引き締めに挑戦【エステナードリフティ】

今年の8月頃から使い始めたエステナードリフティ。

美顔器でもサプリでもなんでもそうですが、使ってすぐに「見て分かる変化が表れる」ことはまれで、通常はしばらく使い続けることで、少しずつ変化が表れてくるもの。今回、エステナードリフティは使用開始から約3ヶ月経ったのでそろそろ、個人的感想に留まりますがEMSの作用中心でレポートしたいと思います。

ちなみに、エステナードリフティ以前にも何台か美顔器は持っていたのですが、リフティ以外で今も現役なのは4月に手に入れたnewaリフトです。

大きさはエステナードリフティのほうが大きめ。

newaリフトの過去記事はこちら→【美顔器レポ】おわかりいただけるだろうか?あるはずのほうれい線がnewaリフトで【たるみ対策】

家庭用美顔器ではnewaリフトにしか搭載されていないサブマイクロ波の筋膜アプローチのおかげか、たるみケアに特化した美顔器のふれこみに違わず、なんとなくボヤけてきたフェイスラインや頬が持ち上がるのを実感。2日に1回の推奨使用頻度をなるべく守ろうと思いつつも、不規則な生活で使えない日もあるのですが、1週間に2-3回の頻度では使い続けています。それ以前に手に入れた各種の美顔器はどれも効果が実感できず、飽きて使わなくなってしまったのですが、newaリフトは使うたびに即効を感じられるので続けることができています。

ただ、加齢によるたるみへのアプローチはnewaリフトで十分だと思っていたのですが、やはり筋膜のみならず皮下脂肪やむくみも気になってきたので、機能の異なる美顔器をもう一つ欲しいなと。(newaリフトで、なにもしないよりずいぶん顔は引き締め・引き上げができるのですが、それ以前に顔がプクプクしているとプクプクしたまま引き上がる感じです。個人的感想ですが)

緩んできたフェイスラインや頬の引き締め・引き上げよりも、皮下脂肪を減らしたい、むくみを軽減して引き締まった小顔を目指したいとなると、家庭用の美顔器に搭載されている機能で第一選択肢となるのはやはりEMS。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

SAE

登録販売者・オカルト美容家。自身の身体を実験台に、エイジングケア・アトピー肌の改善・アトピー寛解後の後遺症である色素沈着、ムーンフェイス改善に注力。所持資格:登録販売者・植物療法士・アロマコーディネーター・クレイテラピスト。