HOME >  殿堂入り > 【イケメン漫画家】あの作者はイケメ...
【イケメン漫画家】あの作者はイケメンだった「暗殺教室」「進撃の巨人」そして… 2015.03.12

こんにちは。編集部のまえかわです。

みなさん、マンガは好きですか?
王道バトルもの、きゅんきゅんしちゃう少女マンガ、
現実にはないスリルを味わえるファンタジー…

そんなマンガを描く漫画家の素顔、知りたくありませんか?
実はイケメンな漫画家がいるんです!

今回はイケメン漫画家をご紹介します。

出典 cyuncore.

まもなく映画公開!「暗殺教室」の作者、松井 優征さんはイケメンだった

松井 優征(まつい ゆうせい)さん
「魔人探偵脳噛ネウロ」で漫画家デビュー。
次の作品「暗殺教室」も大ヒットし3月21日に映画が公開されます。


何やらコワそうな作品を描くマンガ家さんって一体…
やばい人なんじゃないの?なんて思ってしまいます。 


その作者がこちらの左側の方です。

出典 Twitter

あらやださわやか。

すみませんでした。

感じのいい男性でした。


上の画像は36歳ということで、この絶妙な年齢がまたいい味を出してます。

でもね、20代の頃の彼がこれまたかっこいいんです!

出典 Twitter

2009年に単行本の作者近影で披露されたこちらの写真。

ちょっと一瞬何が起こったのか理解できませんよね。
「え、ジャンプってこんなイケメン持ってるの?」
「イケメンで漫画家ってスペック高すぎる…」

ジャンプ読者の中で一時期話題になるほどのイケメンっぷり。

ここでそんなイケメンの作品、「暗殺教室」をご紹介します。

このシンプルでポップな表紙にコワイ文字。一体どんなマンガなの?

出典 Amazon

設定がなんとも斬新。
「月が爆破され、謎のタコ型超生物が地球に舞い降りた。そしてある男が落ちこぼれの生徒のたまり場、『E組』にこの生物を殺してくれと依頼する。しかし、殺すまでこの生物は先生としてこのクラスの授業を担当する…」
落ちこぼれの生徒たちが先生を殺そうと奮闘して成長していくという、
今までにない風変わりな設定。

映画公開の3月21日までにかけ込み購読したい作品です。



お次は、ダークファンタジー頭脳派マンガ「進撃の巨人」でデビューした
諫山 創(いさやま はじめ)さん。

この作品はなんともショッキングな描写で、
マガジンにダークファンタジーの風を吹き込みました。

ざっくり説明すると
「突如として現れた巨人の出現」
「巨人に家族が補食される現実に抗う物語」
なんておぞましいストーリーなのでしょう…


身の毛もよだつ描写がお得意なこの作者、一体どんな方なのでしょう?


近所の礼儀正しい青年って感じです。


近所のおばちゃん方にかわいがられてそう。
重い荷物を持ったおばあちゃんを見かけたら手伝ってそう。

本当にこの清々しい顔で残酷な物語を書いているの?

そんな彼のデビュー作にして大ヒット、「進撃の巨人」をご紹介。

出典 Amazon

「巨人がすべてを支配する世界。巨人に補食されるようになった人間は、
身を守るため高さ50メートルの壁を築き暮らしていた。主人公エレンは、
まだ見ぬ壁外の世界を調査する調査兵団に憧れていた。
ある日、壁をも超える超大型巨人が街に現れて――」

残酷な描写と人間の生々しい心理が織りなす本作品。
劇場版「『進撃の巨人』後編~自由の翼~」は2015年6月27日に公開。
こちらの作品も見逃せません!




最後に紹介するのは、
2次元のような容姿の美形農民、それなのに中身が残念なことに定評のある
エロ漫画家ピクピクン先生
です!

まず彼の職業を紹介しましょう。


・エロ漫画家(単行本4冊)
・地元消防団員(準公務員)
・ボーカル(ソニー・ミュージックアーティスツ所属)
・米農家(コシヒカリ年間10t)
・ヌード写真集出版(IOSYS)


まずどこから突っ込んだらいいのでしょうか。



世間に許されるか許されないかの瀬戸際
グレーゾーンな肩書きです。


謎が多い彼、ひとまず写真を見てみましょう。

この格好で夜の街に繰り出すと「同業の方はお断りしています」と言われるそう。

ここで言いたい。

「同業者なワケあるか」

人気同人作家でもある彼、お気に入りは
「うたの☆プリンスさまっ♪」の「四ノ宮 那月(しのみや なつき)」というキャラクター。
なんと彼、免許証の写真をコスプレで撮りました。
そしてそのおかげでこんな珍事件が起こりました。

キャラになりきっている彼。
もう誰も彼を止められない。

ネタじゃなくてホンモノのオタクということをおわかりいただけたと思います。

ここからはマジメな彼の一面をお見せします。

農作業中の彼。
農村にこんなイケメンの青年がいたら、さぞかしモテることでしょう。

エロ漫画家ですが。

一人前の米農家な彼。コシヒカリを年間10t生産しています。
そして「コシピクリ」という名前でオークションに売り出すこともあります。
サイン入り同人誌&単行本やオリジナルCDなどのおまけもついてきます。

でもね、根は真面目だってことを私は知っています。
いたずらに売り出しているわけじゃないんです。

自分のファンの想いに応えたい、
自分の作ったおいしいお米を食べてもらいたい…

その一心で「コシピクリ」を売っているのです。

なんて誠実な青年なんでしょう… エロ漫画家だけど。


さて気になる彼の作品ですが、残念ながら
刺激が強すぎてここでは紹介できません。

どうしても気になる方は自己責任でどうぞ。
ピクピクン公式HP


ちなみに彼はライブイベントを定期的に開催しています。

過激なキャラに反してしゃべると意外ともにょもにょしていたり、
ビブラートの効いたパワータイプの美声を披露したり、
やたらスレスレのいたずらを仕掛けたりして、
そして終演後にはハグタイムがあります。

最高です。

本当にだれとでもハグをします。
人類皆平等。ハグに境界線はないのです。

間近で見てもホンモノのイケメンでした。


…そろそろ参加したことあるのかよという声が聞こえてきそうです。


ええ、参加しました。


その経験から言って、間違いなくホンモノのイケメンです。


以上、実体験も含めたイケメン漫画家の紹介でした。




【こちらもおすすめ】
いつもお店選びにときめきを。イケメンな店員さんを探して会いに行けるアプリ『IKEMEN』


◆iPhone版『IKEMEN』→ダウンロードはこちらから(iPhone版)


◆Android版『IKEMEN』→ダウンロードはこちらから(Android版)



このまとめのキュレーター