【辛口オネエ】2月後半の運勢◆蟹座・蠍座・魚座

【辛口オネエ】2月後半の運勢◆蟹座・蠍座・魚座

<2月後半の月運 by辛口オネエ>

こちらは蟹座・蠍座・魚座ね。

【蟹座】
14日、17日、23日以降と段階的にだんだん、好むと好まざるとに関わらず、誰かに距離を縮めてこられるかもしれないわね。物理的な距離より、精神的な距離かしら。「それ、私が聞いちゃっていいの?」って打ち明け話をされるとか。

イヤじゃないけどちょっとばかり「重いな~」って思うこともあるかもしれない。
で、そんなときは無理して胃が痛くなるの我慢しなくても、「好き嫌い」で判断していいと思うのよ。

☆恋愛運☆
薄々、その気持ちには感づいてたって相手が迫ってくるかも。ただ、肉体的にじゃなくて精神的にかもだけど。同情を引こうとか、妙にこっちの人生に関わってこようとかね。

でも、そういうのも楽しめそうだし、本命の相手が近づいてくる可能性ももちろんアリだし。29日前後は誰かの気持ちがフワッと不思議な形で伝わってくるかもしれないわ。

【蠍座】
自分の生活基盤を固める時期。17日以降、生活環境にしろ、経済的な状況にしろ、人間関係にしろ全部。

自分が今いる世界よりずっと遠くや外に憧れを持ってるなら、身近なことはどうでも良く思えるかも。でも、近い世界をおろそかにして遠くへ行こうとすると「まず、やることがある」って外からも自分の内側からも無視できない大事なメッセージが届いちゃうかもしれないわ。

☆恋愛運☆
身近に運命の人が潜んでるなら、その人が誰か判明するタイミング。いないなら、お伽話で「美人と評判のあの国の王女が結婚相手を募集中だそうだ」って噂が知れ渡って、遠い国から王子様が求婚にくるように、自分から動かなくても「今いる場所」で最善を尽くしていれば、相手からきてくれるわ。

23日と29日前後は、そういう相手の顔が見れるような、夢のお告げみたいなものがあるかもね。

【魚座】
お誕生シーズンを迎えて、本来なら自分が主役で自分最優先でもいい時期ではあるんだけど、今期は「だからこそ」魚座らしさ・・・自己犠牲の精神を発揮して「なくてはならない縁の下の力持ち」の役目を果たすかも。

強制されるわけじゃなく、望んでやってるんだけど、だからこそ人はそんなお魚ちゃんに感動するし、主役よりかっこよくて。23日頃から評判が高まって月末には「助演女優賞」がもらえちゃうかもしれないわ。

☆恋愛運☆
人魚姫の物語って悲恋話だけど、最近はハッピーエンドバージョンもあるらしいわね。

今期のお魚ちゃんの恋はそういう感じで、自分の身を顧みずに王子様を助けたら、途中はいろいろあっても最終的に「貴女だったのですね!」って、大事な人に振り向いてもらえる可能性大。23日、29日の前後は特に世の中にはいい意味での因果応報があるって実感できそうよ。

関連記事

【辛口オネエ】4月後半の運勢◆双子座・天秤座・水瓶座...

【辛口オネエ】4月後半の運勢◆蟹座・蠍座・魚座...

【辛口オネエ】5月後半の運勢◆牡牛座・乙女座・山羊座...

【辛口オネエ】2月後半の運勢◆牡牛座・乙女座・山羊座...

2月後半の占い【辛口オネエ】義務や責任を強調するより自由意志の尊重がチ...

ABOUTこの記事をかいた人

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。