7月前半の占い【辛口オネエ】家族、仲間、国家……。人の絆と愛の再確認月間

7月前半の世の中の運勢 ☆こちら

7月前半の12星座の運勢:牡羊座・獅子座・射手座|牡牛座・乙女座・山羊座|双子座・天秤座・水瓶座蟹座・蠍座・魚座

【告知】辛口オネエの2016年下半期の占い、ダイジェスト版が公開となりました。

※2016年の世の中の運気ダイジェスト版はこちら

※2016年下半期の牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座ダイジェスト版はこちら

※2016年下半期の天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座ダイジェスト版はこちら

<<7月前半の世の中の運気は?>>

★転換デー

4日:「帰属意識」の強まり、人の絆や愛を再確認するタイミング。

7日~8日:感情や思考の振り幅の大きい時期。黒から白も、その逆も。それまでと「一転」することが多い。

12日:「内向き」から「外向き」へ。代わり映えない環境に新しい風が吹き込む。

■1日~11日

7月は11日までは太陽・水星・金星が蟹座に揃ってて、先月末に順行に戻った蠍座の火星と魚座にいる海王星と、「水の星座」の影響力がとっても強くて、理屈より情が、正論より人情論が通りやすい時期。

蟹座に主要な3天体があるし、4日の蟹座新月をピークに家族や親友、勝手知ったる仲間内の「半径数メートルの世界」から、大きな組織や国家にいたるまで何かしらの共通点を持つ人達が「帰属意識」を強めて、世の中全体で何かこう、「絆を深めていきましょう」って雰囲気が漂うかも。

正論より人情論が通る。善悪より好き嫌いで物事を判断する。広い世界に目を向けて新しいことを取り入れるより、半径数メートルの人間関係やすでに構築されているコミュニティや仕組みを活用する。

今いる場所で、今いる仲間で、慣れ親しんだ方法でやっていこうってなる。仲間や身近なものを再評価する動き。倦怠期の夫婦が「でも、やっぱりお互いが一番」って、2人で築いてきた家庭の居心地の良さ、愛情を確認するような。

この時期、木星や海王星がうまい具合に蟹座軍団と絡んでるから、「身内だけ」で固まって「敵か味方か!」みたいな極端なことにはならない……といいなぁと、希望を込めて。

今まで遠い存在だったり相容れなかった相手に対して、敵とみなして攻撃や排除をするんじゃなくて、「ファミリーになろうよ」って、握手するための手を差し伸べられるんじゃないかしら。

意図してなくても、例えば今まで「どうせあの人には私の気持ちは分かってもらえない」って思ってた相手が実は同じ辛い過去を乗り越えてきたって知って一気に親近感が湧いてくるようなこととかもね。

関連記事

【辛口オネエ】11月前半の運勢◆牡羊座・獅子座・射手座...

【辛口オネエ】7月後半の運勢◆双子座・天秤座・水瓶座...

10月後半の占い【辛口オネエ】歪んでる?それなら「バキッバキッ!」天王...

【辛口オネエ】11月後半の運勢◆双子座・天秤座・水瓶座...

【辛口オネエ】12月後半の運勢◆双子座・天秤座・水瓶座...

ABOUTこの記事をかいた人

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。