紅茶の効能が凄い!?紅茶の効能と副作用を一覧でご紹介!

紅茶の効能が凄い!?紅茶の効能と副作用を一覧でご紹介!

紅茶の効能が凄いです!食後の一時や、リラックスタイムに飲みたくなる紅茶には、たくさんの効能があるのをご存知ですか?紅茶はただの飲み物ではなく、アロマテラピー効果やダイエットに効能があると言われています。紅茶には一体、どんな成分が含まれているのでしょうか?紅茶に含まれる栄養素やその効能を、一覧形式でまとめてみました。

紅茶の効能一覧

紅茶に限ったことではありませんが、茶葉を使った飲み物には多くの成分が含まれています。紅茶を飲むことで得られる効能を一覧にしました。

紅茶の利尿作用は高血圧予防にも効果的

紅茶にはカフェインが比較的多く含まれています。カフェインには利尿作用があるため、紅茶を飲むとトイレが近くなる傾向があります。利尿が促されるとナトリウム(塩分)も排出されるため、紅茶を飲むことで高血圧の抑制効果が期待できます。また、ナトリウムはむくみの原因でもあるので、紅茶はむくみ解消にもおすすめの飲み物です。

紅茶は冷え性にも効く

紅茶の効能一覧

緑茶やコーヒーに比べ、紅茶には体を温める効能があると言われています。製造過程で茶葉を発行させるのが紅茶の特徴ですが、この発酵には冷えを改善し、体温を保つ効能があるのです。冷え性の方が暖かい飲み物を選ぶ際は、緑茶やコーヒーではなく、体が温まる効能を持つ紅茶を選ぶことをおすすめします。

紅茶はダイエットにも効果的

紅茶の主要成分の一つであるポリフェノールには、血糖値の急激な上昇を抑える効果があり、ダイエット中の水分補給におすすめです。ポリフェノール以外にも、紅茶にはダイエットに効果的な成分が多く含まれています。例えばカテキンは、糖分を分解する酵素を持っています。カフェインは脂肪を分解したり、燃焼を促進したりする効果が期待できます。ダイエット中により多くカロリーを消費したい人には、運動と合わせて紅茶を飲むことをおすすめします。ただし、砂糖たっぷりの紅茶を飲んでしまってはダイエットに逆効果です。ダイエット中の水分補給は、無糖紅茶を選ぶようにしましょう。

紅茶は活性酸素を除去してくれる

紅茶に含まれるポリフェノールには、活性酸素を抑える効果があります。活性酸素は血管を劣化させ動脈硬化を引き起こしたり、その他の生活習慣病を引き起こしたりする厄介者です。また活性酸素は、シミやしわなどお肌のトラブルを引き起こす原因でもあります。活性酸素を抑制する効能がある紅茶は、健康と美容の両方を助けてくれる存在です。

紅茶は疲労回復にも効果的!

紅茶の効能一覧-2

紅茶の香りには、アロマテラピーのようなリラックス効果があります。紅茶に含まれるテアニンには、リラックス脳波であるα波を出現させる効能があるそうです。そのためテアニンを摂取することで筋肉の緊張もほぐれ、血行が促進され疲労の蓄積も改善されるのだそうです。

紅茶に殺菌作用があるって本当?

これは飲んだ場合の効能ではありませんが、紅茶には殺菌作用があると言われています。紅茶に含まれるテラフラビンやカテキンには、殺菌作用があるそうです。そのため風邪対策として紅茶でうがいをする人もいるのだとか。また、民間療法に紅茶の殺菌作用を使う例もあります。それによると、紅茶に足を付けると水虫に効果があるとのことです。

【種類別】紅茶の効能を一覧でご紹介

紅茶に多くの効能があることは上述した通りです。では、紅茶の種類によって効能に違いはあるのでしょうか?紅茶の種類別の効能を、一覧にしてご紹介します。

紅茶の効能:アールグレイの場合

【種類別】紅茶の効能を一覧でご紹介

フレーバー紅茶の代表とも言えるアールグレイには、特有の効能はあるのでしょうか?人気紅茶、アールグレイの効能を調べてみました。アールグレイに含まれている香り高いベルガモットには、のどの痛みの緩和や口内炎治癒の効能があるそうです。また、アールグレイの効能として、心臓病の予防効果も挙げられます。ベルガモットには悪玉コレステロールを抑える働きがあり、心筋梗塞などの予防が期待されています。「たかが紅茶!」と言って、侮ることはできません。

紅茶の効能:ダージリンの場合

紅茶の王道とも言える種類が、このダージリンです。誰もが一度は飲んだことがあるダージリンですが、特別な効能はあるのでしょうか?高級な紅茶として知られるダージリンには、ビタミンB1やB2が多く含まれています。その効能は、疲労回復効果や成長促進効果であると言われており、健康な体を作るのに欠かせない効能と言えます。その他にも、ダージリンには他の紅茶同様にテアフラビンが含まれており、ウイルスに対抗する効能があります。また、ダージリンにもカフェインが含まれているため、他の紅茶同様に集中力アップが期待できます。

紅茶の効能:しょうが紅茶の場合

【種類別】紅茶の効能を一覧でご紹介-2

血行を促進し、冷えを改善する効能をもともと持っている紅茶ですが、しょうが紅茶にするとその効能は倍増するのでしょうか?しょうが紅茶には、やはり冷え症対策の効果があるようです。しょうがには血行促進効果や消炎作用の効果効能があり、紅茶の持つ保温効果と相まって冷え性改善効果は抜群のようです。また、しょうが紅茶の効能にはダイエット効果もあると言われています。体を冷やすことは肥満の一因とされていて、冷え性対策に効果があるしょうが紅茶は、肥満予防効果が期待されているのです。

紅茶の効能に副作用はあるの?

こんなに体に良い効能がいっぱいの紅茶ですが、副作用はあるのでしょうか?紅茶に含まれている成分や摂取の仕方から、紅茶の効能の副作用をチェックしてみましょう。

紅茶の効能の副作用:カフェイン

紅茶の効能に副作用はあるの?

適量ならば気分を高揚させたり、集中力を高めたりする効能のカフェインですが、取りすぎと副作用をもたらすことが分かりました。カフェインは紅茶にも多く含まれている成分ですので、紅茶を飲み過ぎることで副作用が出る可能性があります。紅茶の効能を活かすには飲み過ぎを避けるか、カフェインを抑えた紅茶を選ぶのがおすすめです。

紅茶の効能の副作用:タンニン

紅茶の主要成分でもあるタンニンには、鉄分の吸収を妨げる性質があります。鉄イオンと結合する性質のあるタンニンは、取り過ぎることで貧血を引き起こす可能性があります。緑茶やコーヒーにも含まれるタンニンですが、紅茶の含有量が圧倒的に多いです。そのため、紅茶の効能の副作用として、タンニンによる貧血症状が挙げられます。

最後に

紅茶の効能についてご紹介しました。私たちの生活にすっかり溶け込んでいる紅茶ですが、その効能の凄さには驚きました。水分補給やリラックス効果はもちろんですが、疲労回復や冷え性改善の効能まであるのですから、働き過ぎの日本人には打って付けの飲み物です。その反面、紅茶は飲み過ぎると副作用もありますので、適度に楽しむことが肝要です。適度な量の紅茶を楽しみ、毎日健康に過ごせるといいですね。

関連記事

飲むヨーグルトに効果はある?!美肌や便秘解消に飲むヨーグルトはいつ飲む...

踏み台昇降の消費カロリーは?消費カロリーの計算方法やダイエットの成功報...

2週間ダイエットがすごい?!見た目が変わる?2週間で10キロ痩せる方法...

水を飲むメリットと一日の水分摂取量【管理栄養士監修】...

天使の輪は美髪の証拠?!髪の毛に天使の輪を作る方法...