ポイントは色と方角!手軽に運気を上げる方法

スポンサードリンク

うまくいかないことって重なりますよね。
そんなときパワースポットへ出かける方もおられると思います。

しかしせっかくパワーをもらって来たのに帰宅と同時にもとに戻ったような感覚を経験したことはありませんか?
今回は長く過ごす空間である住まいの運気をアップする「方角と色」についてまとめます。

  •  方角と色には相性がある

    風水では方角と色は大事とされており相性の良い方位と色を細かく分けています。
    1つずつ見てみましょう。

    北の方位


    暖色系を好む方位、例えばオレンジ・イエロー・ピンク・レッドなどです。
    この方位に寝室がある場合、ピンク色のイメージにするとパートナーとの愛が深まります。
    ピンクとブラックを好んで合わせる方がおられますが、相性があまり良くないのでひかえたほうが良いです。
    ちなみにオレンジは子宝の色。
    パートナーとの子どもを望む場合、枕カバーやシーツなどのアイテムをオレンジにするのもいいですね♪

     東北の方位

    ラッキーカラーはホワイト・イエロー・アイボリーです。
    ホワイトは始まりの色であり悪いものをクリアにする効果があります。
    ただ、浄化の色なのでプラスにもマイナスにも働きません。
    つまり他のと合わせることでその色の助けをすると考えましょう。
    例えばこの方角にラッキーとされる金運のイエローと組み合わせてみます。
    東北は蓄財の方角、思いがけず何かを得るかもしれませんよ。

    東の方位


    太陽が昇る方角、はっきりとした色がラッキーカラーです。
    例えば何かに挑戦したい場合は勝負色のレッド、一掃し新たに始めたい場合は浄化色であるブルーが良いです。
    ただ、大きなものにはっきりとした色を使うと落ち着きのない空間になります。
    置物やクッションなど挿し色として活用すると良いです。

    東南の方位


    この方角は人間関係に深く関わりがあり、風通りを良くすることがポイントです。
    ラッキーカラーはグリーン・ベージュ等の落ち着いた色や花柄ですが、くすんだ色は避けます。
    グリーンはくつろぐにはとてもいいけれど、この方角を仕事や勉強部屋にしている場合、多用するとリラックスしすぎて勉強がはかどらなくなります。
    ベージュのインテリアにすると良いです。

    南の方位

    こちらも森林をイメージしたようなグリーン・ベージュ・ホワイト等がラッキーカラーです。
    合わせて明るめの木目家具が相性バッチリですよ。
    ちなみに南国風のインテリアも相性が良いのでお好みであるならばぜひこの方角に置いてください。

    南西の方位

    パープルがラッキーカラーです。
    この色は高貴な色として古くからから多くの方に好まれていました。
    この色はさりげなさが大事、多用すると下品な印象を与えてしまうので、ちょっとしたアイテムを置くようにしましょう。
    また、新しいことに挑戦する場合や自分とじっくりと向き合う時間が欲しいときはオレンジやブラウンのアイテムを置くのもおススメします。

    西の方位

    ズバリ、イエローがラッキーカラー、金運の方角なのでイエローのアイテムを置きましょう。
    思い切ってイエローのカーテンにしても良いかもしれません(薄めの色ならばくどくないです)。
    ちなみに西はブラックとの相性が悪いのでブラックの機械類を少しずらしたりパソコン等は黄色のカバーをかけたりすると良いです。

    北西の方位

    仕事運を向上させる方角です。ゴールド・ベージュ・オレンジ等やドット柄もおススメです。
    また、家具にお金をかけるならばこの方角に置きましょう。

  • おススメしないテイスト

    オフィスやショップなどはメタリックやモノトーンの無機質な空間でOKですが、家は落ち着くべき場所です。
    機械的な空間にすると疲れを残したまま仕事に行くことになるので無機質なテイストが好きでも自宅に多用するのはおススメしません。

    Pocket
    LINEで送る