蒸しタオルを電子レンジで作る方法!注意点とコツ、蒸しタオルは美容に最適?

蒸しタオルを電子レンジで作る方法!注意点とコツ、蒸しタオルは美容に最適?

目次開く

エステや美容院で出てくる蒸しタオル、実はレンジで簡単に作れるって知ってましたか?蒸しタオルは温かくて、使うとホッと身体も心もリラックスしますよね。しかし、家でどうやって蒸しタオルを作ればいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は誰でも簡単に電子レンジで蒸しタオルを作る方法と蒸しタオルのおすすめな使い方をご紹介していきます。ぜひ、これを機に温かい蒸しタオルを使って癒されてはいかがでしょうか。

蒸しタオルを電子レンジで作る方法

蒸しタオルを電子レンジで作る方法は難しくはありません。

蒸しタオルを電子レンジで作る方法

まず、蒸しタオルに使うタオルを水でしっかり濡らしておきましょう。次に濡れたタオルをしぼっていきます。目安としては水滴が出なくなる程度までしぼってみてましょう。しぼった蒸しタオルは電子レンジの耐熱皿に乗せて、500Wで1分程度加熱して温度を確認してみてください。熱すぎて持てない場合はタオルを少し開いて冷ましてから使い、冷たいと感じる場合は10秒ずつ加熱時間を増やしながら様子を見てくださいね。また、蒸しタオルを作る際は火傷をしないように注意してください。

電子レンジで作った蒸しタオルを使うときの注意点

電子レンジで蒸しタオルを作ったのはいいけれど、すぐに使おうとしてはいませんか?電子レンジで作った蒸しタオルは加熱した後は、すぐに肌に乗せるのはやめておきましょう。慣れると熱くても顔に乗せてしまいがちですが、肌を痛めてしまう原因にもなってしまいます。使う前は蒸しタオルを少し冷ましてから使用するのがベスト。ただし、冷まし過ぎてしまうと蒸しタオルがすぐに冷たくなってしまうので、気を付けてくださいね。

また、電子レンジで蒸しタオルを作る場合、タオルの水気はなるべくしっかりしぼっておきましょう。なぜなら、タオルから水がしたたり落ちるような濡れ具合だと、電子レンジで加熱をしたら熱湯が手について火傷をする可能性もあるからです。お子さんが蒸しタオルを使う際は、必ず親御さんが作るようにしてくださいね。

ジップロックを使って電子レンジで蒸しタオルを作る際の注意点

蒸しタオルを電子レンジで作る際、爆発してしまう可能性があることをご存知でしょうか。
蒸しタオルを作るとき、電子レンジの中の衛生面が気になってジップロックなどの保存袋に入れたまま作る人もいます。しかし、その保存袋に入れることが原因で、爆発をしてしまうことがあります。なぜなら、タオルをジップロックに入れた際に袋の口を閉じてしまうと、濡れタオルから生じる温かい蒸気が溜まって爆発してしまうことがあるからです。また、使用している保存袋の素材によっては電子レンジ不可なものもあるため、火事に繋がる可能性もあるので注意を払う必要があります。

ジップロックを使って電子レンジで蒸しタオルを作る際の注意点

そしてジップロックなどの袋を使う場合に注意をしなければいけないのは、ジップロックの袋を開ける際に袋の中の熱い水蒸気で火傷をする恐れがあることです。普通に蒸しタオルを電子レンジで加熱する場合でも、火傷をしてしまう可能性があるので、袋を使って加熱をする場合は、蒸しタオルを菜箸やトングなどで取るようにしましょう。

蒸しタオルがすぐ冷めるときはどうしたらいい?温かさを保つコツって?

蒸しタオルは最初は熱々ですが、段々と時間が経過するにつれて冷めてきてしまいます。寒い日ならなおさら、蒸しタオルの温度は下がってしまうことでしょう。そこで続いては、そんな蒸しタオルがすぐ冷めにくくする温かさを保つコツをご紹介していきます。

蒸しタオルをラップで包む

電子レンジで加熱した蒸しタオルは自分が使いやすいようにたたみ、上からラップで包むことで温かさを長く保つことができるようになります。ただし、タオルの柔らかい感触やスチームは失われてしまうのが難点。ただ、ラップで包んで蒸しタオルを使う場合はお化粧をしていても利用することができるので、便利ですよ。
また、加熱する際にラップで包んで蒸しタオルを作るのもOK。その際は使いやすいサイズに最初から折りたたんでラップで包んでおくと良いですよ。

蒸しタオルを薄手のタオルで包む

蒸しタオルは電子レンジで加熱したばかりだと、火傷をするくらい熱くなっていることが多いです。そんな熱々の蒸しタオルをラップではなく、薄手のタオルで包むというのも一つの方法です。
薄手のタオルで包む場合、タオルの感触は残りますし、蒸しタオルの温度もそのままのものよりも長く続きますよ。

厚手のタオルで蒸しタオルを作る

蒸しタオルがすぐ冷めるときはどうしたらいい?温かさを保つコツって?

薄手のタオルは水に濡らした際にしぼりやすいメリットがあります。そのため、厚手のタオルよりも薄手のタオルを選ぶ人も多いのではないでしょうか。
しかし、厚手のタオルの方がボリュームがあるのですぐに冷めることは少なく、薄手のタオルよりも温度は長持ちします。蒸しタオルを作るのであれば、なるべく厚手のタオルを使うことをおすすめします。

蒸しタオルを電子レンジ以外で作るならお湯で蒸しタオルを作ろう

蒸しタオルを使いたいと思っている方の中には、電子レンジを使わずに蒸しタオルを作りたいなと考えている方もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのは、お湯で蒸しタオルを作ることです。
洗面器などにお湯を入れ、タオルを浸しましょう。この際、タオルの端をお湯で濡らしてしまうと、熱すぎてタオルをしぼれないこともあります。そのため、タオルの左右の端をつかめるように洗面器から出しておきましょう。
タオルをしっかりとお湯で浸したら、タオルの端を持ち、水滴が落ちない程度にタオルをしぼって完成。電子レンジよりも簡単に作れるので、電子レンジを使うよりも蒸しタオルを短時間で用意することができます。
ただし、お湯で作る場合は電子レンジで加熱する場合よりも温度が低いので早めに冷えてしまうことがあります。できれば、お湯で蒸しタオルを作る際は電気ケトルなどで熱湯を沸かして使うと良いでしょう。くれぐれも火傷には気を付けてくださいね。

蒸しタオルは美容にも効果的?クレンジングと一緒に行ってみて

皆さんは蒸しタオルをどんな方法で利用していますか?蒸しタオルは美容に効果的と言われていて、蒸しタオルの温め効果によって肌の奥の汚れが浮くので、毛穴の汚れが取れます。クレンジングと一緒に蒸しタオルを利用すると汚れが取れやすくなるので、その方法をご紹介しますね。

蒸しタオルは美容にも効果的?クレンジングと一緒に行ってみて

ホットタオルクレンジングのやり方

1. 蒸しタオルを電子レンジまたはお湯で作っておく。
2. クレンジングオイルでお化粧をとっていく(クレンジングした後は顔を洗わない)。
3. 作った蒸しタオルを目から下にあて、頬全体を両手で包み込んでしばらく温める。
4. タオルをひっくり返し、目元にあてて両手で包み込んで温める。
5. 顔を洗ってクレンジングオイルをよく洗い流す。

メイク落としと洗顔の間に蒸しタオルを使うことで、汚れがさらに取れやすくなってきます。家で蒸しタオルを作れば、おうちでちょっとしたエステ気分を味わえるのでぜひやってみてくださいね。

電子レンジで蒸しタオルを作れば朝のスタイリングも楽になる

朝起きたら髪の毛に寝ぐせがくっきりついてしまった…なんて経験はありませんか?寝ぐせが凄いと髪の毛を整えるのが大変になりますし、朝からシャワーを浴びるのも大変…。そんな時に、蒸しタオルで寝ぐせを落ち着かせることができます。そこで続いては、蒸しタオルを使った寝ぐせの直し方をご紹介していきます。

蒸しタオルを使った寝ぐせの直し方

1. 電子レンジで蒸しタオルを作る
2. 頭頂部に蒸しタオルを乗せ、タオルが冷えてくるまで5分程度放置。
3. 再び電子レンジで蒸しタオルを作り、後頭部に蒸しタオルを乗せて2と同じようにタオルが冷えてくるまで5分程度放置。
4. スタイリング剤などを用いてヘアセットすれば完成。

蒸しタオルを使うことで、スタイリングがしやすくなるのでショートヘアやミディアムヘアなど寝ぐせのつきやすい髪の長さの人はぜひ試してみてくださいね。

電子レンジで作った蒸しタオルは目の疲れや肩こりをとるのにも最適

電子レンジは簡単に蒸しタオルを作ることができるので、ぜひとも皆さんには目の疲れをとるのにも利用していただきたいです。電子レンジで蒸しタオルを作ったら、端からくるくると丸めておしぼりの形にタオルをして、目元に乗せてみてください。
目を温めることによって、副交感神経を温めることに繋がります。そのため、目の疲れが取れるだけではなく、身体全体がじんわりと温まってくるのを感じられますよ。
また、肩こりで悩んでいる方も多いでしょう。そんな方には首や肩を蒸しタオルで温めてみてください。じんわりとした温かさによって、強張った身体が癒されてきますよ。

電子レンジで蒸しタオルを作るとき、アロマオイルは使っても大丈夫?

蒸しタオルを使う際に、アロマオイルを利用しようと考えている方もいるのではないでしょうか。アロマオイルは匂いによって色んな効果をもたらすと言われているので、蒸しタオルにもぜひ取り入れてみたいところです。しかし、電子レンジで加熱するのにアロマオイルを使っても大丈夫なの?と考える方もいるのではないでしょうか。

電子レンジで蒸しタオルを作るとき、アロマオイルは使っても大丈夫?

電子レンジでアロマオイルを加熱する点は、問題はないと言われています。むしろ、アロマオイルの蒸気によって、電子レンジ内のにおいをとることができるのだとか。アロマオイルもぜひ蒸しタオルを使う際に取り入れてみてくださいね。

最後に

蒸しタオルをレンジで作る方法や、蒸しタオルの使い方についてご紹介してきました。蒸しタオルは目の疲れや肩こり、寝ぐせ直しにも活躍するだけではなく、お肌のクレンジングをする際にも便利ですよね。毛穴の詰まりが気になる方はもちろん、身体の不調で悩んでいる方もぜひ、蒸しタオルを作って日々の生活に取り入れてみませんか?電子レンジを使えば専用の機械がなくても簡単に蒸しタオルを作ることができるので、習慣化していきやすいですよ。

関連記事

食欲が止まらないのはなぜ!?食欲が止まらない時の原因と対処法...

豆苗を使ったレシピ<塩鍋・シチュー・ふわふわ炒め・きんぴら・ソテー>...

糖質制限にはこんにゃくがいい?糖質制限こんにゃくダイエットの方法とは...

方位が持つパワーとは?風水における南東・南方位・南西の意味...

チアシードの効能とは?副作用もある?効果的な食べ方レシピ...