【BRICS】どんどん進行するBRICSによる『ドル支配からの脱却』【久賀原鷹彦】2024年7月8日時点

【BRICS】どんどん進行するBRICSによる『ドル支配からの脱却』【久賀原鷹彦】2024年7月8日時点

BRICS関連記事バックナンバーはこちら:BRICS

※2024.7.8時点

どんどん進行するBRICSによる『ドル支配からの脱却』作戦

飛躍的に勢力の拡大を続けるBRICS。ここへきてまた大きな動きがあった。

BRICS、魚の輸出に現地通貨を受け入れ、米ドルを除外へ

2024.7.6記事より。BRICSは食料・農作物分野を支配し、貿易決済における米ドルの覇権を弱めようとしている。

ロシアは最近、各国が穀物輸出を現地通貨で決済できるようにする計画を提案した。 「穀物取引所」と名付けられたこの計画では、輸出入企業が農業生産者や企業から穀物を直接購入することができる。

この取引は、米ドルに代わって自国通貨で開始される可能性がある。 しかし、BRICSは今回、さらに一歩踏み込み、魚の輸出にも同じ仕組みを使うことを計画している。

BRICSのメンバーである中国は、104億ドル相当の水産物を輸出する世界第2位の魚輸出国である。 対するインドも魚介類の17%近くを世界中に輸出している。 インドの魚類輸出総額は年間46億ドルに近い。 ロシアは、米ドルの優位性を低下させるために、BRICSの相手の世界的な魚の輸出を収益化しようとしている。

翻訳元:BRICS To Accept Local Currencies for Fish Exports, Sideline US Dollar

BRICS: ロシアとイランが公式に米ドルを捨てる

2024.7.8記事:BRICS: ロシアとイランが公式に米ドルを捨てる

BRICSのメンバーであるロシアとイランは、相互間のすべての貿易・商取引において米ドルを公式に廃止する可能性がある。 ロシアとイランは新たな国家決済統合システムの最終調整を進めており、これにより両国は自国通貨で貿易決済を行い、公式に米ドルを廃止することができるようになる。 国家決済システムが統合されれば、両国は貿易取引の相互理解に基づき、ロシア・ルーブルとイラン・リアルを支払うことになる。

翻訳元:BRICS: Russia and Iran to Officially Ditch the US Dollar

BRICS同盟への加盟を検討する国が増えている

2024年にBRICS同盟に参加する準備ができている国のリストが急速に増えている。 BRICSが脱ドルのアジェンダを進めていることから、一握りの発展途上国がBRICSに魅力を感じている。 同同盟は、自国経済を強化するために自国通貨を貿易に使用するよう他国を説得している。

翻訳元:More Countries Are Looking To Join BRICS Alliance

BRICSは独立した金融システムを立ち上げる

2024.7.8 Xより:速報:BRICSは独立した金融システムを立ち上げる。

「我々はドル支配の空間から離れ、真に独立した金融システムのための仕組みとツールを開発しようとしている」。

モルグロフはまた、新たな単一通貨の導入はまだ先のことだとしながらも、現在ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ、エチオピア、イラン、エジプトを含むBRICSがこの方向に進んでいることを強調した。

Douglas Macgregor (@DougAMacgregor) on X

BRICSは独立した金融システムを立ち上げる – モスクワ

2024.7.7記事より:新たな単一通貨の導入も検討中と、ロシアの北京特使が発言

駐中国ロシア大使のイーゴリ・モルグロフ氏によると、BRICS経済圏の国々は現在、第三者の支配から独立した金融システムの立ち上げに取り組んでいるという。

モルグロフ駐中国ロシア大使は土曜日、北京で開催された第12回世界平和フォーラム(WPF)において、ロシアとBRICS諸国との自国通貨による取引量は増加の一途をたどっていると述べた。 モルグロフ特使は、ロシアと中国の貿易額が2400億ドルに達し、決済の92%がルーブルと元で行われていることを強調した。

モルグロフ大使は、RIAノーボスチが引用したように、「われわれはドル支配の空間から脱却し、真に独立した金融システムのためのメカニズムとツールを開発しつつある」と述べた。

モルグロフ大使はまた、新たな単一通貨の導入はまだ先のことだとしながらも、最近拡大したブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ、エチオピア、イラン、エジプトで構成されるグループは「この方向に進んでいる」と強調した。

先月、ロシアのイワン・チェベスコフ財務副大臣はメディアに対し、ロシアはBRICS加盟国の中央銀行とともに決済インフラの構築に取り組んでいると語った。 同副大臣は、経済圏が各国通貨による決済のためのBRICSブリッジ・プラットフォームの立ち上げに取り組んでいることを明らかにした。

翻訳元:BRICS to launch independent financial system – Moscow

BRICS関連記事バックナンバーはこちら:BRICS

関連記事

【AGIの噂】OpenAIクーデターのイリヤが新会社を設立!『SSI(...

イーロンvs.サムアルトマン(2)OpenAI本気の公式『抗議ブログ』...

【信用スコア】カナダで市民の銀行口座を社会的信用スコアにリンク。日本も...

ダボス会議2024(2)農業も漁業もやめろ!?物議を醸す『エコサイド』...

チャールズ国王が自分の肖像画に衝撃?悪魔バフォメットが隠された真っ赤な...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。