【芦屋道顕】守護神とは(1)生まれたときの守護神は必ず入れ替わる!?【現代の呪】

【芦屋道顕】守護神とは(1)生まれたときの守護神は必ず入れ替わる!?【現代の呪】

【芦屋道顕】守護神とは(1)生まれたときの守護神は必ず入れ替わる!?【現代の呪】

前回の続きじゃ。

守護神は入れ替わると話したが、今回はより詳しく話そうぞ。

■生まれたときの守護神とは?

★多くは「家系の縁」の存在ですぐに入れ替わる

オギャーとこの世に生まれたときに見守っている守護神は、実はその赤ん坊そのものの魂よりも、その産みの母の魂と縁(えにし)を結んだ存在であることがほとんどじゃ。

が、これも本来はそれほど変わった存在でなく、その母と子が住む土地の神、詣でている神社の祭神であることが多い。

そして、子供が自我を持ち始める頃には、その子供自身と縁の深い存在と入れ替わる。

しかし、この段階ではやはり親の影響は強く、親が引っ越してその土地で神社参りをしていれば、その御祭神と眷属が守護者となることが多い。

★生涯変わらぬ守護者がいるのは特別な使命の持ち主

中には、いわゆる前世からの縁で、この魂の生涯を見守ると決めて、揺り籠から墓場まで共にいる存在もあるが、それはこの世全体に影響する使命を持った魂のみ。

多くの、ごく普通の人生を送る魂には、そのような存在はおらぬ。

これを、特別扱いでないのかとがっかりすることはない。この特別扱いは、言うてみれば生まれてから死ぬまで、片時も離れないシークレットサービスには見張られているようなもの。

頼りにはなるが、窮屈であろう?

あまり軽々しくわしのような者が口にすることではないが、一例を挙げれば国の威信に関わる方々であれば、日本の創世神話に出てくるような神々が生涯を見守っておられる。

他にも、時代に大きく関わってきた政治家や経済界の大物、偉業を成し遂げた方々、これから成し得る方々にも、やはり強力な守護神がおられる。

が、もしこれを読んでいるおぬしが、そのような「自身の幸せよりも国や世界の変化のために生きる」と誓って行動しているわけでないならば、そこまでの神々がついていることはなかろう。

万が一、そのようなことを言う霊能者がいれば、それはいわゆる「リップサービス」であるぞ!!

関連記事

【芦屋道顕】神仏に祈ったらかえって悪いことが起きた!の原因4選【現代の...

【芦屋道顕】開運チャンスに運気ダウン?やっちゃいけないお墓参りのNG3...

【霊的相談室】不幸な人生は前世の罰?どんな努力も無駄で一生不幸?【辛ス...

【芦屋道顕】生霊に憑かれているか簡単チェックとお祓い方法...

【芦屋道顕】いらないものを売るとき・中古品を買うときに他人の厄を請けな...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。