PFAS汚染(1)近年問題の『PFAS汚染』とは?そもそもPFASとは?【久賀原鷹彦】

PFAS汚染(1)近年問題の『PFAS汚染』とは?そもそもPFASとは?【久賀原鷹彦】

日本で問題になってきた『PFAS汚染』

沖縄県や神奈川県の米軍基地周辺、大阪府の工場周辺の河川から国の目標値を超えるPFASが検出されている。東京・多摩地区で行われた血液検査では、住民の血中濃度が国の調査よりも約3倍高いことが明らかになっている。

全国的に見ると、公共用水域では64か所、地下水では75か所で指針値を超過しているとの報告がある。

“PFAS汚染”全国マップ 指針値超え地点 すべて掲載 – クローズアップ現代

公共用水域では64か所、地下水では75か所でPFAS汚染が問題視されている

NHKの報道によると、全国的に見ると公共用水域では64か所、地下水では75か所で指針値を超過している。特に、以下の地域が問題視されている。

★千葉県:金山落で349.2ng/L、手賀沼で191.0ng/Lなど、複数の地点で高い濃度が検出。

★神奈川県:大和市の引地川で最大340ng/L、藤沢市で最大170ng/Lなど、引地川周辺で高濃度が確認されている。

★大阪府:枚方市の船橋川で150ng/L、天野川で140ng/Lなど、大阪府内の複数の河川で高濃度が検出。

★東京都:立川市で最大337.2ng/L、調布市で556.0ng/Lなど、多摩地区を含む複数の地点で高濃度が確認されている。

“PFAS汚染”全国マップ 指針値超え地点 すべて掲載 – クローズアップ現代

PFASとは?

PFASとは?

PFAS(パーフルオロアルキル物質)は、非常に耐久性があり、環境中で分解されにくい化学物質のグループ。

これらの化学物質は、防水衣類、家具、調理器具、電子機器、食品包装、消防用泡など、多くの消費者製品に使用されています。PFASは「フォーエバーケミカルズ」とも呼ばれ、その名の通り、環境中で何千年も分解されないため、人々や動物の血液中に広く見られ、食品や環境中の低レベルでも検出されています。

PFASは、人体や環境に対する潜在的な健康リスクがあるとされており、特にPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)とPFOA(ペルフルオロオクタン酸)は、大きな汚染事故が発生した後、ヨーロッパや国際法の下で使用が禁止または制限されました。しかし、これらの化学物質は環境中に残り続け、人々の健康や生態系に影響を与える可能性があります。

米国環境保護庁(EPA)はPFASの問題に取り組んでおり、PFASの検出、測定、除去方法の改善や、飲料水からのPFASの除去方法、PFASの管理と廃棄方法などについて研究を進めている。

参考:PFAS Explained | US EPA

What are PFAS, how toxic are they and how do you become exposed?

久賀原鷹彦の世界の動向 | cyuncore (キュンコレ)

関連記事

知ってた?スイカはパレスチナ連帯のシンボルだって。ところがイスラエルが...

パンデミック条約(1)ワクチン義務化に?2024年5月採択予定の『パン...

Gemini(3)GPT-4を超えた!?Googleの生成AIモデルG...

イーロンvs.サムアルトマン(1)イーロンからの訴訟にブチ切れ!本気の...

イーロンvs.サムアルトマン(2)OpenAI本気の公式『抗議ブログ』...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。