【半導体の噂】ザック来日はスピン?同日、日本に来ていたもう1人のハイテク界の『真の大物』とは?【久賀原鷹彦】

【半導体の噂】ザック来日はスピン?同日、日本に来ていたもう1人のハイテク界の『真の大物』とは?【久賀原鷹彦】

先日、ザッカーバーグが突然、謎の来日をしていたことを取り上げたけど、

イーロンを斬るための刀作りに?ザックは何しに日本へ?やっぱり岸田首相とも会っていた!けど何のため?【久賀原鷹彦】 | cyuncore (キュンコレ)

ザッカーバーグと同じ日、日本にはもう1人、ハイテク界の真の大物が来日していた。

半導体界の伝説のエンジニア『ジム・ケラー』来日!

メタのザッカーバーグCEOが岸田文雄首相と面会した2月27日。もう一人のハイテク界の大物が東京にいた。半導体業界の伝説的なエンジニア、ジム・ケラー氏だ。

AMD時代に圧倒的なコスパのCPU(中央演算処理装置)で黄金期のインテルに対抗し、倒産目前だった自社を救ったのは産業史に残る逸話だ。アップル、テスラでも独自半導体の開発を率い、「シリコンの魔法使い」とまで呼ばれる。現在はカナダのスタートアップ・テンストレントのCEOとしてAI用半導体を開発するケラー氏。エヌビディアが独占するAI半導体市場に、魔法使いはどう挑むのか?

「伝説のエンジニア」が明かすエヌビディアの死角

ジムは何しに東京へ?

Tenstorrentが日本のLSTCと提携し、2nmのAIアクセラレーター・チップを開発

チップ界のレジェンド、ジム・ケラー氏が率いるAIチップ企業テンストレントは、日本の最先端半導体技術センター(LSTC)との重要なパートナーシップを発表。

LSTCとカリフォルニア州サンタクララを拠点とするTenstorrentは、最先端の2ナノメーターAIアクセラレーターを構築する予定であり、これはAIの性能を飛躍的に向上させることを約束する新しいタイプのAIハードウェアソリューションである、と両社は述べている。

この提携は、テンストレントの世界トップクラスのRISC-Vとチップレットの知的財産を活用するものだと両社は述べている。この戦略的提携は、テンストレントとLSTCの多層パートナーシップを伴うもので、テンストレントのRISC-V中央演算処理装置(CPU)技術とチップレット技術(異なるチップを1つのパッケージに融合する技術)の専門知識が、LSTCのエッジAIアクセラレータに活用される。

IPライセンスに加え、テンストレントは共同イノベーションパートナーとして、日本のAI性能基準を再定義することを目的としたチップの共同設計を行う。

翻訳元:Tenstorrent partners with Japan’s LSTC to create 2nm AI accelerator chips

関連記事

知ってた?スイカはパレスチナ連帯のシンボルだって。ところがイスラエルが...

パンデミック条約(1)ワクチン義務化に?2024年5月採択予定の『パン...

Gemini(3)GPT-4を超えた!?Googleの生成AIモデルG...

イーロンvs.サムアルトマン(1)イーロンからの訴訟にブチ切れ!本気の...

イーロンvs.サムアルトマン(2)OpenAI本気の公式『抗議ブログ』...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。