中国の噂(1)中国のAI監視システム『天網』とは?【久賀原鷹彦】

中国の噂(1)中国のAI監視システム『天網』とは?【久賀原鷹彦】

日本が向かいつつある監視管理社会の先行者・中国の監視管理システムとは?

日本が向かいつつある監視管理社会の先行者・中国の監視管理システムとは?

中国のAI監視システムとは、中国政府がAIを用いて国民の行動や情報を収集・分析するシステムのこと。 このシステムは「天網」と呼ばれ、監視カメラやスマートフォン、顔認証や生体認証などの技術を利用している。

中国政府はこのシステムを犯罪防止や治安維持のために使用していると主張しているものの、人権団体や外国メディアは、中国政府がこのシステムを政治的な抑圧や検閲に利用していると批判している。

天網の歴史

天網は、第二次世界大戦後に始まった核兵器開発競争に対抗するために、中国が1950年代から研究を開始。当初は、核兵器の威力や種類を試験するために、中国の西部や南部の離島で核実験を行っていた。

天網は1970年代から1980年代にかけて、中国の経済改革や国際関係の変化に伴って、核兵器の開発や保有の方針を変更。核兵器の数や規模を抑制し、核戦争の回避や核軍縮に協力する姿勢を示した。

天網は、1990年代から2000年代にかけて、中国の科学技術の発展や国際情勢の変化に対応して、核兵器の近代化や多様化を進めた。核ミサイルや核潜水艦などの核兵器の配備や改良を行い、核抑止力の強化を図った。

天網は、2010年代から現在にかけて、中国の軍事力の拡大や国際競争の激化に対応して、核兵器の開発や保有の方針を再び変更。核兵器の数や規模を増やし、核戦争の勝利や核優位の確保を目指した。

天網は、現在、世界で最も多くの核兵器を保有する国の一つとなっており、約320発の核弾頭と約140発の核ミサイルを有していると推定されている。また、核兵器の輸出や技術移転を行っており、他国の核兵器開発に影響を与えている。

天網の問題点

(1)プライバシーの侵害

天網は、国民の個人情報やプライベートな行動を秘密裏に収集・分析していて、これはプライバシーの保護に反している。また、軽犯罪を犯した国民の氏名や顔写真などを公共の場でさらすこともある。

(2)人権の抑圧

天網は、政府に批判的な人々や少数民族などを監視・迫害するために利用されている。特に、新疆ウイグル自治区では、天網によってウイグル人が大規模な強制収容所に送られたり、人工妊娠中絶や強制避妊などの人権侵害が行われたりしている。

★ウイグル問題とは?

ウイグル問題
中国の新疆ウイグル自治区に住むウイグル族やその他の少数民族の人権や文化の抑圧に関する問題。中国政府は、ウイグル族を「再教育キャンプ」と呼ばれる施設に強制的に収容し、政治的な洗脳や拷問、強制労働などの人権侵害を行っていると国際社会から非難されている。また、ウイグル族の言語や宗教、文化などのアイデンティティを否定し、同化政策を推進しているとも指摘されている。

(3)技術の悪用

天網は、中国の軍事や外交にも利用されていて、他国の安全保障や主権に対する脅威となっている。天網は、香港の民主化運動や台湾の独立運動を監視・妨害するために使われたり、南シナ海やインドとの国境紛争で軍事的優位を得るために使われたりしている。

中国AI監視社会の危うさ – 日本経済新聞

中国の監視カメラネットワーク「天網」–逃亡者を「見逃す」ことも?

中国は公共空間に配備した監視カメラで「一般市民が隣人を監視するシステム」を構築している

wt1905b

関連記事

知ってた?スイカはパレスチナ連帯のシンボルだって。ところがイスラエルが...

パンデミック条約(1)ワクチン義務化に?2024年5月採択予定の『パン...

Gemini(3)GPT-4を超えた!?Googleの生成AIモデルG...

イーロンvs.サムアルトマン(1)イーロンからの訴訟にブチ切れ!本気の...

イーロンvs.サムアルトマン(2)OpenAI本気の公式『抗議ブログ』...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。