【トランジット土星】ネイタル月へ合する時期の影響・運勢

【トランジット土星】ネイタル月へ合する時期の影響・運勢

トランジットの土星がネイタルの月に合する時期について

トランジット土星

行動よりも内省の時。活動的な人なら、今すぐ適応するのは難しいかもしれないが、内省的な人なら、その影響にほとんど気づかないかもしれない。

悪い習慣を捨て、新しいポジティブな習慣を形成することを目的に、自分の人生を通して編み出されたパターンを振り返る時だ。自分自身がこのプロセスを始めるかもしれないし、状況によって、より思索的なアプローチを余儀なくされるかもしれない。

おそらく自分は、過去に愛した人を思い出し、その人が自分の人生から去っていくことにようやく折り合いをつけようとしているのだろう。

★トランジット土星を迎えるときの状況によって自立のときになるか、実家に戻るときになるか

一方、過去に自分に安らぎを与えてくれた誰かや何かと別れるかもしれない。例えば、若い人が海外に一人で旅行するために、家や家族を離れるかもしれない。

出生の月に対する土星のトランジットは自立のチャンスでもあるが、すでに実家や故郷から離れている場合は、ホームシックになることもある。また、実家に戻る必要が出てくることもある。

病弱な親族(おそらく男性ではなく女性)の介護を引き受ける人がいるかもしれない。これは、強い絆が形成されるというやりがいがある一方で、特別な責任と苦労を伴う。自分の行動をよく考え、責任を負い、今がその瞬間だことを忘れないようにすることが大切だ。

自分の責任の範囲内で、自分の欲求を育むことができればできるほど、この時期をより快適に感じることができる。自己批判に屈しないこと、他人の中傷に苦しまないことが大切だ。状況は、自分がいつもの方法で慰めを求めることができないようなものだ。そのため、新しい方法を見つけるために、自分自身のリソースに立ち戻ることになる。安心感を強く求めているときに、親しい人から拒絶されるかもしれない。

自分がこの拒絶に加担している可能性があり、知らず知らずのうちに内省の時間を作り出している。自分の身近な人が困難な時期を過ごしており、自分からの特別なサポートを必要としているかもしれない。

その結果、余暇の時間が減り、やや制限されていると感じるかもしれない。このトランジットの間は、自分自身や他人を厳しくジャッジしないこと、そして、その結果は自己成長と自分の長所と短所をしっかり理解することだと覚えておくことが大切だ。「待っている人には良いことが訪れる」ということを忘れずに、日々の生活に地道で規律正しいアプローチを適用できれば、この時期は最も生産的なものになるだろう。

随時更新★西洋占星術DB INDEX【開運占い軍団】

関連記事

【世代相】1952年-1989年:キロンと天王星のオポジジョンを持つ世...

【トランジット】トランジットのキロンがネイタル太陽に合する時期【西洋占...

【西洋占星術雑談】縁と相性の違いとは?【ブラザー辛】...

【ネイタル】太陽と外惑星の合(土星・天王星・海王星・冥王星)【西洋占星...

【トランジット冥王星】ネイタル水星にスクエアの時期の影響・運勢【西洋占...

ABOUTこの記事をかいた人

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。