そろそろ資産運用、始めてみませんか? ~ビットコイン編~

スポンサードリンク

様々な方面から注目されて来ているビットコイン。週末に世界規模のサイバー攻撃の身代金として使われたことで聞き覚えのある方もいるのではないでしょうか。

ビットコインとは?

簡単に言いますと「仮想の通貨」で、通貨の単位は、1ビットコイン(1BTC)です。コイン、と名前についていますがお金の形は取っておらず、電子的な資産になります。資産といえば現金はもちろん、株や金などが思い浮かびますよね。そういったものは元手がそれなりに必要であることも多く、やってみたくても気軽に挑戦できなかったりします。

では、ビットコインはいくらから始められるのでしょうか。他の金融商品と比較してみますと、最低でも株は10万円、FXは5万円以上必要です。その点、ビットコインは1,000円からでも十分始められるので、少額のお金で試してみたい人にはうってつけかもしれません。

仮想通貨法


これまで、ビットコインを含めた仮想通貨は法整備がしっかりと出来ておらず、取引やその取扱いに不安が残る状況でしたが、昨年、政府によって仮想通貨法(改正資金決済法)が成立したことにより、仮想通貨の法的な位置づけや、取扱いの際の監査、規制の強化が義務付けられるようになりました。これにより、以前よりも安全な取引が出来るようになったと言えます。

ビットコインが始まった当初(2009年)、最初の取引は1万ビットコインと一枚のピザの交換だったそうです。今の価値(1BTC=約20万円)に直すとピザ一枚が20億円ほどになっているわけです。
ピザが一枚約2千円だと考えると1BTC=0.2円くらいの価値でスタートしたと考えられますよね。価値が100万倍になるのはものすごい上昇で、上昇も頭打ちになりそうな気がしますが、まだこれは上昇の始まりに過ぎないといった予測もあります。
もし本当にまだまだ価値が上昇するのであれば、コツコツ積み立てていけば将来的に莫大な資産になっているかもしれません。100万倍に比べたら2倍、3倍になるくらいはありそうな気がしますよね。たとえ少額でも数年後に数十倍になると思うとワクワクしませんか?長期的に保有するのであれば、どうしても下落する時がありますので、そういったところは耐えなければなりませんが…。また価値が0にならないとは言えないので、そのリスクは意識しておかないといけないところでしょう。宝くじ感覚で、なくなっても困らない程度のお金でチャレンジするなら面白いかもしれません。価値が急上昇しているのは事実なので、宝くじよりも現実的な気がしませんか?笑

そうは言っても、他の金融商品と比べて大きく価格が上下するため、取引するのは初心者には難しい面もあります。そういった場合には、株取引で仮想通貨関連の銘柄などを探してみたり、別の方面から投資をしていく方法もありますよ!
例えば、ビットコインの取引所を設けている会社、仮想通貨との交換が出来るポイントサイトなど、また仮想通貨のシステムであるブロックチェーン関連の銘柄にも市場の期待がかかると思われます。このように、自分で株価が上がりそうな銘柄を探してみるのも楽しいですよ。

ビットコインのメリット


ビットコインのメリットとしては、円に換えることや、支払いに充てることができ、これは株やFXとの大きな違いでもあります。現在、国内でも支払いができる場所が増えてきており、通販サイトをはじめ、カフェ、レストラン、美容院、歯医者、不動産など。最近では、一部店舗ではありますが、ビックカメラでも決済方法の一つとして試験的に導入されています。大手の金融機関や法人の参入でより普及が進んでいくとも考えられ、今回法案が可決したことで、仮想通貨に絡んだ参入が更に増える可能性大です。

三菱東京UFJ銀行も仮想通貨の発行を決定しており、29年度内には発行される予定で、今後もビットコイン以外の独自の仮想通貨が増え身近なものになっていくかもしれません。
法改正がされたとはいえ、他の金融商品に比べると整備はまだまだといったところ。その分市場規模としてもこれから大いに成長の余地はありそうです。今後の普及が加速すればビットコイン自体の価値の上昇にもつながるかもしれません。少し先取りしてチェックするのも悪くないかもしれないですよ。

FX投資・オンライントレードのパートナー
上田ハーローFXはこちら⇒http://www.uedaharlowfx.jp/

Pocket
LINEで送る