小銭貯金の方法と成功するコツは?銀行・郵便局で入金するときの注意点

小銭貯金の方法と成功するコツは?銀行・郵便局で入金するときの注意点

皆さんは小銭貯金を行ったことはありますか?小銭貯金とは小銭を貯金するだけの簡単な貯金方法。しかし、なかなか小銭が貯まらなかったり、途中で使ってしまったりと小銭貯金を失敗してしまう人もいることでしょう。そこで今回は、小銭貯金の方法と成功するコツ、銀行や郵便局で入金・両替するときの注意点をご紹介していきます。

小銭貯金の方法は6種類!

小銭貯金は名前の通り貯金箱などに小銭を貯金すること。しかし、小銭貯金と言っても色んな方法があります。今回はその中でも6種類の小銭貯金の方法をご紹介していきますね。

小銭貯金の方法は6種類!

500円玉貯金

500円玉貯金は「お財布の中にある500円玉を貯金箱に入れていくだけ」の簡単な小銭貯金の方法です。ただし、無理に買い物をして500円玉を作るのはNG。財布の中のお金がなくなって、結局ATMから引き下ろす人もいるからです。
小銭貯金で500円玉貯金をするコツとしては、500円玉が余ってるな…と気が付いた時にすると負担になりませんよ。

100円玉貯金

100円玉貯金は500円玉貯金と同様に「財布の中にある100円玉を貯金箱に入れていく」という簡単な小銭貯金の方法です。小銭貯金の中でも100円貯金は10円などの小銭に比べると貯めやすく、500円玉よりは物足りないことも。ただし、お財布に負担がかかりにくいので、続けていきやすいですよ。

銀色貯金

銀色貯金は500円と100円を貯めていく小銭貯金の方法です。500円玉貯金と100円玉貯金を一緒に行っていくだけなのでとても簡単。重くなりがちな小銭を一掃させることができますし、単独で貯めていくよりも貯まりやすいのでおすすめですよ。

週末貯金

週末貯金は週末になったら、余った小銭を貯金箱に全て入れてしまう小銭貯金の方法です。毎日貯金をするわけではないので、面倒くさがりな人にピッタリ。しかも、毎週末に小銭を一掃するので、お財布が片付いて良いですよ。

365日貯金

365日貯金は1~365円の中で好きな金額を貯金していく小銭貯金の方法です。まず、1~365までの数字が書かれた一覧表を作り、1日1回1~365円の金額のどれか1つを選んで貯金をしていきます。貯金したら数字にチェックを入れ、次の日は他の数字の貯金をします。同じ数字は選べません。そんな小銭貯金を365日間続けることで、合計66,795円貯めることができますよ。

つもり貯金

つもり貯金とは、「何かを買ったつもりで小銭貯金をしていく」方法です。お菓子やジュースを買ったつもりで貯金をするので、使わなかった金額を貯めていくことができます。ダイエット中の方は特につもり貯金をすると、ダイエットもできて金も貯まるし、一石二鳥ですよ。

小銭貯金が成功するコツは「自分のルールを決めて臨機応変にすること」

小銭貯金は簡単に行うことができますが、なかなか続かない人もいることでしょう。なぜなら、小銭貯金で「こうしなければいけない」という型を決めてしまっているからです。
小銭貯金が成功するコツは「自分のやりやすいルールを決めて臨機応変に行うこと」です。

小銭貯金が成功するコツは「自分のルールを決めて臨機応変にすること」

例えば、以下のようなルールを決めておくと良いでしょう。

・フタが開かない貯金箱を使う
・小銭はお釣りでもらったときだけ貯金する(無理に作らない)
・週末に残った100円、500円だけを貯金する(週末貯金+銀色貯金)
・家計簿をつけるときだけ小銭貯金をする
・小銭貯金の使い道を決めておく
など、自分でやりやすいルールを見つけてみてください。コツを見つけると続けられますよ。

小銭貯金で貯まった小銭をお店で使うのは迷惑?

小銭貯金を目標金額まで貯めたけれど、お店で使っても迷惑にならないのか気になる方もいると思います。

小銭貯金で貯まった小銭をお店で使うのは迷惑?

残念ながら、大量の小銭をお店で使うのは迷惑をかけてしまいます。法律でも、硬貨で支払うときは1種類につき20枚までと決められており、店側は受け取り拒否することができるのです。
せっかく貯めた小銭ですが、大量の小銭はお店側に迷惑をかけないためにも、銀行や郵便局で入金・両替して利用するようにしましょう。

小銭貯金を銀行・郵便局で入金・両替するときの注意点とは?

小銭貯金を銀行・郵便局で入金・両替する時の注意点としては、基本的には入金はATMではなく、窓口で行うようにしましょう。そもそもATMは同時に入金できる小銭の枚数が限られていたり、ATMがエラーを起こして銀行や郵便局の方に迷惑をかけてしまったりする可能性が。多くの小銭貯金を入金・両替するのであれば、窓口で行うようにしましょう。

小銭貯金を銀行・郵便局で入金・両替するときの注意点とは?

ただし、大量の小銭を窓口で入金したり、両替したりするとほとんどの銀行では手数料がかかってくるのでその点にも注意してください。また、郵便局の場合はゆうちょ窓口で機械にかけてお金を数えてくれますが、銀行の中には自分であらかじめ数えて金額を書類に記載しないと、入金や両替をしてくれないことがあるので注意してくださいね。

最後に

小銭貯金には、500円玉貯金やつもり貯金、週末貯金など色んな方法があります。自分に合った小銭貯金の方法で「自分のルール」を決めて行えば、挫折することなく簡単に小銭貯金を成功させることができますよ。ぜひ、コツを掴んで楽しく小銭貯金をして下さいね。

関連記事

定例会議は無駄?必要性は?定例会議を効率化する方法...

おまじないの由来を解説!あいあい傘・糸結び・親指を握る・合掌(がっしょ...

【タロット占い】本当のことを教えて!あの人との相性はいいの?よくないの...

私ってキープ女!?キープ女性に対する言動や行動の特徴9つ...

人参の栄養とは?人参の栄養成分が持つすごい効果と簡単レシピ...