ダークな自分と上手に付き合っていく方法

友だちに素敵な彼ができたり豪華な結婚式へ行ったりしたとき、とても羨ましいと思う反面「格好がいいけれど二流大学でしょ」や「こんなお高い結婚式を挙げるより家具にお金をかけたいよね」など、つい口にしてしまうことがありませんか?!

そう、ときどき出てくるダークなワタシ、ひかえておけばいいのになぜ口にしてしまうのでしょう。

今回のテーマはダークな自分と上手に付き合っていく方法を考えます。

 

ダークな自分が出る瞬間

どんな時にダークな自分が出てしまうのか考えてみましょう。
自分と近しい人々を連想しながら読んでいってください。

【他人の幸せ編】

■友だちがダイエットに成功し合コンでモテている
■友だちが高学歴高収入の人と結婚することが決まった
■友だちの勤める会社が世界的に有名になった
■友だちが一軒家を購入しお呼ばれされた
■同僚や後輩のプロジェクトが成功しみんなの前で表彰された
■同期の給料が上がった

イライラ・モヤモヤ、失敗しないかなとまで考えてしまうときもありますよね。

【他人の不幸編】

■友だちが二股されていて彼とモメている
■幸せを自慢していた友だちが酷い別れ方をして泣いている
■友だちがストレスで激太りし落ち込んでいる
■同期が失敗しお客さんに怒られていた
■仕事をサボっている現場を上司に押さえられた同僚を見かけた

かわいそう・お気の毒と思いながらも少し嬉しくなるのはどうしてでしょうか。

 

他人の不幸は蜜の味

上記項目の中の幸せを見たらモヤモヤしたし不幸を見ていたら少しばかり自分に余裕が生まれませんでしたか?!
そんなことないよと思った方は圧倒的に少ないはず、私たちは他人と比較し生きています。

身近であればあるほどその人達よりも優れていたいと思う。
親友の結婚が決まったら「祝福の気持ちはあるけれど少しイラつく」と思っているはずです。

自分の性格が悪いわけではなくほとんどの人がそうなのです


そこで止まったら上に行けない

不平不満を口にしたら少し楽になるけれど、他人の幸せを妬んだり不幸を喜んだりするだけで終わっていては成長できません。
妬みは心がモヤモヤするだけ、不幸は相手が勝手に自分以下に落ちているだけで自分自身は少しも努力をしていないからです。
そのレベルのままだと同じレベルの友だちや彼氏しか集まってきません。
一緒になって誰かの悪口を言ったり報われないことに文句を言ったりしたときはすっきりするでしょうが、誰も這い上がろうとしないその集まりに充実感はなく空しい気持ちしか残りません。

 

関連する記事


発想の転換で彼氏を発掘!!幸せな恋愛をする方法

【男の本音】早く結婚したいアラフォーの君へ。今時の若者に見習おう【恋愛コンサル・Ku】

【結婚という幸せを掴む方法】選ばれる女の特徴7つと選ばれる女性になる方法5つ

【婚期は自分で作るもの】アラフォー間近でも結婚する方法

ライバルより頭一つ分出る!「ちょっと違う女」になる方法4つ

Pocket
LINEで送る