【星座×アロマテラピー】蟹座の心と体におすすめのアロマテラピー 

【星座×アロマテラピー】蟹座の心と体におすすめのアロマテラピー 

蟹座のテーマは「他者への愛」です。そして、守護星は「月」となっています。満ち欠けを繰り返す月は、無から有を生み出す「母親」の象徴です。そのため、蟹座は世話好きな一面を持っています。
そんな蟹座の判断基準は「感情」です。また、創造力に優れ、何かを作り出す能力には抜きん出たところがあります。

蟹座におすすめ!創造力を活性化してくれるアロマテラピー

蟹座は、創造力に優れており、その才能で人々に喜びを与えることができます。
特に、生活に密着したものを創り出す能力が強く、芸術・料理・デザイン・マスコミなどといったあらゆる部門においても、その才能を発揮できる力を持っています。
そんな蟹座は、創造力を活性化させてくれるアロマテラピーがおすすめです。
レモングラスは、その名の通りレモンに似た香りを放つ精油ですが、エネルギーはレモンよりも強く、何かを創り出すエネルギーを強くしてくれます。
レモングラスは、とても丈夫な植物であり、嵐になぎ倒されてもすぐに起き上がります。
一日に15センチも伸びるということからも、その生命力を強さが分かります。
おすすめは、レモングラスの精油を2~3滴垂らして行う足浴です。

蟹座におすすめ!活力をくれるアロマテラピー

蟹座は、強い物質欲を持っています。
「生活を豊かにしたい!」という願望が強いためです。
そのために身を粉にして働きます。
ですが、働き過ぎて、ストレスを溜めてしまいがちなのです。
いくら生活が豊かになっても、心が疲れてしまっては意味がありませんね。
そんなときは、活力をくれる精油を使ってアロマテラピーを行いましょう。
蟹座の守護星である月を支配星に持つのがカモミールです。
カモミールの精油を用いたマッサージがおすすめです。
そこに、やわらかく包み込むような香りを放つ、マージョラムとネロリを加えます。
首筋・肩・足の裏などをマッサージして、明日への活力を補いましょう。

3つの精油をブレンドしたレシピはこちらです。

ベースオイル 50ml
カモミール 3滴
マージョラム 6滴
ネロリ     3滴

蟹座におすすめ!心を大きく開放するアロマテラピー

蟹座は人に好かれる要素を多く持っています。
例えば、人なつっこさや、愛嬌、サービス精神が旺盛といったところです。
しかし、蟹座の判断基準は「感情」であるため、感情に合う人・合わない人、すなわち人の好き嫌いが激しいといった一面を持っているのです。
そのために、人間関係の幅を狭めてしまうだけでなく、嫌いな人に対するストレスが自分自身に跳ね返ってきてしまう、といったことがあります。
こんな時は、愛らしい花の香りのゼラニウムと癒し効果の高いラベンダーの精油をブレンドしたアロマバスに入りましょう。
二つの精油を合計5滴ほど湯船に垂らします。
ゼラニウムにもラベンダーにも感情を調整する作用があるため、入浴しながら、ゆっくりと呼吸することで心を広く開放することができるでしょう。
「色々な人が世の中にはいて、全ての人と自分がつながっている」という感謝の気持ちを持つことが、蟹座の開運のポイントといえます。

蟹座におすすめの食べるアロマテラピー

蟹座には、柑橘系が向いています。
なぜならば、蟹座は月を支配しており、その特徴は冷たく湿ったものであるため、明るく温めてくれる柑橘系が良いのです。
口にするものとしては、オレンジやレモンがおすすめです。
食べることで、ビタミン補給とアロマ効果が得られます。
また、クラリセージも蟹座の守護星が支配している植物になります。
クラリセージは、女性ホルモンと似た働きをし、女性特有の症状の緩和に効果を発揮します。
その香りには、怒りを鎮める働きもあります。
クラリセージは肉や魚の風味付けに使われます。
ちょっと苦みのある香りですが、それが癖になるという人も・・。

蟹座へのアドバイス

気分と感情を司る蟹座は、豊かな感受性を持ち、人に対する思いやりの心を持つ一方で、期待している反応が得られないときなど、感情的になって態度に出てしまうことがあるという一面を持っています。
また、合わないと思った人に対しては冷淡に接してしまいます。
つまり、感情の起伏が激しいのです。
そんな蟹座は、その激しさを豊かな感受性として生かすことが大切です。
そのためには、色々な人を受け入れる度量の広さが求められます。
視野を広げることで、より良い人生が築けるでしょう。
自分に足りない部分は、それを補ってくれる植物の力を借りましょう。

最後に

このように、蟹座は不安や苛立つ気持ちを静めることで、安らぎが得られるということがわかります。
もともと、生きる喜びを作りだすことを得意とする蟹座ですから、人に対する好き嫌いにも、柔軟に対処していくことは、そう難しいことではないはずです。
それに、蟹座は人の心をつかむ術も心得ているのです。
一見、苦手と思える人の心の裏を知り、良いように見方が変わることもあるでしょう。
アロマテラピーのある暮らしを実践していくことは、蟹座の生きる喜びを倍増させることにもつながるでしょう。

関連記事

男が嫌う生理的に無理な女性の特徴...

恋愛体質な自分になる!自分を変える「自分ノート」の作り方...

【4コマ漫画】こもる充電中(13)...

恋愛における嫉妬心や独占欲を克服する方法5選...

ニトリの衣装ケースが超便利!狭い我が家の布団収納法...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る