【美容医療】HIFU以外のマシン施術INDEX【2018年11月現在】

【美容医療】HIFU以外のマシン施術INDEX【2018年11月現在】

HIFUマシン・体験談はこちら

どれほど若い頃から丁寧にスキンケアを心がけ、筋トレを怠らず、規則正しく健康的な生活を心がけ日焼けや乾燥などの肌老化の原因を極力避けてきても、40歳を過ぎると気になってくるのが「顔のたるみ」

「ついにほうれい線が出現した」

「輪郭がなんだかぼんやりしてきた」

「油断すると口角が下がる」

「涙袋ではなく目袋ができてきた」

「30代前半に比べても、顔が何だか長くなってきた」

地球上で生きている限りは避けることのできない「重力」そして加齢。美容健康食品やスキンケアやマッサージ、筋トレや家庭用美顔器ではもう太刀打ちできなくなったたるみの改善を本気で考えると、やはり頼りになるのは「美容医療」の分野。

一昔前まではたるみの治療に美容外科で……といえばたるんだ部分の皮膚を引き上げて切り取り、縫い合わせるという外科手術のイメージでした。もう少し、侵襲性の低い施術では顔の皮膚下に「糸を入れて、物理的に引き上げる」スレッド治療もありますが、これもやはり顔に針を通すことを考えると、躊躇する方も多いと思います。

現在でも、ブルドッグ並みにたるんでしまった皮膚だるみのリフトアップには、外科手術やスレッド治療が適応になるようですが、40代のほうれい線や輪郭のちょっとした緩みなら、まだまだ外科手術より精神的な敷居の低い「マシン」を使った「切らないリフトアップ」が適応になることがほとんど。

実は私自身も先日「線ではなく、頬と口周りの段差で影ができる手強いほうれい線」の改善目的で『HIFU』マシンでの治療を受け、気になっていた部分の変化を実感できました。また、HIFU系のマシンのラインナップも挙げています。*詳しくはこちらの記事

今回は2018年11月現在、『HIFU』以外の原理でたるみにアプローチするマシンをざっと挙げました。いずれも日本国内の美容外科・美容皮膚科で受けられるものに限っています。(今後随時更新予定)

関連記事

肝臓を守る注目のハーブ『アーティチョーク』濃縮エキスで飲むとお手軽...

スキンケア成分でよく見かける「ヒアルロン酸」と「セラミド」はたらきの違...

【美容医療】話題のHIFU系マシン『CONTLEX(コントレックス)』...

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る