【美容医療】話題のHIFU系マシン『CONTLEX(コントレックス)』体験レポート

【美容医療】話題のHIFU系マシン『CONTLEX(コントレックス)』体験レポート

40歳を過ぎると、スキンケアや自力での顔筋トレーニングなどだけでは防ぎきれなくなってくる顔全体のたるみ。

目の下のたるみや、保湿で薄くなるシワではなく「頬と口元の皮膚で段差ができて、影ができる」タイプのほうれい線は、表皮ではなくもっと下の層、皮膚の土台となる層に原因があります。

皮膚のたるみの主な原因

真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少
脂肪層での脂肪の増加による繊維束の緩み
筋肉の弾力性の低下
筋膜層(SMAS層)のコラーゲン減少による緩み

特に肌の土台となっている筋膜層の緩みは、従来は手術でしかアプローチできませんでした。しかし、現在はこの筋膜層に超音波を照射できるマシンが登場したことで「切らないフェイスリフト」が可能になったのですね。

※ほうれい線が「影」どころか「折りジワ」皮膚が折り重なる状態、ブルドッグ顔、あご下の皮膚が余って二重あごになるほど皮膚のたるみが進行している場合は、外科的処置(手術)でなければ満足のいく改善は見込めないようです。

肌の土台・筋膜層を引き締める『HIFU』とは?

近年、さまざまな美容外科・美容皮膚科で気軽に受けられるようになった「切らないフェイスリフト」マシン系の施術といえば『HIFU(ハイフ)』です。

HIFUは、High-intensity focused ultrasound(高密度焦点式超音波)の略称。体内腫瘍にピンポイントで超音波を照射し焼き切る「切らないがん治療」を目的として開発された治療法で、近年では美容医療に専用の機器が開発され実用化されています。

フェイスリフト目的でのHIFUは筋膜層(SMAS層)にピンポイントで超音波を照射。その熱で筋膜のコラーゲンが焼き縮められ、即時的なたるみ改善効果が得られます。また、その後数ヶ月かけて創傷治癒効果で新たにコラーゲンが作られるため、加齢によるコラーゲンの減少で緩んでいた筋膜が弾力を取り戻し、皮膚のたるみ改善が見込めるのですね。

関連記事

肝臓を守る注目のハーブ『アーティチョーク』濃縮エキスで飲むとお手軽...

スキンケア成分でよく見かける「ヒアルロン酸」と「セラミド」はたらきの違...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る