もしかして束縛彼氏?気になる特徴や心理を徹底解説!束縛彼氏診断も

もしかして束縛彼氏?気になる特徴や心理を徹底解説!束縛彼氏診断も

目次

友だちと外食をするときや、家族と旅行に行く予定があるときに、なぜか彼氏に「誰と行くの?行き先を教えて」や「どうして勝手に予定を決めちゃうの?」なんて言われたことはありませんか?

もしも思い当たることがあるなら…束縛彼氏の可能性があるのかもしれません。そこでこの記事では、束縛彼氏の気になる特徴や心理を徹底的に解説します。

気になる束縛彼氏の特徴とは?

束縛彼氏の特徴①:連絡頻度が高すぎる

連絡頻度が高すぎる彼氏の場合、束縛彼氏の可能性があります。

例えばですが、「今何しているの?」や「今仕事終わったよ」くらいの連絡であれば、一般的な恋人同士なら良くあることです。しかし、連絡頻度が高い束縛彼氏の場合、メールや電話をして15分以内に返信がないと急に怒り出したり、着信履歴が1時間で30件以上…なんてこともあります。また、とくに返事を返さなくても怒らない束縛彼氏でも、30分間隔で一方的なメールが来たり、常にSNSを監視してコメントを入れてきたり…なんてことも…。

このように、連絡頻度が高すぎる場合、束縛彼氏の可能性があるため注意が必要かもしれません。

束縛彼氏の特徴②:友だちや上司に関係なく嫉妬することが多い

彼氏が、友だちや上司に関係なく嫉妬することが多い場合、束縛彼氏の可能性があります。

付き合い当初であれば、「俺だけ見ててよ」なんて言われたら、ちょっと胸がキュンってなっちゃいますよね。ただ、付き合ってしばらくしても「さっき電話していた人は誰?」や「会社でも男とは話さないで」なんて言われたら…ちょっと困りませんか?絶対に彼氏以外の男性と話さないわけにはいきませんし、とくに仕事に関する電話や対応で男女関係なく連絡を取り合うこともあります。

しかし、束縛彼氏の場合は、会社も上司も部下も友人関係すら関係ありません。あなたが、自分以外の男性(女性もNGの場合があります)と話をすることが、絶対に許せないのです。そのため、もしもあなたの人間関係を考えずに嫉妬ばかりする彼氏の場合、束縛彼氏の可能性があるため注意が必要です。

束縛彼氏の特徴③:精神年齢が幼い

現在付き合っている彼氏の、精神年齢が幼い場合も束縛彼氏によく見られる特徴です。

例えばですが、あなたの意見を全く聞かずに我儘ばかり押し通したり、休日も平日も常に空いた時間は一緒に過ごさないとダメ!なんてことはありませんか?じつは、精神年齢が低い男性は、「全てにおいて自分が1番じゃないと嫌!」なんです。あなたの彼に対する優先順位も1番ですし、自分の意見が1番正しいと思っています。そのため、自分の意見に従わないあなたに暴言を吐いたり、モラルを壊すような発言をすることもあります。

このように、束縛彼氏には「精神年齢が低い」という特徴もあるため、もしも思い当たる場合は注意が必要です。

束縛彼氏の特徴④:自己中心的

自己中心的な場合も、束縛彼氏に多い特徴の1つです。

例えばですが、彼氏が同じ趣味を持つように強要してきたり、彼氏の好みの服装や髪型を選ばないと怒り出すようなことはありませんか?また、彼氏にはない趣味をあなたが持っている場合、「全部を否定されてしまう…」なんて経験のある女性もいるかもしれません。

強引に自分に従わせようとしたり、あなたの気持ちを全く考えずに振り回してくるようなところがあれば、束縛彼氏の束縛彼氏の可能性が高いので注意が必要です。

束縛彼氏の特徴⑤:依存心が強い

依存心が強いのも、束縛彼氏の主な特徴です。あなたのことばかり頼っていて、自分からは何もしない…なんて行動が頻繁にみられる場合、束縛彼氏の可能性があります。

例えばですが、彼が常にあなたと一緒に行動したがっていたり、優柔不断で何かを決めるときにあなたの意見に頼ってばかりいる…なんてことはありませんか?じつは、依存心が強い男性の場合、自分に自信がなくて寂しがり屋な傾向があります。そのため、常にあなたを束縛していないと、「もしかしたら他に好きな男ができたのかもしれない…」と恐怖を感じてしまうことがあるのです。

たしかに、「もしかしたら…」ということは恋愛をしていれば誰でも不安に感じてしまいますが、あまりにも依存されている場合は、束縛彼氏の可能性があるため注意が必要かもしれません。

束縛彼氏の心理とは?

束縛彼氏の心理①:好きでいてもらえる自信がない…

束縛彼氏は、「好きでいてもらえる自信がない…」という心理から、あなたを束縛しようとする場合があります。恋愛は必ずしも結婚に結びつくわけではありませんし、結婚しても残念ながら離婚してしまう…なんてこともありますので、誰でも不安に思うこともあるかもしれません。しかし束縛彼氏の場合は、自分に自信がないため、あなたに好きでいてもらえる自信がなく、縛り付けておかないと不安になってしまうのです。

束縛彼氏の心理②:相手を支配したい…

束縛彼氏は、「相手を支配したい…」という心理から、あなたを束縛してしまう場合があります。「支配」と言いますと、あまりにも大雑把すぎて難しいかもしれませんが、束縛彼氏の支配というのは、「あなたよりも上の立場に立っていたい」ということです。束縛彼氏は、自分中心にあなたの世界が回っていないのが許せない…そんな気持ちから、あなたを束縛したいと思っています。

ただ、これはあなたへの感情がエスカレートしているだけですので、あなたを下僕のように扱いたいと思っているわけではありません。とはいえ、あまりにも支配欲が強い束縛彼氏の場合は、「一緒にいると息が詰まる…」なんてことになりますので注意されてください。

束縛彼氏の心理③:思い通りにならないのが気に入らない…

束縛彼氏は、「思い通りにならないのが気に入らない…」という心理から、あなたを束縛しようとしてくる場合があります。束縛彼氏は、自分が思い描くストーリーがあります。

例えばですが、彼があなたにサプライズでプレゼントをしたとします。この場合、束縛彼氏のストーリーでは、あなたが涙をこぼして喜んでくれたり、嬉しくて思わず彼に抱き着いてくる…なんてことが描かれています。しかし、現実では涙も出ませんし、嬉しくてもニコッと笑顔を見せてお礼を言うくらいです。このとき、束縛彼氏の心理では、「なんで喜ばないんだ!」や「自分の求めている女性像とは違う」と思い、あなたが自分の思い描いたストーリーの反応と違うことにイライラしてしまうのです。

また、思い通りにならないのが気に入らない束縛彼氏は、あなたの洋服の好みや髪型などの指定もしてくることがあります。「露出度の低い洋服を強要された」や「髪の長さや色まで指定される」なんてことも…。このような行動も、束縛彼氏の「思い通りにならないのが気に入らない…」という心理が働いているため、不快に感じている場合は注意が必要かもしれません。

束縛彼氏の心理④:浮気をしないか心配…

束縛彼氏は、あなたが「浮気をしないか心配…」という心理から、束縛してしまう傾向もあります。一生懸命あなたが彼に「好き」や「愛している」と言葉で伝えても、束縛彼氏の場合は常に不安な気持ちでいっぱいになっているため、あなたが浮気をして「自分を捨てる日が今日来るかもしれない…」と心配になってしまうのです。まるで彼に信用されていないような、嫌な気持ちになってしまいますよね。人によっては、「鬱陶しい…」なんて感じることもあるかもしれません。しかし、束縛彼氏は常に不安な気持ちを抱えているため、あなたがどう感じているのかを把握できていないのです。

束縛彼氏の心理⑤:彼女の全てを把握していないと嫌…

束縛彼氏は、「彼女のすべてを把握していないと嫌…」という心理から、あなたを束縛してしまいます。なぜ、「彼女のすべてを把握していないと嫌…」なのかと言いますと、好きな人のことを知りたいという欲求が強いからです。例えばですが、恋愛をしていると、「彼氏の好きな食べ物や趣味について知りたい」なんて思うことはありませんか?束縛彼氏の場合、この知りたい欲求がエスカレートしてしまうのです。エスカレートした束縛彼氏は、あなたの交友関係を把握するためにスマホチェックや暗証番号ロックをNGにしたり、常にあなたと自分の位置情報を共有するためにアプリを入れるように言ってきます。もちろん、「別にいいよ」と思えるなら問題はありませんが、もしも常に行動を把握されていることを不快に思う場合は注意が必要です。

束縛彼氏診断!あなたの彼氏が束縛彼氏なのか診断してみて!

自分の彼氏が「束縛彼氏なのか分からない…」という場合、こちらの束縛彼氏診断にあります15項目にチェックを付けて診断してみてください。

チェック項目が多いほど、あなたの彼氏は束縛彼氏の可能性があります。

【束縛彼氏診断】

□①:帰宅時間を指定されている
□②:ファッションやメイクの指定が多い
□③:会うたびに愛情を確かめようとしてくる
□④:彼氏以外の人と話していると嫌な顔をされる
□⑤:喧嘩をすると見つかるまで追いかけて来る
□⑥:友だちや家族と遊びに行っている間も頻繁に連絡が来る
□⑦:毎月のスケジュールを共有したがる
□⑧:定期的にスマホチェックをされる
□⑨:あなたを過度に甘やかす
□⑩:やきもちを焼かれることが多い
□⑪:毎日決まった時間に連絡をするように言われる
□⑫:あなたの意見を全く聞かない
□⑬:行動範囲を指定される(自宅から職場までの距離のみ…など)
□⑭:飲み会や友だちと遊んだ帰りは必ず迎えに来る
□⑮:休日は常に彼氏との予定で埋まっている

あなたの彼氏は、束縛彼氏診断の項目にいくつ当てはまりましたか?

この束縛彼氏診断の診断項目の中で、特に注意して頂きたいのが、「喧嘩をすると見つかるまで追いかけて来る」です。束縛彼氏診断で、この診断にチェック項目が入った場合は、束縛彼氏の可能性が非常に高いです。喧嘩や言い合いになったとき、「少しだけ相手との距離を置いて冷静になってから関係を築きたい…」と思っても、束縛彼氏の場合は距離を置かれるのを嫌がります。

例えばですが、同棲している束縛彼氏と喧嘩をして家を飛び出したとします。スマホの電源も切って、身軽になったあなたは実家や友達の家に行ったり、ビジネスホテルなどで自分の時間をゆっくり使って過ごそうと考えますよね。しかし束縛彼氏の場合は、あなたが見つかるまで、どこまでもあなたを探し続けます。つまり、あなたに考える時間を与えないようにしたいのです。

そのため彼氏の、「喧嘩をすると見つかるまで追いかけて来る」の診断項目にチェックが入った場合は、束縛彼氏の可能性が高いため注意が必要です。

じつは気が付いていないだけ?束縛する彼氏の例!

なんとなく、「自分の彼氏が束縛彼氏のような気がする…」と思っていても、具体的な例がなければ本当に束縛彼氏なのか分かりませんよね。

そこで、ここでは束縛する彼氏の例を3つ紹介します。

束縛する彼氏の例①:行動を制限してくる

まず、束縛する彼氏の例として最も一般的なのが、行動を制限してくることです。

束縛をしてくる束縛彼氏の場合、「自分の目の届く範囲にいて欲しい」や「彼女を他人との繋がりから絶ちたい」と思うことが多いため、行動を制限してくることがあります。こちらが、行動を制限してくる束縛彼氏の例です。

【行動を制限してくる彼氏の束縛の例】

・会社と自宅を往復する範囲まで
・自宅から徒歩5分までの距離
・自宅のある地域以外への外出は禁止
・遠出する場合は彼氏と一緒に行動する
・友だちと遊ぶときは門限までに帰宅する
・男友達との外出禁止
・ゲームをするときはチャット機能の使用は禁止
・電話で話をするときは時間制限がある

あなたの行動範囲はどこまででしょうか?同棲している場合は、無意識に行動を制限されていることが多いため気が付きにくいですが、スマホを使ったゲームのチャット機能や、通話時間に制限がある場合は注意が必要です。

束縛する彼氏の例②:あなたの情報を全部把握している

あなたの情報を全部把握している場合も、束縛する彼氏に多い行動です。束縛する彼氏は、あなたの情報を全部把握していないと気が済みません。そのため、出来る限りの手段を使ってあなたの情報を把握して、あなたにプライベートを作らせないようにしていることが多いです。

こちらが、あなたの情報を全部把握している束縛彼氏の例です。

【あなたの情報を全部把握している彼氏の束縛の例】

・毎日のスマホチェック
・あなたに届くメールは彼も自動受信できる設定になっている
・SNSを常に監視されている
・トイレへのスマホや連絡機器の持ち込みを禁止している
・暗証番号ロックは絶対に認められない
・通帳やスマホの暗証番号はすべて把握されている
・交友関係がすべて筒抜けになっている
・その日のスケジュールが筒抜けになっている
・外食するときのメニューを全部把握している

あなたの彼氏はどこまで把握しているのでしょうか?

付き合いが長い場合は、交友関係が筒抜けになっている場合が多いため、「束縛なんてされていないよ」と気が付かないことが多いのですが、スマホチェックが入っている場合は束縛彼氏の場合がありますので注意が必要です。

束縛する彼氏の例③:行動を推測して先回りしてくる

束縛する彼氏にありがちなのが、あなたの行動を推測して先回りしてくることです。

じつは、束縛する彼氏の場合、自立している女性よりも「自分を頼ってくれる女性の方が好き」という傾向があります。つまり、常に彼氏がいないと何もできない女性になってもらいたい、と思っている場合があるのです。

こちらが、行動を推測して先回りする彼氏の束縛の例です。

【行動を推測して先回りする彼氏の束縛の例】

・あなたがしっかり者だと怒り出す
・彼氏がいなくても大丈夫という雰囲気を嫌う
・日用品など必要なものは伝えなくても揃っている
・デート場所など行きたい場所を知られている
・世話ばかり焼いてくる
・あなたの身の回りの世話をするのが大好き

一見すると「なんて優しい彼氏なんだろう!」と思うかもしれませんが、あまりにも先回りする行動ばかりで、「なんでこんなに把握しているの…?」なんて思うことも…。

また、束縛彼氏に頼り切ってしまって、いつの間にか「あれ、彼氏君がいないと何もできない…」なんてことになってしまう場合もありますので注意が必要です。

【注意!】束縛彼氏にありがちなLINE!

放任主義でなかなか相手にしてくれない彼氏も寂しいですが、日常生活やSNSだけでなくLINEまで縛られていたら…凄く困りますよね。

そこで、束縛彼氏にありがちなLINEについてまとめましたので、ぜひ参考にされてみてください。

束縛彼氏にありがちなLINE①:「今どこ?誰かと一緒にいるの?」

束縛彼氏にありがちなLINEのひとつが、「今どこ?誰かと一緒にいるの?」です。とくに、仕事で忙しくて定時に帰れないときや、急な飲み会などが入ると送られてくるLINEで、既読がつかないと大量のメッセージが送られてくることも…。また、女性であれば「仕事帰りにちょっと寄り道したい」なんてこともあると思いますが、束縛彼氏の場合は寄り道も許さないので、LINEのメッセージが大変な件数に…。もう少し信頼してくれたら気も休まりますが、帰宅時間が少し遅れただけで大量のメッセージを送られてくると、ちょっと迷惑に感じてしまうこともあります。

束縛彼氏にありがちなLINE②:「他の男と一緒にいないよね?」

束縛彼氏にありがちなのが、「他の男と一緒にいないよね?」と確認するLINEです。女性同士の交流や仕事仲間と遊ぶとき、束縛彼氏の場合はメンバーの中に男性がいないか確認してきます。当然、男友達と2人でお酒を飲みに行くなんて、たとえ仕事の上司や先輩であっても絶対にNGです。仕事の関係で男性を含んだ飲み会になるのは、どうしても避けられませんので説得は必要ですが、もしも彼氏の嫉妬に困る場合は、極力プライベートで男友達と遊びに行くのは避けたほうが良さそうです。

束縛彼氏にありがちなLINE③:「俺よりも友達を優先するの?」

「俺よりも友達を優先するの?」も、束縛彼氏にありがちなLINEです。彼氏からデートの誘われたり、急な連絡で合う約束をされたとき、「ごめん、その日は友達と約束してあるんだ」と断ると、自分をないがしろにされたと思い込んでしまうのです。ただ、普通は先に約束した方を優先してスケジュールを組みますので、「友達を優先するの?」と言われても困っちゃいますよね。

束縛彼氏にありがちなLINE④:「どうして無視するの?」

束縛彼氏に、「どうして無視するの?」と既読スルーを責めるようなメッセージを送られるのも、束縛彼氏にありがちなLINEです。LINEを確認すると既読マークが付きますが、この既読マークが付いているのに返事がないと、束縛彼氏は不安で、「どうして無視するの?」や「いつ返事をくれるの?」といった責めるようなメッセージを送ってくることがあります。また、長時間放置すると暴言を吐いてくる可能性もあります。とはいえ仕事中の場合は、メッセージ内容だけ確認して後程返信する、なんてことは良くありますし、一般的には「忙しいのかな」くらいで済むことです。そのため、ちょっと迷惑かも…と感じてしまう場合があります。

束縛彼氏にありがちなLINE⑤:「今何してるの?」

何の前触れもなく、「今何してるの?」と送られてくるのも、束縛彼氏にありがちなLINEです。束縛彼氏は、あなたがどこにいても「何をしているのか」「これからどこに行くのか」「今日の予定」など、多くのことを知りたいと思っています。そのため、何の前触れもなく「今何してるの?」とLINEを送ってきたり、今日の予定を聞いてきたりするのです。あまりしつこいLINEが来ると監視されているような感じがして、ちょっと嫌な気分になりますよね。とはいえ、束縛している本人はあなたのことが好きなだけですので、付き合える範囲で対応していくのがオススメです。

気になる束縛彼氏のエピソード5選!

ここまで束縛彼氏の「特徴」や「心理」や「具体的な例」などを見てきましたが、「本当にそんな人いるの?」や「何人かと付き合ったけど、そんな人はいなかった」という場合もあると思います。

そこで今度は、実際に束縛彼氏と付き合っている(付き合っていた)人のエピソードについて、詳しく見ていきましょう。

束縛彼氏のエピソード①:自宅近くの駅で帰りを待っていた…

「昼間、私を見送ってくれた彼が夕方まで、自宅近くの駅で私の帰りをずっと待っていました。その日は友達一緒に遊ぶ約束をしてたので、お昼前に外出したのですが、夕飯近くまでずっと駅で私のことを彼が待っていたと思うと…ちょっと怖かったです。」たしかに、何時間も自宅近くの駅で待っていたら…ちょっと怖いですよね。よっぽど彼女のことが心配だったのか、あるいは遊びに行ってほしくなかったのか分かりませんが、あまりにもエスカレートした行為は受け入れるのが難しいこともあります。また、似たようなエピソードでは、「飲み会をしたお店の近くで何時間も待ち伏せされた」なんてこともありました。

束縛彼氏のエピソード②:他の男との会話は一切禁止!

「3年ぶりの男友達から電話が来て喋っていたら、いきなり家のお皿を数枚割られました。どうやら私が男友達と話すのが嫌みたいで、その日から通話履歴やメールチェックをされるようになりました…。」嫉妬心から男友達との連絡を禁止するのは、束縛彼氏では多いエピソードです。とはいえ、仕事をしていたり旧友との大事なプライベートまで束縛彼氏に奪われてしまったら、とても嫌な気持ちになりますよね。

束縛彼氏のエピソード③:会社の飲み会の席に乱入された…

「会社で飲み会があったのですが、開始からすぐにメールの嵐が…。飲み会が気に食わないのは分かっていたけど、仕事なんだから仕方ないでしょ、といったのですが全く聞いてくれません。その後、あまりにもメールや電話の件数が多すぎたので、一度席を立って「もう終わるから」と連絡を入れたのですが、彼は我慢が出来なかったのか、飲み屋に乱入してきたんです。仕方なく、早く帰ろうとして皆に挨拶をしていたら、いきなり後ろから腕を掴まれて、無理やり帰らされました…ほんと、困ります。」仕事の付き合いなのに、自分勝手な行動で周りに迷惑をかけるのは困りますよね。もう少しだけ大人になって欲しい…と思うところはあります。

束縛彼氏のエピソード④:独占欲が強くて可愛い…

「私のパートナーは独占欲が強くて、心配性なので「可愛いな」と思うことが多いです。飲み会の帰りは、ナンパされたら困るという理由でかならず迎えに来てくれますし、外食をしたら男性の店員さんから私を遠ざけたりもします。たまに、私のスマホの着信やメールなんかも覗き見して来ることもあります。ただ、嫌ではありません。むしろ、愛情が深くて可愛いな…と思います。」たしかに、独占欲は強いですが深い愛情を感じるエピソードですね。束縛彼氏の行動を受け入れている女性もいるようで、パートナーとの相性が合えば束縛も気にならないみたいです。

束縛彼氏のエピソード⑤:頭から爪の先まで彼の指定通りに…

「彼氏の束縛が強く、髪型や洋服も指定されます。最初は女性の好みがしっかりしている人なんだな…と思ったのですが、付き合って数年経った今は、見事に彼の理想通りの髪型、服装、メイクなど頭の先から爪の先まで指定されたとおりになりました。ただ、とくにこだわりがなく、私自身センスがあまりなかったので、彼のファッションセンスには驚かされています。」女性の好みがしっかりしている男性は多いですが、頭から爪の先まで指定してくるとカスタマイズドールのようなイメージですよね。自分のファッションにこだわりがある場合は、イラっとしてしまうかもしれませんが、とくにこだわりがない場合は受け入れられることもあるようです。

【意外に結婚向き?】束縛彼氏が結婚に向いている2つの理由とは?

束縛彼氏の行動パターンを見ていると、「結婚しても幸せになれないんじゃないの?」と思われるかもしれません。実際に、束縛彼氏と結婚してから、相手の愛情や自分勝手な行動に嫌気がさして離婚してしまう場合もあります。とはいえ、束縛彼氏との結婚は悪い話ばかりではありません。そこで、束縛彼氏が結婚に向いている2つの理由について見ていきましょう。

束縛彼氏が結婚に向いている理由①:浮気をしない安心感があるため

束縛彼氏が結婚に向いている理由は、浮気をしない安心感があるためです。今まで付き合っていた彼氏に浮気されて、傷付いた経験がある女性でしたら分かりますが、浮気をされると凄く傷つきますよね。場合によっては、「もう2度と好きな人なんて作りたくない…」なんて思うことも…。

しかし束縛彼氏の場合は、あなたのことだけが好きで束縛してくるため、「また浮気されるかも…」という心配がありません。そればかりか、他の女性のことなんて目に入らないくらい、あなただけに強い愛情を向けてくれるため安心して結婚生活を送れます。そのため、「浮気されたくない」と考えている場合には、束縛彼氏との結婚が向いているかもしれません。

束縛彼氏が結婚に向いている理由②:一途な愛情を感じられるため

束縛彼氏が結婚に向いているもう1つの理由は、一途な愛情を感じられるためです。結婚を考えたときに、「結婚してから愛されなくなったらどうしよう…」と思ったことはありませんか?結婚してから「数年生活してから愛情を感じられなくなった」や「セックスレスになった」や「離婚した」なんて話は良く耳にしますし、不安を消し去れないこともあると思います。

しかし束縛彼氏の場合は、一途な愛情をあなたに与え続けてくれるため、愛情を感じ続けることができるのです。また、承認欲求が強い場合、深い愛情を与え続けてもらえることで欲求を満たすことができる場合もあるため、束縛彼氏との結婚に向いている可能性があります。このような2つの理由から、束縛彼氏も意外に結婚に向いていることがあるため、ぜひ参考にされてみてください。

まとめ

束縛されることで「面倒臭い」と感じるのか、「愛情が深くて嬉しい」と感じるのかは人によって違うと思います。

また、同じ束縛彼氏でも、

・「彼女の全部が知りたいと思うけど、暴力だけは絶対に振らない」
・「俺がいないと生きていけないようにしたい」
・「なんで従わないのか分からない。俺のことが好きって言うのは嘘だな」

と、このように人によって束縛の強さや考え方なども違うため、全ての束縛彼氏のことを「困った男性」と言い切ることはできません。

とはいえ、どうしても受け入れられない束縛や、暴力などに発展してしまった場合は、もう愛情とは言えないこともありますので注意してくださいね。

関連記事

【タロット占い】あの人を振り向かせる方法はある?...

チャラ男の定義って何?どんな男がチャラ男?チャラ男の特徴まとめ...

携帯チェックはダメ!彼氏の携帯をチェックしたくなった時に自分を止める方...

人と話せない人でも困らない!初対面でも話せる「初対面におすすめの話題」...

【家計簿を見直し】実家同居のお金のやりくりは?子どもへのお小遣い制度始...

あそこの臭い・かゆみ対策ってどうしてる?デリケートゾーンの臭いケ...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る