【私ってなに?!】彼の扱いが変わったときに考えること

付き合っているつもりだけれど?!
時々不安になったことはありませんか?!
私は本当にあの人の彼女なのか、どうしてそんな気持ちになるのでしょう。

今回は第三者の視点に立って彼との関係を考えてみましょう。

こんなことをされていて彼女?!

「あなたにとって私は何?!」直接聞けばすぐにわかることだけれど「彼女だよ」と言われても何だかモヤモヤが残りますよね。下記のような扱いを受けていませんか?!

 名前で呼ばない
 お洒落をしなくなった
 いつも忙しいと言う
 都合がいいときだけ会う
 会うのは夜が多い
 連絡がない
 お金を出さない
 使用人扱い
 暴力がある

彼はあなたのことを「ちょっと」など名前で呼ばなくて済む呼び方をしていませんか?!
基本連絡しても返事をくれないけれど「仕事が早く終わった」と言って夜に会いに来ませんか?!
「あれしておいて」「買っておいて」お金を出さないくせにやってほしいことは頼んできませんか?!
気に入らないことがあると物を壊したり暴言を吐いたり、暴力に訴えませんか?!

そんな関係になった原因は?!

はじめからサブの女として利用するつもりで近づいた可能性もありますが、そうではなく、とても大切に想っていたのに自分の何かが原因で扱いが雑になっている場合もありますよね。胸に手をあてて考えてみてください。

 安心しすぎている
 面倒になった
 冷められた
 人として尊敬できなくなった
 浮気を知ってしまった

■尽くし過ぎてしまったケース

男性はパートナーとの付き合いが落ち着くと安心し(彼らはそれを信頼と言う)すべてを解放する傾向にあり、特に尽くされるとそれが当たり前になってしまいます。
知った仲なのだから気を使う必要がない、お洒落もしなくていいし外出せず部屋でゆっくりと過ごしたいと考えているかもしれません。
また相手を一度名前で呼ばなくなると恥ずかしいもので「いまさら」と照れているのかもしれません。

■自分のワガママが原因のケース

逆に、付き合ったときにあなたがワガママすぎて恋愛に疲れてしまったのかもしれません。
心当たりありませんか?!好きが勝ってはじめは一生懸命に尽くすけれど、あなたの要求がエスカレートしていき手に負えずシャットダウンしてしまったのかもしれません。
人として尊敬できなくなった相手との付き合いはもはや消化試合、もしかしたらつなぎとして付き合っていて他にかけ引きをしている女性がいるのかもしれません。

■浮気がバレたケース

浮気をしていませんか?!価値観はそれぞれ、異性とお茶をしただけでも浮気と捉える人もいますよ。
怒りを態度で示しているのかもしれません。

どうする?!

明らかにサブの女だとわかった場合やDVがある場合は別れるべきですが、ただ彼が安心してしまい雑に扱われていたり自分が原因で怒らせていたりする場合は別れる必要はありませんよね。
膝をつき合わせ話し合ってみましょう。

■彼が安心しきっている場合

「信頼し一緒に居る時間にくつろいでくれるのは嬉しいけれど」という言葉を添えたうえで使用人のような扱いやいつも部屋で過ごすデートばかりでは不満だという考えを伝えます。
大切な人に不愉快に思われていたことを知ったなら彼も改善するはずです。

■自分が原因で怒らせている場合

まずは彼に自分が悪かったことを告げてお詫びします。
どうすればもとの関係に戻れるか話し合い具体的に決めましょう。
例えば「嘘を言わない」「送迎はしなくていい」「割り勘でいい」など男性には具体的に示したほうが効果的です。

まとめ

彼から彼女でないような扱いを受けた場合、まずは原因を突き止めます。自分が悪い場合は早めに謝り言動を改める、相手に原因がある場合も早めに指摘して平等な関係を築きましょう。

関連記事

優しいだけじゃダメ!?媚びないオンナがモテる理由3つ...

生物学的に好き♡男性が年下女性にときめく瞬間8選...

好きな人のために痩せたい!恋をしたら始めるべきダイエット法5つ...

男性が身体目当てか否かを見極める4つのポイント...

「結婚はないな」男性が彼女に幻滅する瞬間8選...

Pocket
LINEで送る