Gemini(1)【AGIの噂】Googleの次世代AIモデル『Gemini』って?2024年は木星双子座!【久賀原鷹彦×辛口オネエ】

Gemini(1)【AGIの噂】Googleの次世代AIモデル『Gemini』って?2024年は木星双子座!【久賀原鷹彦×辛口オネエ】

TOP画像:Google launches Gemini—a powerful AI model it says can surpass GPT-4

☆告知☆2024年の世界の動向占い付き。辛口オネエの2024年の星占い電子書籍で配信スタート!
2024年の星占いby辛口オネエ | 辛口オネエ | モビぶっく(Mobibook)

過去記事:OpenAIからサムアルトマンCEOが追われて戻ったクーデター騒動は時系列で詳しく話してるよ↓
AGIの噂 | cyuncore (キュンコレ)

Microsoft勢力のOpenAIに対抗?今度はGoogleから次世代AIモデル『Gemini』が登場!

アメリカ時間の12月6日、日本では12月7日に、Googleが開発していると噂のあった次世代生成AIモデル『Gemini(ジェミニ)』がついに発表された。

この時点では提供される原語は英語のみだけど、一部サービスは本日より利用開始。日本からも利用可能だ。

特徴として、基盤モデルが『マルチモーダル』で、これまでのどんなAIよりも文脈やその背景を理解できるらしい。

そして、テキスト、コード、音声、画像、動画をインプットすることも、アウトプットすることも可能になっている。

また、AndroidスマホのPixel 8 ProではOSに組み込まれた「AICore」のアップデートでGemini由来の「オンデバイスAI」が搭載されるとのこと。

参考:「専門家を超えるAI」 グーグルの次世代生成AIモデル「Gemini」登場

最近AIニュース周辺でよく聞く『マルチモダール』とは?

マルチモーダルとは、複数の種類の情報を利用して高度な判断を行うAIのこと。例えるなら、画像と音声、テキストと動画、センサーとメタデータなどの異なるデータの組み合わせを入力して使うことができる。マルチモーダルAIは、人間のように複数の感覚を使って情報を処理することで、より正確で豊かな認識や表現が可能になる。マルチモーダルAIは、防犯やスポーツ、医療や介護など、様々な分野ですでに活用されている。

GoogleのGeminiについて詳しくまとめるのは骨が折れるから先に『なんでそんなネーミング?』

Geminiができること、人類への影響(苦笑)などはこれからまとめるけど、先に僕も所属している『開運占い軍団』としては、どうしても気になる『Gemini』ジェミニ、双子座、というネーミングに関する噂をまとめておくね(苦笑)

Googleの幹部に西洋占星術好きがいる!?2024年に凄いことになると言われるGemini、木星の双子座入りに合わせた??

gemini

Geminiを開発しているGoogle Deepmindは 2024年に更に強力なバージョン「Gemini Ultra」のデビューも計画している

辛口オネエによると2024年5月26日には木星が双子座入りをする。その時期は冥王星がまた水瓶座に入っている時期で、6月上旬には水星もホームである双子座入りをして、水星と木星が双子座で合し、冥王星とトラインになるそうだ。

双子座はコミュニケーションや知性、学習能力、情報処理などを司る惑星で、AIは、人工的な知性や学習能力を持つ技術として発展している。この組み合わせは素晴らしく、この2023年の時点で木星双子座の時期に大ブレイクが期待できる次世代AIが発表されたのは出来過ぎた偶然だ。

AIの二面性を『双子座』のネーミングは示唆している?

双子座は、12星座の中でも特に両面性が強いと言われる星座。双子座のシンボルは、二人の兄弟や姉妹を表す双子だけど、これは双子座が二つの顔や性格を持っていることを示している。

AIもまた、活用次第で人間にとって両面性があるのはすでにたくさん議論されているとおり。AIは、人工的な知性や学習能力を持つ技術として発展していて、人間の生活や社会に多くの利便性や革新性をもたらしす。医療や教育、芸術や娯楽など、様々な分野で人間の能力を補完したり超越したりすることができる。

その一方で、AIは人間にとって危険性や倫理性をもたらす可能性も大きい。人間の意思や感情を持たないから、人間の価値観や道徳観とは異なる判断や行動をすることがあるかもしれない。AIは、人間のプライバシーやセキュリティを侵害したり、人間の仕事や役割を奪ったり、人間の社会や文化を破壊したりする側面も持っている。

・・・と、わかっている誰かがわざと双子座、と名付けたのかな?というのは辛口オネエの妄想だから(苦笑)次の記事で、世の中で2023年12月7日の発表時点で囁かれているGeminiというネーミングにまつわる噂をざっと取り上げていくね。

続く。

【関連記事】

OpenAIからサムアルトマンCEOが追われて戻ったクーデター騒動は過去記事で時系列で詳しく話してるよ↓
AGIの噂 | cyuncore (キュンコレ)

2024年の世界の動向占い付き。辛口オネエの2024年の星占い電子書籍で配信スタート!
2024年の星占いby辛口オネエ | 辛口オネエ | モビぶっく(Mobibook)

関連記事

2024年の世の中(3)5月下旬木星双子座入りから7月中旬まで【辛口オ...

2024年の新月・満月一覧(時刻・星座付き)【辛口オネエの西洋占星術】...

2024年の世の中(4)7月下旬から11月頭まで【辛口オネエ】...

【2024年】天体逆行スケジュール【辛口オネエの西洋占星術】...

ハマスはパレスチナ樹立阻止のために造られた組織?【Ku】イスラエルとパ...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。