牛乳は消費期限が切れても飲んで大丈夫?賞味期限との違いと見極め方を解説

牛乳は消費期限が切れても飲んで大丈夫?賞味期限との違いと見極め方を解説

牛乳を、いつも冷蔵庫に常備しているご家庭は多いでしょう。「気づいたら期限が切れていた」なんて体験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。消費期限が切れると怖いイメージの牛乳ですが、どのくらいまでなら飲んでも大丈夫なのか気になるという方もいるでしょう。
そこで今回、牛乳は消費期限をテーマに、消費期限と賞味期限の違いや、飲んでも大丈夫なのかどうかの見極め方を詳しく解説していきます。

牛乳の消費期限と賞味期限との違い

牛乳の消費期限と賞味期限との違い

低温殺菌タイプの牛乳に表示されている期限の多くは、消費期限と記載されています。
消費期限とは、比較的傷みやすい食品や急速に劣化する食品に表示される「その食品を安全に食べることができる期間」のことです。
一方、賞味期限とは、缶詰や即席麺などのような傷みにくい食品に表示される「その食品を美味しく食べることができる期間」のことです。
つまり、牛乳に記載されている期限が消費期限の場合、その期限を超えると安全に飲めなくなる恐れがあるため、注意が必要です。ほとんどの牛乳は消費期限が表記されていますが、超高温殺菌タイプの牛乳は低温殺菌牛乳よりも殺菌されて傷みにくいため、賞味期限と表記されていることもあります。

消費期限切れの牛乳が飲めるかどうかの見極め方

消費期限切れの牛乳が飲めるかどうかの見極め方

消費期限が表記されている牛乳のほとんどは、低温殺菌されています。
そのため、一般的に売られている、超高温殺菌の牛乳よりも菌が残っている状態です。
人体に無害な菌のため問題はありませんが、牛乳の消費期限を過ぎることによって残った菌が増殖し、飲めなくなってしまうことがあります。
ここからは、消費期限が切れた牛乳でも飲めるかどうかの見極め方を見ていきましょう。

未開封か開封後かを確認する

消費期限切れの牛乳が飲めるかどうかを見極めるために重要なポイントは、未開封か開封後かです。
牛乳に表記されている消費期限とは、未開封で正しい保存状態であった場合に安全に飲める期限となります。
つまり、開封後であった場合は記載されている期限よりも早く飲み切らないといけません。開封後の牛乳を、美味しく飲むことができる期限は2〜3日といわれています。
開封済みの消費期限切れの牛乳は、期限が過ぎてしまっている時点で開封後からかなりの日数が経過しているということになるため、飲めなくなっている可能性は高いと思いましょう。

保存方法を確認する

牛乳の保存方法は、10℃以下の冷蔵保存と定められています。
そのため、牛乳を常温で保存していた場合には、消費期限が切れる前であっても腐っている可能性が高く、飲むのはやめておいたほうが良いでしょう。

消費期限切れの牛乳が飲めるかどうかの見極め方-2

においを確認する

新鮮な牛乳には、においはあまりしませんが、状態が悪くなってくると不快なにおいがします。
牛乳は、本格的に腐っていくと驚く程の異臭を放つこともあるので腐っていると気がつきやすいのが特徴です。
以下のようなにおいがした場合には、腐っている可能性が高いので飲むことは考えず処分をしましょう。

  • 酸っぱいにおい
  • 発酵したようなにおい

もし、消費期限切れの牛乳に不快なにおい感じたら、飲まずに捨てることをおすすめします。

色を確認する

新鮮な牛乳は、純白色です。牛乳が傷んできたり消費期限が切れたら、時間が経つにつれ黄色がかったりくすんだ色に変色します。
よく見分けられないと思ったら、透明なグラスに牛乳を注いで白い紙を並べて比較してみましょう。
また、牛乳の色が変わっていなくても粒状の固まりが見えたりとろみがある場合があります。これは、牛乳の中で菌が繁殖して脂肪が分離したり、脂肪同士が混じって固まるからです。
このような状態の牛乳は腐って飲めない可能性が高いので、飲まないように気をつけましょう。

消費期限切れの牛乳はそのまま飲める?

消費期限切れの牛乳はそのまま飲める?

消費期限と表示されているので、未開封で10℃以下の冷蔵保存であった場合でも期限内に飲むように勧められています。しかし「捨てるのは勿体無いし消費期限から数日なら飲めるのでは?」と思う方もいるでしょう。
そこで、消費期限切れの牛乳はそのまま飲めるのかどうか、経過した日数別に紹介していきます。牛乳は、未開封で正しい保存方法を前提に解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

消費期限切れ1日~3日の牛乳

消費期限切れから1日〜3日程度で、保存状態も良くにおいにも問題なければそのまま飲むことは可能です。
しかし、牛乳が開封後であった場合、消費期限は関係ありません。開封後から2、3日で飲むようにメーカーも推奨しているため、すぐに飲み切りましょう。

消費期限切れ5日の牛乳

消費期限切れ5日の牛乳は、どれだけ状態が良くにおいも問題なかったとしても、そのまま飲むには少し怖いですよね。
もし、飲めそうな状態であった場合には、牛乳を温めて飲んだり、料理に使ったり、しっかりと加熱するようにしましょう。
もちろん、加熱したとしてもすべての菌が殺菌されるわけではないので、においや色なども確認し、牛乳の状態によっては捨てるようにしましょう。

消費期限切れ1週間の牛乳

消費期限切れ1週間の牛乳は、状態が良くても飲めない可能性が高いので処分したほうが良いです。
牛乳がもし腐っていた場合、どれだけ加熱しても飲むのは非常に危険です。
また、牛乳はにおいを吸収しやすい性質を持っています。そのため、未開封だったとしても長く冷蔵庫に保管していると他の食品や料理のにおいを吸収してしまうため、美味しく飲むのは難しいでしょう。

牛乳は消費期限が切れる前に早めに飲もう!

牛乳は消費期限が切れる前に早めに飲もう!

牛乳は、比較的傷みやすい食品です。そのため、消費期限が過ぎてしまうと安全性に問題が出るので飲むことはあまりおすすめできません。
牛乳を美味しく安全に飲むのなら、できるだけ消費期限が切れる前に飲むようにしましょう。この記事を参考に、消費期限切れの牛乳の扱いには気を付けてください。

関連記事

裸で寝ると気持ちいい?!裸で寝るメリットについて...

絶対試したくなるオイルプリング!驚きの美容・健康効果とは...

風水的カーテン活用術まとめ!風水におけるカーテンの役割とは?...

夫婦円満の秘訣って?いつまでもラブラブな夫婦でいる秘訣とは...

12星座別☆1/31から2/6までの1週間の運勢とアドバイス...