カモミールの効果とは?副作用はある?カモミールティーの作り方と活用法も

カモミールの効果とは?副作用はある?カモミールティーの作り方と活用法も

目次

青リンゴのような甘い香りで世界中で人気のあるカモミールですが、実はカモミールには女性に嬉しい効果がたくさんあります。今回は、そんなカモミールの効果や活用方法、カモミールティーの作り方や飲み方をご紹介します。また、知らなかったカモミールの副作用や扱う際の注意点など、カモミールを正しく使うための必要な知識もご紹介しますね。カモミールは、アロマオイルやカモミールティーなどその使い方も多岐にわたり私たちの生活に癒しをもたらしてくれますよ。

カモミールとは

アロマやハーブティーなどでよく耳にするカモミールですが、カモマイルとも呼ばれるキク科の一年草です。西ヨーロッパやアジア北部が原産で白い花びらと黄色い花托(かたく)を付けるのが特徴です。

カモミールとは

そして、カモミールの歴史は古く、なんと4000年も前から人々の心を癒したり虫除けに利用したりと様々な使い方で利用されてきた最古の薬草であると言われています。現在ではハーブティーや芳香剤としてよく使われており、あらゆる生活のシーンに使えるハーブです。

カモミールの効果とは

カモミールは遥か昔から使われてきた最古の薬草。それだけの長い歴史に利用されるだけの素晴らしい効果がカモミールに期待できそうです。その効果を一つずつご紹介します。

カモミールの効果①女性の強い味方!生理痛を緩和する

カモミールは辛い生理痛の症状を和らげる効果があります。特にハーブティーとして飲むことで体を温め血流を上げる効果があるため、生理痛で強ばった筋肉の緊張を解いてくれます。

カモミールの効果②ストレスを解放しリラックス効果

カモミールの香りを嗅いだりハーブティーとして飲むことでストレスを解放させ心身をリラックスさせる効果があります。

カモミールの効果とは

仕事で行き詰まった時や肉体、精神ともに疲れた時などにカモミールは優しく効いてくれるでしょう。

カモミールの効果③胃の不調に効く

胃もたれや胃の痛みなど、ストレスによって生じる胃の不調にカモミールは効果的です。これはカモミールに抗炎症作用があるためで、荒れた胃の修復に働きかけるためです。

カモミールの効果④口内環境を整える

カモミールには口内を正常にしてくれる効果があるのでハーブティーにして飲むことで口内環境が整います。マウスウォッシュとして利用することもできるので、歯肉炎や口臭の予防としても役立ちます。

カモミールの効果⑤花粉症や鼻づまりなどのアレルギー症状に効く

カモミールの効果とは-2

カモミールの抗炎症作用が花粉症などの気管支の炎症を和らげる効果があります。また、アレルギー症状も和らげてくれるのでカモミールの香りを嗅ぐことで気管が拡張し呼吸が楽になります。

カモミールの効果⑥利尿作用でむくみ改善

カモミールは膀胱の筋肉を弛緩させる働きがあるので利尿を促す効果に期待できます。そのため、体に溜まった余分な水分が出て行きやすくなり、むくみ改善やデトックス効果に期待できます。

カモミールの効果⑦目の疲れや肌荒れのケア

カモミールに含まれるカマズレンと呼ばれる成分には抗炎症作用があるため、目の疲れや緊張性の頭痛を緩和してくれる効果があります。他にも、ストレスからくる肌荒れにも効果を発揮します。

使い方色々!カモミールの活用法

様々な効果が期待できるカモミールを生活の中に取り入れたいという人も多いでしょう。そこで、カモミールの様々な使い方、活用法についてご紹介します。

カモミールの使い方①お風呂に入れて芳香浴

使い方色々!カモミールの活用法

カモミールには肌の調子を整える効果もあるのでお風呂に入れて楽しむのもおすすめです。カモミールのエキスがお湯で抽出され甘い青リンゴのような香りが楽しめるのも芳香浴の醍醐味。作り方はカモミールの葉を乾燥させ、ネットに入れたのを浴槽に入れるだけ。もしくはカモミールの精油をハチミツやバスソルト、牛乳などで中和させ浴槽に数滴垂らすだけで簡単にリラックスタイムを味わえます。

カモミールの使い方②ハーブティーの代表!カモミールティー

女性の間で人気のハーブティーですが、そんなハーブティーの代表とも言えるのがカモミールティーではないでしょうか。カモミールティーを飲むことでリラックス効果や血流アップ効果があるので、疲れた体を癒してくれるでしょう。ちなみに、カモミールティーだけに限らず、ハーブティーは効き目がゆっくりなので日常的に取り入れる方が効果的と言えるでしょう。

カモミールティーの作り方&飲み方

ハーブを取り扱っているお店に行ってカモミールティーを購入すれば簡単にカモミールティーを作ることができますが、カモミールの葉でも簡単に作ることができますよ。

カモミールティーの作り方&飲み方

カモミールティーの作り方

①収穫したカモミールを優しく水洗いする
②水気を切って茎や葉っぱから花びらだけを取り除く
③取り除いた花びらをキッチンペーパーなどの上に乗せ2〜3日の間、天日干しにして乾かす
④完全に乾いたらコップに花びらを入れ、熱湯を200ccほど注いで数分待つ

残った花びらは乾燥剤と一緒に保存容器に入れておけば、次回にまた利用できます。

カモミールティーのおすすめの飲み方①寝る前

カモミールの持つ効果から、夜寝る前に飲むのがおすすめと言えます。

カモミールティーの作り方&飲み方-2

カモミールはリラックス効果があるので疲れた体と心に作用し、強ばった筋肉を弛緩してくれる飲み物。寝る前に飲むことで質の良い睡眠に誘導してくれるので、寝付きが悪かったり、不眠気味の人に有効な飲み方と言えるでしょう。

カモミールティーのおすすめの飲み方②便秘の時

カモミールティーは駆風作用といってお腹に溜まったガスを排出させる効果があります。そのため、便秘でお腹が張っている時やガス溜まりの時などに飲むことで苦しいお腹の張りを緩和してくれます。また、ガスを排出する際に一緒に腸のぜん動運動を促してくれるので便秘にも効果があります。女性の場合は特に便秘になりやすい生理前からカモミールティーを飲み始めると、便秘だけでなく生理痛の緩和にも役立ってくれるでしょう。

カモミールに副作用はある?注意点も

遥か昔から利用されてきたカモミールは様々な薬効成分が働くことで私たちに嬉しい効果をもたらしてくれます。また、生活の中でも日常的に取り入れやすいハーブであることからも、その扱いには注意が必要です。次にカモミールの持つ副作用や扱い方についてご紹介します。

カモミールの副作用

カモミールに副作用はある?注意点も

カモミールはキク科であることからキク科アレルギーの方には注意が必要です。また、発疹や喘息、嘔吐や胃痛、下痢、口の渇き、頭痛、舌の痺れ、めまい、不眠症などの副作用が出ることであるので何か異常が現れた場合は使用を中止しましょう。

直接点眼しない

カモミールは疲れ目にも効果を発揮しますが、だからといって直接点眼することは危険です。必ずカモミールティーや芳香浴などにして扱うようにします。

多量に服用しない

カモミールの効果をたっぷり感じたいという理由などで多量に服用すると下痢や嘔吐などの消化器系の不調を引き起こすことがあるので、1日2〜3杯程度にしておきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、カモミールの効果や活用方法、カモミールティーの作り方や飲み方をご紹介しました。また、知らなかったカモミールの副作用や扱う際の注意点などもご紹介しました。アロマにハーブティー、入浴剤など生活のあらゆるシーンにおいて使えるカモミールは、日々の疲れを癒してくれるハーブ。遥か昔から多くの人に利用される理由もわかりますね。参考になれば幸いです。

関連記事

グラウンディングとは何?瞑想?グラウンディングの効果とやり方...

転職するなら慎重に!20代・30代で転職するときのポイント3選...

卵焼きのカロリーは?卵2個だと?卵焼きはダイエット向きメニュー...

付き合う前のおうちデートエピソード!距離を縮めるたったひとつの方法...

酢だこのカロリーってどれくらい?たこのカロリーや栄養、酢だこさんやかこ...