気になる結婚式・披露宴のお呼ばれマナー!前日まで編

だんだんと温かくなり、結婚式などのお祝い事も増えてくる季節。
結婚式の招待状や連絡が届くと普段と違うフォーマルな場所でのマナーが気になりますよね。
でも、結婚式にお呼ばれすると当日までにもたくさんやることがありますよ!

今回は、気になる結婚式のお呼ばれマナーについて、特に前日までに準備するる部分についてまとめました。

招待状が届いたら・・・

①いつまでに返信するのがベスト?

答えは「なるべく早く」です。

新郎新婦は当日の料理や席などの準備のために、できるだけ早く当日の人数を把握したいものです。

招待状には期限が記載されていますが、できるだけ後回しにはせずに、2~3日中には返信するようにしましょう。

予定がわからないときは?

仕事の予定が読めなかったり、すぐに返信できない場合は、電話やメールなどですぐに返信できない旨を理由と合わせて連絡しましょう。

その際に最終的な返信期限を改めて確認しておくことが大切です。

どんなペンで返信すればよいの?

返信は黒の万年筆か毛筆がベストです。
それらの筆記具に慣れていない場合は読みやすさを重視してボールペンでも問題ありません。
黒に似た色ではありますが灰色のペンは縁起が悪いので使ってはいけません。

可愛らしい招待状が届いたときなど、こちらも可愛らしい色のペンで返信したいところですが、新郎新婦のご両親や他の人の目につくこともあります。

そのようなマナー違反は控えましょう。

ご祝儀について

ご祝儀袋は何を使ったらいいの?

ご祝儀を入れるご祝儀袋は、のし付きで水引の形が「結び切り」になっているものを使います。

お祝い事でよく使う水引には「花結び」という蝶結びの形の水引きがありますが、こちらは何度でもほどいたり結んだりできることから「何度あっても良い祝い事」に使うため結婚式に使いません。

また、ご祝儀袋には入れる金額によって外側の装飾が変わります。購入時に
確認するようにしましょう。

いくら包むのが正解?

包む金額は、新郎新婦との関係性について変わります。

新郎新婦の友人や後輩であれば「3万円」、先輩や上司であれば「3万円~5万円」といったところでしょう。

新郎新婦が親族である場合は、親族間のルールがある場合があるので、一度相談してから金額を決定しましょう。

欠席の場合の金額は?

最初から欠席のお返事をしていた場合は、5千円~1万円程度のご祝儀か同額程度のプレゼントを贈ると良いでしょう。
出席する旨お返事していたのにやむを得ず欠席になってしまった時は、挙式まで1か月以上時間がある場合であれば本来包む予定であったご祝儀の5~8割程度をお送りします。

このタイミングならまだお料理や引き出物のキャンセルがきくためです。

挙式まで1か月切ってしまっている場合は、キャンセルがきかなくなってしまうので満額お送りします。

どのタイミングにせよ、キャンセルする場合は新郎新婦に迷惑が掛かってしまうため、対面や電話でしっかりと謝罪し、お祝いの気持ちを伝えましょう。

 

当日は何を着たらいい?

ドレスのNGアイテム

ウェディングドレスと同じ白や花嫁よりも目立つような色のドレスはNGです。
また、ベアトップやミニすぎるドレスなど肌の露出も控えるようにしましょう。

肩の出るドレスを着るときはショールやボレロを羽織るなど、また柄物のドレスも避けたほうが無難です。

パンツドレスを履きたい人もいるかもしれんせんが、パンツドレスは礼装の中でスカートよりも格下になるため比較的カジュアルな装いになります。
フォーマルな会場では避けるようにしましょう。

カジュアルな会場なら問題ありませんが、ビジネスライクになりがちなパンツスタイル。
華やかな着こなしを意識しましょう。

 

靴・バッグのNGアイテム

ファーや革などの殺生をイメージさせる素材は使わないようにしましょう。フェイクであっても同様です。

また、オープントゥパンプスやミュール・ブーツなどのカジュアルすぎる靴もいけません。パンプスを履く際のストッキングも忘れないようにしましょう。

 

悩んだらドレスのレンタルサービスが便利

ドレスやアクセサリー、小物のチョイスに困ったらドレスのレンタルサービスを使うのも一つの手です。

最近はインターネットなどでもレンタルすることが可能です。
レンタルサービスならおすすめの世代や色でドレスを探すこともできますし、会場のフォーマルレベルでドレスを選ぶことができます。

結婚式ラッシュなどにあたってしまい「毎回同じドレス着てる」なんてことにならないのもレンタルサービスの嬉しいポイントですね。

 

セットサロンの予約も忘れずに

当日はドレスだけではなく、メイクやヘアもセットしなければなりません。

セットに自信がある方は自分でやってもOKですが、自信が無い場合はセットサロンの予約を忘れないようにしましょう。

特にロングヘアーの方はサロンに行くとセットの幅がぐっと広がるので華やかさもアップしておすすめですよ。

 

 

当日以外にも守るべきマナーはたくさん

ゲストのマナーは新郎新婦を表すといわれることもあります。

お祝いの気持ちで結婚式に行くのですから新郎新婦の顔に泥を塗らないように、当日以外も気を抜かずに、マナー違反に気をつけましょう。

Pocket
LINEで送る