結婚に関する簡単占い・おまじない5選

結婚を考える瞬間は、年齢に関わらず誰もが一度はあるものです。
しかし相手がいなくては出来ないのが結婚です。

そこで、将来の相手を探す簡単な占いをご紹介します。
日常の中で出来て友達と楽しめる、そんな5つの占いです。

<満月の神託>


満月の夜にしかできないおまじないです。
満月の夜に友達数人と野原に行きます。
輪になって座ります。
真ん中に銀のお皿を置いて下さい。
銀のお皿は月のシンボルなので、月の力をいただくことができます。
そのお皿の中で月桂樹(ローリエ)の葉を何枚か燃やし、キンセンカを投げ込みます。
あとは家に帰って眠りましょう。
夢に将来の恋人やパートナーが出てくるのを待つだけです!

<リンゴ占い>

リンゴは「愛の果実」として数多くの神話や言い伝えに登場する果物ですが、占いにも良く使われています。

リンゴを真ん中で割ってみて下さい。
種を数えて偶数だったら、結婚がもうするそこでしょう。
奇数だったらもう少し待たなくてはいけないようです。婚活中にやってみたい占いですね。
真ん中で割った時に、種を割らないように気を付けなくてはいけません。種を割ってしまうと、たとえ種が偶数でも幸せまでの障害となってしまうからです。

もし彼氏が複数いてどの人が良いか決めかねているのなら、リンゴの種にそれぞれの男性の名前をつけて自分の額に押し付けます。
長くくっついている種の男性が将来の相手です。
もし未来の夫のイニシャルが知りたいなら、リンゴの皮を切れ目のないようにぐるりと向きます。
その皮を右手で左の肩越しに投げます。
落ちた皮の形から想像できるイニシャルが将来の旦那さんとなります。

 <バジル占い>

彼が今後も自分に誠実かどうか自信がない時は、バジルの葉っぱで占いましょう。
新鮮なバジルを2枚摘み、1枚目の葉には彼の名前を、もう1枚には自分の名前をつけます。
そして両方を火にくべます。

萌えなかったり燃え残ったとしても、燃え方がゆっくりであればあなたへの愛は誠実なものです。
しかし勢いよく燃えてしまったら、彼はあなたのことを真剣に考えていないようです。

<サクランボ占い>

お皿に乗っているサクランボの種を数えます。数える時に「1つ目今年、2つ目来年、3つ目いつか、4つめ結婚できない」といいながら、これを繰り返していきます。最後にどこで終わりましたか?もし「結婚できない」となってしまったらもういくつか食べて運を調整してみましょう。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。