【星座×アロマテラピー】魚座の心と体におすすめのアロマテラピー

【星座×アロマテラピー】魚座の心と体におすすめのアロマテラピー

魚座の守護星は海王星であり、海の支配神です。海は意識・無意識の世界を表しており、豊かなイマジネーションと同時に混迷も生まれます。そのため魚座は、優れた感受性と、不安定な性格といった二面性を持ち合わせているといえます。

魚座におすすめ!自分自身を愛することを教えてくれるアロマテラピー

魚座の魂の根底には「無償の愛」があります。
ですから、困っている人を放っておけないところがあります。
大らかな愛で人を癒そうとする体質なのです。
しかし、魚座はその愛を自分に向けることが苦手です。
自分自身を支える力はとても弱いのです。
ローズとラベンダーが持つエネルギーは、そんな魚座を癒してくれます。
現実と向き合う精神の強さを与え、悩み疲れた心を回復させてくれるでしょう。
このように、自分を支える力を強化することによって、真に人を愛する意味が理解できるのです。
2つの精油をお好みで合計5滴浴槽に垂らして浸かる、アロマバスがおすすめです。
また、手浴も手への心地よい刺激が脳へダイレクトに届くため、感情がほぐれます。

魚座の人に決断力を与えてくれるアロマテラピー

直感力は鋭い魚座ですが、自分の判断に自信が持てないところがあります。
そのため、決断を下すことを先延ばしにしてしまい、「はっきりしない人」と思われることがあるでしょう。
せっかくのチャンスを逃してしまうことも・・。
そんな魚座には、決断力を与えてくれるサイプレスがおすすめです。
サイプレスは、「天高く昇る聖木」として、寺院や墓地などに植えられている樹齢50~60年以上に達するヒノキ科の植物です。
ジュニパーやヒノキと同じ成分が含まれており、森をイメージする香りが特徴的です。
オレンジとのブレンドも良く合います。
サイプレスとオレンジの精油を各1滴ずつブレンドした足浴がおすすめです。
足元からパワーが昇っていくことを感じましょう。
そしてその香りをゆっくりと深く吸い込みます。
悩んでいたことの答えを一つにまとめ、その答えを信じる強さを与えてくれるでしょう。

魚座の感情をコントロールしてくれるアロマテラピー

魚座は感受性が豊かで、表現力に富んでいます。
しかし、気分が不安的な一面も持っているため、感情の起伏は激しいといえます。
感受性が発達している分だけ、理性に弱いところがあるのです。
自分の感情コントロールが上手にできず、周囲の人も自分も疲れてしまう傾向があります。
そんな魚座は日頃から、アロマテラピーで感情の調整を心がけることが大切になってきます。
ベチバーとサンダルウッドのブレンドは、オリエンタルで神秘的な香りで、空間を落ち着いた環境にしてくれるでしょう。
アロマポットやディフューザーを用いた室内香で、ゆっくりと深呼吸をして瞑想をしましょう。
感情が安定し、本来の魚座らしさが取り戻せます。
ベチバーとサンダルウッドの香りは、共に感情の鎮静に効果的であり、ベチバーは土の香りが素朴で、力強い安心感を与えてくれます。
「静寂の精油」とも言われてきたストレスの万能薬なのです。
サンダルウッドは、古代から寺院の建物に使用されてきた木材であり、オリエンタルでウッディなその香りは瞑想に向いているといわれています。

魚座におすすめの食べるアロマテラピー

魚座のパワーフードは海の幸です。
魚介類や海藻類に良質な海塩を取り入れたお料理で英気を養うことができます。
魚介類を使ったお料理には、ハーブソルトなども良く合います。
また、魚座の副守護星である木星を支配している芳香植物にオレンジとジャスミンもあるので、オレンジ・ジャスミンも食卓に並べたいものの一つといえます。

魚座へのアドバイス

魚座は本来、献身的に尽くす愛の星座ですが、感情のコントロールが苦手なため、持続性の無さが気になります。
機嫌が悪いときは、冷淡になることも多く、天使と悪魔といった二つの側面を持っているのです。
魚座にとっての課題は、この気分の浮き沈みをコントロールすることです。
アロマテラピーの力を借りて、理性の声に耳を傾けるよう心がけましょう。
そんな魚座が、鋭い勘を活かすことができれば、時代の流れを素早くキャッチし、素晴らしい人生を切り開くことができます。
リーダーシップを取るのは苦手でも、人を奮い立たせてまとめる素質はあります。
努力を注ぐことができる目標を定めさえすれば、持ち前の努力と勤勉さで目標を達成することができるでしょう。

最後に

このように、魚座は周囲からすると、つかみどころのない性格に映りがちだということがわかります。
ですが、大らかな愛で人を癒そうとする体質であるため、「気分屋だけど憎めない人」といったイメージになっているようです。
周囲が手を差し述べたくなるような、不思議な魅力でもあるのですね。
その持ち前の性格は、人をまとめることを学ぶことで生かさるのでしょう。
人の気持ちを思いやるためにも、自分を癒すことを知るためにも、アロマテラピーが効果的といえます。

関連記事

セリアのダブルガーゼで「キッズ用プリーツマスク」を手作り!...

津波の夢は宝くじが当たるって本当?夢占いではどんな意味?...

出産準備はいつまでに何が必要?出産に必要はものは余裕を持って備えよう...

食パンの耳のカロリーは?食パンの耳に栄養はある?食パンの耳を使ったラス...

【コミックエッセイ】漫画家を目指したキッカケは数字だけしか見られない世...