清明☆4月4日-4月10日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

清明☆4月4日-4月10日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

清明☆4月4日-4月10日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

芦屋道顕が名前とその週の運気の相性から恋愛運を占う『音魂占い』です。

占いの見方: ファーストネーム(下の名前)の始めの文字の母音と、その週の運気との相性から占います。

例:あやか、かなこ、さりな、たばさ、なな、はるか、まみ、やえこ、らん、わかな→あ行/いくみ、きこ、じゅり、ちえ、にいな、ひかり、みか、りな→い行/うらん、くみこ、すず、るな、ゆい→う行/えり、けいこ、せりな、てるよ、ねね、へれん、めい、れいな→え行/おりえ、このみ、そら、とうこ、のりこ、ほなみ、もえ、ようこ、ろーら→お行


4月4日-4月10日の世の中

うつけもの

『うつけ者(正位置)』

5日に二十四節気の『清明』を迎えるこの週、春は本番となれど天の気と地の気はそれそれに荒ぶり、予期せぬ事態を引き起こしがちとなるようじゃ。

それが天変地異だけならばまだ諦めもつくが、人の世では人と人との情熱あるいは負の感情も強まり荒ぶり、それらは諦めがつかず誰かを攻める結果となりかねぬ。このような週は意識して心が荒ぶる原因から距離を置くのが一番。SNSやニュースもつい文句を言いたくなることばかり目に入るならあえて交流や情報取得を求めず、一人で浸れる世界を見つけられると良いな。散歩、日帰り湯、筋トレなどネットを離れて心身を休めるのも運気回復になるであろう。

あ行 恋愛運

体調を整えることがまず何よりも大切で、恋は二の次じゃ。健康に翳りがあれば見た目にも影響し、愛しき人と逢う機会があっても前向きには捉えられず、離れていれば心も負の感情に支配されてしまうやもしれぬ。

逆に、己が体調万全なおぬしは相手や周囲への気遣いを忘れずにおきたいとき。ちょっとしたことをしんどいと言い、花粉がなどと言う誰かのことを決して見下したりそのしんどさを無視せず、気持ちだけでも寄り添ってやることじゃ。新たに出逢った相手にも同じじゃぞ。

い行 恋愛運

相手を思い通りにしたいという気持ちに苦しむやもしれぬ。思うような反応が返って来ず、想いがなかなか伝わらずにいると、事態を己の手で動かしたくなるやもしれぬが、この週は焦りは禁物じゃ。相手も新年度でバタバタしているやもしれず、あるいは体調を崩しているやもしれぬ。

そして、もしおぬしと向き合うことを妨げるそのような理由がないにも関わらず、時間が取れず思うような反応がないならば、追えばますます逃げるのみ。黙って手放し、ほかにおぬしの愛を受け取るにふさわしき相手を探すが良いぞ。新たな出逢いは新たな集まり、学びの場にあるようじゃ。

う行 恋愛運

嫉妬や独占欲、対抗心と愛を取り違えぬよう気をつけたい週じゃ。誰かに対して、本当はそれほど好意を抱いているわけでもなく、実は「都合のいい男」扱いをしてきたにも関わらず、その男が他の女性にチヤホヤされたり親しげにしていると「好きかも?」と思うような勘違いじゃな。また、誰かが連絡が途絶える、SNSの投稿がなくなるなどでもソワソワするやもしれぬ。

これは本命がいるおぬしも同じで、安定した関係にも関わらず変に独占欲を出さぬよう、また、まだ片想いならばなおさら自分だけ燃え上がらぬよう、この週は皆が忙しいことを思い出し、おぬしも新年度のやるべきことに気持ちを向けて過ごすと良いようじゃ。

え行 恋愛運

見た目で人を判断するなかれ、と道徳的なことを説く人々も多く正しくはあるが、ある年齢ともなると人は生きてきたその生き方、内面が見た目に出るものじゃ。

この週、おぬしは既知の人々も新たに出逢うた人々も、以前までとは「何かが違う」と感じるやもしれぬ。 その「感じ」はやはり相手の見た目から受ける印象が大部分であろうが、その感覚を信じるがよい。また、そのようなことはないことを願うが、しばらく逢えなかった大切な人がコロナ太りをしていてもご愛嬌ではあるが、おぬしと頻繁に逢えていたときよりも「やけに垢抜けた・かっこよくなった・ファッションや髪型のセンスが変わった」ならば、少々心境の変化が心配じゃ。おぬしも内面は後で良いゆえこの週、この新年度から心離れされぬよう、まずは「外見」を磨くことじゃな。

お行 恋愛運

今週は平穏に過ごすと心に決めて、大切な誰かや周囲の異性の些細なことは気にせず、売られた喧嘩も買わずに受け流すか「負けるが勝ち」を心がけていれば望み通りに過ごせるようじゃ。また、これまでも平穏な関係だった誰かとの間には取り立てて何かが起きる気配もなく、そもそも喧嘩も発生しないはず。

しかし、おぬしが何かと神経質になり、いや「気付いてしまう」ことで、寝た子を起こすことがあるやもしれず、起こしたい子……。今まで見過ごしてきたけれど話し合わねば、確認せねば、と思えることは多少の言い合いは覚悟の上で話し合う必要はあるようじゃ。新年度で相手も潜在的には「変えなければ、変わらなければ」と思うているはずで、売り言葉に買い言葉をせず相手を尊重して話せるならば、雨降って地固まる結果となるであろう。

☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ ☆★☆

芦屋道顕の現代の呪バックナンバー

姉妹メディア【ベリーグッド】でも連載★
芦屋道顕の過去記事はこちらから

★芦屋道顕のメニュー・読み物も★

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

関連記事

『試し行動』に注意!1月10日-1月16日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い...

【冬至】12月20日-12月26日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い2021...

【満月】12月13日-12月19日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★202...

月蝕◯11月15日-11月21日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2021...

【新年☆2022年】1月1日-1月9日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い】...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。