『試し行動』に注意!1月10日-1月16日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

『試し行動』に注意!1月10日-1月16日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

1月10日-1月16日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2022年】

芦屋道顕が名前とその週の運気の相性から恋愛運を占う『音魂占い』です。

占いの見方: ファーストネーム(下の名前)の始めの文字の母音と、その週の運気との相性から占います。

例:あおい、かなた、さき、たかこ、なみ、はづき、まみ、やえこ、らら、わかな→あ行/いくみ、きらら、じゅり、ちほ、にこる、ひかり、みか、りな→い行/うらん、くみこ、すずか、るな、ゆうこ→う行/えみこ、けいこ、せりな、てるよ、ねね、へれん、めい、れいな→え行/おりえ、このみ、そにあ、とうこ、ののか、ほのか、もも、ようこ、ろーら→お行


1月10日-1月16日の世の中

式神

『式神(正位置)』

10日に上弦の月で始まるこの週は18日の満月に向けて月は光を増すものの人の世には嘘や偽り、またそれを怪しむ疑心が増して、天がどうあれ暗鬼が跋扈する週となるようじゃ。

これは男女仲にも影響し、あの人は私を愛していないのでは、彼女は浮気をしているのではと疑心暗鬼に駆られ「試し行動」をしたくなり、してしまう男女も出てくるようじゃ。「カマをかける」「浮気している前提で相手を断罪する」「別れる気はないのに別れると切り出す」などは、この週の時点でもう「そっちがその気なら」と相手を憤慨させ愛を冷めさせることもあるやもしれず、この週は駆け引きに勝ってもゆくゆくは「あのとき、俺を/私を試したよね?」と、愛が冷めゆく大きな理由として蓄積する。

ゆえにこの週は、愛しき人への「疑念」は時期のせいやもしれぬと思うことにして、態度や言動にはせず、したい衝動に駆られるならばいっそ相手と会わず他のことに打ち込んで過ごすが良いぞ。

名前の頭文字別の恋愛運は次のページ▶︎

関連記事

12星座別☆6/27から7/3までの1週間の運勢とアドバイス...

今日のタロット占い(2022年2月19日の運勢)みりあむの毎日タロット...

【タロット占い】運命の相手とは、いつ、どこで出会える?...

日蝕●11月29日-12月5日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2021年...

【冬至】12月20日-12月26日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い2021...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。