【恋愛編】急激に増えている『人でなし』が平気でする酷い所業6選【芦屋道顕×Ku】

【恋愛編】急激に増えている『人でなし』が平気でする酷い所業6選【芦屋道顕×Ku】

今回はわし、芦屋道顕と恋愛コンサル・KUGAHARAのコラボによる恋愛に関わる人でなしの話じゃ!

■続々と人間界にやってきているあれらは何者??

新型コロナ騒動の2年の間にもさらに増えたようであるが、実に近年は幽界が消滅に向い、人間界に魔界や異界の輩が続々と入り込んでいる。

また、人間を家畜のように思うている宇宙存在も入り込み、さらには獣や形を持たぬ有象無象が人間の形を求めて入り込んでくることも、どうやら増えている。

関連記事★
魂の見分け方(1)魂の状態は「目」に現れる。魂を抜かれたか別人か憑依か?

(1)いじめ加害者の霊的正体:法で裁かれぬ輩の末路はより悲惨

すでにいくつかの記事で、それらの正体については話したが、今回さらに増えている人外の輩の話をする前に、それらがなぜ、人間に入り込んでいると人間が酷い目に遭うのか、どのようなことをするのかについて話すぞよ。

調べたところ、多くの善男善女がそれぞれ居場所もシチュエーションも、関わる相手も当然異なるにも関わらず「どれも同じ魔物の仕業では?」と思えるほど、似たような被害を受けていた。

しかし小さなことまで取り上げるとキリがないゆえ、リアルに出会う輩の所業と、ネットで見かける誰やらの所業、リアルかネットか関係なく、異性のエネルギーを吸い取り厄を押し付ける異性編と、シチュエーション別にそれぞれ6つずつ挙げることにしたぞよ。

おぬしの周囲にいる憎き輩、恐ろしき輩、またはネット越しであっても「何かおかしい」輩は実は人の姿をした「人外」の者からもしれぬ。

■人でなしの酷い所業6選【恋愛編】

恋愛編はネット・リアル問わずじゃ。今回はおぬしが女性で、人でなしが男性の場合じゃ。

1. 名前や年齢、職業を偽りバレても平然としている

リアルでの知り合いであれば心配はないが、婚活アプリやSNSで知り合った相手には時々あることじゃ。プロフィールを偽る時点でその男はクズ確定ではあるが、昨今は本名ではなく登録できるSNSもあり、自己防衛のためもある。親しくなって「実は本名は◯◯で、年齢はごめん、サバ読んでたけど実は◯歳」などとカミングアウトしてくれるならまだ、良心があり打ち明けた相手には真剣であるゆえ、ワンチャン信頼回復の機会を与えてやるのもありじゃな。

2. 話の辻褄が合わず追及すると逆ギレまたは話を逸らす

例えば年齢や職業などはごまかしていると話の辻褄が合わず、次第にボロが出るようになる。そのようなとき、追及しても平然と嘘をつき続け、女性側が証拠を見つけて暴いたら「え?別に大したことないじゃん。みんなやってるだろ出会い系のアプリのプロフィールなんてさ」などと開き直る。あるいは逆ギレして話がそれ以上できなくなる。または「それよりさ、最近給付金詐欺が」などと、さも自分の嘘など大したことのないかのように話を逸らす。

3. 既婚者・彼女持ちでも妻や彼女がいることを隠さず誘ってくる

【恋愛編】急激に増えている『人でなし』が平気でする酷い所業6選【芦屋道顕×Ku】
100歩譲ってあらゆる嘘を許せても(許さぬほうが良いが)『既婚者・彼女持ち』を隠して独身シングルと偽り身体の関係を持ち、婚活女性の貴重な時間を食い潰す男の嘘は、許し難いものであろう。

4. 元カノや元妻を悪者にする

さも相手が悪く、自分に非がないように言い募るが、そのような男は新たにどのような性格の良い美女と付き合おうと、振られたらその美女が嫌なやつだの顔も整形だのと吹聴するのじゃ。しかも、それに「悪気がない」人外の輩は魂も心もないか、あっても人間のそれとは異なるゆえ、良心もなければ罪悪感も持たぬのじゃ。

5. 女性に常に追わせるよう駆け引きをする

人外の輩が人間の世界に留まるためには、人間のエネルギーを必要とする。そのエネルギーは愛情などではなく、不安や悲しみ、苦しみなどの負のエネルギーじゃ。また、執着や嫉妬心も彼らにとっては美味かつ滋養があるようじゃ。そのようなエネルギーを常に吸い取るために恋愛感情を利用するのは輩の常套手段。「離れていても、彼のことを想う」「彼の言葉や行動の意味を考えてやきもきする」のは恋愛中の乙女として可愛らしくはあるが、相手が人間ではなく人外であればその想いはエネルギーとして吸い取られるのみなのじゃ。

6. 愛情がないとバレても平然と身体の関係を続けようとする

これも、人外の輩は元々愛情などで女性と関わるのではなくそのエネルギーを奪うために「恋愛もどき」の言動や態度で女性に心を開かせ身体の関係も持つ。人間の男の肉体を持っているからには性欲は発散せねばならず、その対象として誰かを重宝していたとしても、いなくなれば他を探せば済むこと。ゆえに、相手にバレたところで、何も困らないのじゃな。

今挙げた6つのどれかが当てはまる者は人間にもいることはいるが、昨今は普通に見えても何かしらの憑依を受けている者、魂がない者や抜けてしまった者、魂はあるもののさまざまな要因でその光が萎縮し現世の悪きエネルギーに揺さぶられてばかりの者なども多い。中には、何かしらのきっかけで憑依が取れたり魂の光を取り戻せたりする者もいるが、多くの場合『人でなし』は一生『人でなし』じゃ。自分の愛で救ってやろうなどと思わず、おかしいと感じたら腐れ縁を断ち切り離れるのが幸せへの第一歩じゃぞ。

関連記事★

(1)いじめ加害者の霊的正体:法で裁かれぬ輩の末路はより悲惨

魂の見分け方(1)魂の状態は「目」に現れる。魂を抜かれたか別人か憑依か?

関連記事

覚醒・目覚め(1)新型コロナ騒動であやつは茶番に気付いているか?チェッ...

【リアル編】もう人間ではない本当の『人でなし』の特徴6選【芦屋道顕×K...

【ネット編】アプリやSNSに巣食う『人でなし』の特徴6選【芦屋道顕×K...

霊的目覚めの妨害(1)大事な話のとき必ず『うたた寝する』のは妨害じゃ!...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。