(1)いじめ加害者の霊的正体:法で裁かれぬ輩の末路はより悲惨【芦屋道顕の現代の呪2】

(1)いじめ加害者の霊的正体:法で裁かれぬ輩の末路はより悲惨【芦屋道顕の現代の呪2】

(1)いじめ加害者の霊的正体:法で裁かれぬ輩の末路はより悲惨

■いじめ加害者が逃げ切れる時代は終わった

最近もまた、北海道での凄惨ないじめ事件がようやく明るみに出たものの、今もどこかでは「いじめ」と呼ばれる、本来ならば「精神的・肉体的暴力」が行われ、いじめっ子といじめられっ子などという軽い言葉で済ませられぬ被害者と加害者が発生しているやもしれぬ。

しかし、ひと昔前に比べればやはり、あらゆる悪事の因果応報を妨げていた地球の呪法が解けて、悪事が表沙汰になるまでの月日は短縮し、悪人が裁かれやすくもなってきているのは確かじゃ。

ゆえに、もしこれを読んでいるおぬしが今現在、いじめという名の卑怯者集団による暴力に晒されているとしても、決して絶望することはないぞ。

これからの世の中では、過去の悪行も暴かれ、暴かれずともそのような輩はいくらでも再犯を繰り返すゆえやはりその正体が明るみに出て、しかるべき裁きが法により下されよう。

■法で裁かれない加害者の末路はより悲惨

しかし、残念なことに法で裁かれないまま野放しになる加害者もやはり今後も出続ける可能性はゼロではない。集団で巧妙に、他人には判断がつかぬやり口をする集団いじめ、被害者を精神的に徹底的に追い込むことで訴訟などする余力もなくしてしまう加害者集団も存在する。

それがどういった集団なのかは後にして、まずはそのように法的な裁きを逃れた加害者達の末路がどのようになるか、ここからは少々どころか、いわゆる因果応報の怖い話となるゆえ、自分ごとでなくとも不快に思う読者もおろう。「いかに、酷いことをした極悪人でも、そのような罰を受けることを面白おかしく話すのはいかがなものか?」と思うおぬしは、この記事を読むのはここまでにしてくだされ。

他の霊的な話はこちらじゃ↓
芦屋道顕の現代の呪バックナンバー

しかし、

「いや、自身も酷いいじめの被害者だ。残念ながら、加害者達に法の裁きを受けさせることはできなかったから、彼らに因果応報が起きる日を待ち望んでいる。どんな悲惨なことが起きるか楽しみだ」

と思うおぬしは、読み進めてくだされ。

続きは次のページ▶︎

関連記事

(4)いじめ加害者の霊的正体:闇の集合体は弱体化中。ニュースで知る霊的...

(3)いじめ加害者の霊的正体:加害者達はただの傀儡。裏で操る者がいる【...

覚醒・目覚め(1)新型コロナ騒動であやつは茶番に気付いているか?チェッ...

(2)いじめ加害者の霊的正体:いじめ加害者に起きる因果応報あるある【芦...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・Kuの3名の共同アカウントです。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。