願いが叶うハーブを使ったおまじない3選!金運を引き寄せるハーブとは

願いが叶うハーブを使ったおまじない3選!金運を引き寄せるハーブとは

ハーブといえば、料理やリラックス効果を得るためのものといった考え方が一般的な中で、ハーブと金運を結びつけるのは、その意味を知らない人にとってはいささか無理があるように思えることでしょう。ですが、ハーブには太古の昔から不思議な力が宿っていると考えられ、古代ローマの司祭たちはその不思議な力を得ていました。その不思議な力はあらゆる運に影響を与えることができるのです。ここでは、願いが叶うハーブを使ったおまじないとして、金運アップのおまじないに的を絞り、金運を引き寄せるハーブと、金運に効果を発揮するハーブを使ったおまじないについてまとめていきたいと思います。

マネードローが人気!ハーブとお金の関係とは

アメリカでは「マネードロー(金運アップ)」と呼ばれるものが人気だそうです。
マネードローとは、金運を引き寄せ、お金の巡りを良くするオイルであり、オイルの原料となる植物や、ハーブで作られています。
ルームフレグランスとして、またアクセサリーとして身近なところで香りを楽しみながらまとっているオーラを浄化し、願望達成のためのエネルギーを得るというものです。
最近は日本でも販売されており、利用する人が多くなっているようです。
一見、何の繋がりもないように思える「香り」と「お金」ですが、実は密接につながっているのです。

マネードローが人気!ハーブとお金の関係とは

金運を引き寄せるハーブ①ミント

ミントは金運・治癒・治療・魔除け・守護のパワーを持つと考えられています。
ミントの鮮やかな緑色の葉とすっきりした香りから、金運アップを願うおまじないに使われます。
繁殖力が強く、小さな株からどんどん成長していくため、金運アップに良いといわれているようです。
ミントの香りにはネガティブな気持ちを解消する作用もあります。

願いが叶うミントを使った金運アップのおまじない

ミントの葉を数枚、財布の中に入れると金運がアップするといわれています。
ミントには様々な種類がありますが、中でもオレンジミントの葉が良いようです。
摘んだばかりのオレンジミントの葉をお札の上でこすってから、そのお札を使うとお札がまた戻ってくるといわれています。
お金をしまってある場所をミントの葉でこするというのもオススメです。
また、ペニーロイヤルミントを身に付けると、邪眼から守られ、商取引をする際の助けになるでしょう。

金運を引き寄せるハーブ②カモミール

カモミールには、ジャーマンカモミールとローマンカモミールがありますが、いずれもリラックス効果の高いハーブとして知られています。
そんなカモミールは金運をもたらす作用もあるといわれているのです。
快活な性質を持つカモミールは、昔からお金を呼び込むおまじないとして使われていたようです。

願いが叶うカモミールを使った金運アップのおまじない

カモミールとラベンダーのティーバックを用意します。
叶えたい願いをリストアップし紙に書きます。
これらを封筒に一緒に入れ、封をします。
枕の下に置き、ゆっくり眠ります。
カモミールには、安定した瞑想状態へ導く働きがあります。
そしてラベンダーには心の平穏さと幸福感を呼び込む働きがあります。
ですから、この二つの力を合わせると自分の夢を想像しやすくなり、願いが叶うヒントが夢として現れることや、願いが現実となった未来を夢で見ることができる可能性が高まると考えられています。

宝くじを購入する前にはカモミールティーを飲むと良いとされます。
また、ギャンブラーはカモミールを煎じた液で手を清め、必勝祈願をすることもあるのだとか・・。

金運を引き寄せるハーブ③ラベンダー

ラベンダーには、愛情・守護・浄化・幸福・平和のパワーが宿ると考えられています。
これだけを見ると、一見、金運とは無縁のように思えますね。
しかし、ラベンダーは金運においても効果を発揮してくれるものなのです。
それは、ラベンダーが持つリラックス効果が大きく影響しているようです。
金運において重要なのは、お財布の中やお金のある場所・環境を見直すことにあります。
ですから、お金が居心地の良い環境であることが金運を招くと考えられているのです。
この事から、ラベンダーのリラックス効果がお金にとっても良い影響を与えると考えることができます。

願いが叶うラベンダーを使った金運アップのおまじない

硬貨を中心とした7種類のお金を用意します。
(例えば、日本円を増やしたい場合は、1円・5円・十円・五十円・百円・五百円・千円札)
これを赤い布袋に入れ、ラベンダーも入れます。
この袋を7日間持ち歩くとお金が増えるといわれています。
このおまじないは、7種類のお金を7日間持ち歩くため、お金は7倍に増えるといわれているのです。

最後に

このように、古代ヨーロッパの魔女たちが使っていたというハーブには、エネルギーやパワーが宿っており、これを上手に利用することで、開運やお守りとして役立てることができるということがわかりました。
とはいえ、「ハーブが苦手」という人もいるでしょう。
ですが、世界中にあるハーブの種類は約300種類とも500種類ともいわれています。
数あるハーブを調べてみると、自分の好みに合ったハーブが見つかるかもしれません。
そのハーブが持つ意味を調べて、運気アップに役立てることができるでしょう。

関連記事

ホントありえない!私が出会ってきたとんでもないダメンズの特徴【体験談】...

セックスが気持ち悪い…セックスが気持ち悪いと感じる理由と対処法とは...

まだまだ暑い!残暑デートを成功させるポイント6選♡...

キッズスペースDIY①セリアのクラフトラックがジャングルジムに!簡易階...

オタク男子と付き合いたい!オタク男子の特徴や脈アリサインなど徹底解説!...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る