イスラエルとパレスチナ(1)第三次世界大戦の火種との預言とイスラエル建国までをざっくりと【Ku】

イスラエルとパレスチナ(1)第三次世界大戦の火種との預言とイスラエル建国までをざっくりと【Ku】

2023年10月7日、イスラエルとパレスチナが戦争状態に

イスラエル

AI生成

2023年日本時間10月7日、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織『ハマス』が、イスラエルに多数のロケット弾を発射し、戦闘員を侵入させた。イスラエル軍はガザへの空爆を行うなどの報復行動に出て、イスラエルのネタニヤフ首相は自国が『戦争状態』だと発表した。

ハマスがロケット弾数千発 イスラエル首相「戦争状態」 – 日本経済新聞

SNSなどではさまざまな意見が飛び交っているけれど、イスラエルとパレスチナの問題の歴史は正直なところ長く複雑な歴史があり過ぎて、迂闊なことが言えない状況になっている。僕自身も、どっちに正義があるともどっちが悪いとも言えないし、かといって『どっちもどっち』なんて言葉で片付けられる問題でもないと思っている。

イスラエルを巻き込んだ中東地域の戦争は『第三次世界大戦』の始まり?

何より、現実的にもイスラム組織ハマスを支援するイランや複数のイスラム圏の国々と、イスラエルを支援するアメリカを始めとする西側諸国との戦争まで発展する危険性がすでに見えていて、これが『後で振り返ると第三次世界大戦の始まりだった』となるのではと危惧されている。

キリスト教の福音派を始めとして、複数存在するこの世の終わりに関するキリスト教に根ざす終末預言では『第三次世界大戦が起きて、それが人類滅亡の危機となる』としている。

各種の預言の内容はそれぞれに異なる部分もあるけど、大きな筋書きは同じだ。

イスラエルの樹立(建国)後に、第三次世界大戦が勃発する。戦争は中東地域から始まる。戦争が激化してたくさんの人々が犠牲になった頃、主イエスキリストが再臨して、悪の軍勢と闘う『ハルマゲドン』が起きる。ハルマゲドンでは、善人(この場合、キリスト教を信仰する信者)が救われて、平和が訪れる……。

※かなりざっくりまとめたから、異なる部分も多々あると思うけどご容赦ください。

この地域の歴史に詳しい人達の間でもイスラエルとパレスチナの問題は「どこに発端があるのか?」について、意見が大きく分かれ、どこかの時点を主張しながらも「詳しいことを言えばもっとずっと昔からだよね」と、なっているようだ。国際問題として考えると、有名な映画『アラビアのロレンス』が描いた時代、『イギリスの三枚舌外交のせい』だけど、宗教問題とするなら『旧約聖書』が出てきてしまう。(この認識も、僕の浅い理解レベルだから、そのあたりはご容赦を)

そこで、第三次世界大戦に繋がるかもしれないこのイスラエルとパレスチナの歴史をまずはざっと挙げてみるね。

イスラエルとパレスチナの歴史をざっくりと

紀元前10世紀頃に存在したイスラエル王国とその滅亡まで

パレスチナ地域は、現代では東をヨルダンに接する「ヨルダン川西岸地区」と、西を地中海、南をエジプトに接する「ガザ地区」に分かれる。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地として重要な土地。

【紀元前10世紀頃】ユダヤ人※によるイスラエル王国がエルサレムを中心に栄えていた。

※この当時の『ユダヤ人』は現代では『セファルディム』とされている、主にアラブ・アフリカ・アジアに住んでいたユダヤ人の子孫で有色人種。今のイスラエルに居住するのは『アシュケナジム(アシュケナージ)』とされるドイツ語圏や東欧諸国に住んだユダヤ人の子孫で白人系。

その後、イスラエル王国はローマ帝国やイスラム帝国などの侵略を受けて滅亡。ユダヤ人は『ディアスポラ』世界に散らばった。

★ユダヤ民族のディアスポラとは?

ユダヤ民族のディアスポラは、ユダヤ人が故郷のパレスチナから世界各地に離散した状態を指す言葉。紀元前6世紀にバビロニアによる捕囚が最初の契機で、その後もローマ帝国によるエルサレムの破壊や追放、中世のキリスト教社会における迫害や迷信、近代の民族主義やナチズムなど、さまざまな要因でユダヤ人は散らばった。

現在のイスラエル建国まで

イスラエル国旗
【19世紀-20世紀】ヨーロッパで迫害を受けていたユダヤ人の間で祖国復帰運動(シオニズム)が盛り上がる。パレスチナの地に、ユダヤ人の国家を建国することがヨーロッパのユダヤ人の悲願となる。

【1917年】第一次世界大戦中、パレスチナの地を統治していたイギリスが、ユダヤ人の国家建設を支持するバルフォア宣言を発表。

これに反発したパレスチナのアラブ人は、イギリスの支配に抵抗。

【1947年】第二次世界大戦の終戦後、国連がパレスチナの地をアラブ人国家とユダヤ人国家に分ける分割決議案を採択。翌年、1948年5月14日、イスラエルが建国を宣言。

アラブ諸国はこれを認めず、第一次中東戦争が勃発。

続く。

★参考サイト・メディア

パレスチナ問題

中東混迷の原点 「パレスチナ問題」を振り返る – 日本経済新聞

2分でわかる!「イスラエルってどんな国?」パレスチナ問題を1からおさらい

★久賀原鷹彦(Ku)の過去記事
※KUGAHARAの表記を今月から久賀原鷹彦に改めます(苦笑)

Kuの社会勉強

Kuの世界の動向

関連記事

パンデミック条約(1)ワクチン義務化に?2024年5月採択予定の『パン...

Gemini(3)GPT-4を超えた!?Googleの生成AIモデルG...

イーロンvs.サムアルトマン(1)イーロンからの訴訟にブチ切れ!本気の...

マウイ島火災(2)DSによる『地上げ』の噂。保険会社は焼け出された住民...

イーロンvs.サムアルトマン(2)OpenAI本気の公式『抗議ブログ』...

ABOUTこの記事をかいた人

『辛口オネエの開運占い』メンバー、辛口オネエ・芦屋道顕・久賀原鷹彦(Ku)の3名の共同アカウント。【免責事項】開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。