(1)国家侵略を止めるための明るい社会ムーブメント【2021年下半期と近未来/辛口オネエ】

(1)国家侵略を止めるための明るい社会ムーブメント【2021年下半期と近未来/辛口オネエ】

早いもので、もう2021年も半年過ぎようとしてるのね。と、毎年言ってるけど(汗)で、この2021年下半期の12星座の『恋愛運』はもう占い済みで、今回もモビぶっくから電子書籍が出るし、アプリでは先行配信始めたわ↓

【辛口オネエ】2021年下半期の恋愛運『あなたの恋のすべて』アプリにて先行配信中!

あとは最近、恋愛や結婚はともかくとして「まず、自分自身がこんな変な時代に、まともに生活していけるのか?」みたいな不安を抱えてる人がけっこう多くて、あとは「すでにパートナーはいて、そっちは心配ないから、ざっくりした全体的な運勢が知りたい」という人も増えてるのよね。ということで、12星座別の下半期の全体運は作成中だけど(汗。またギリギリになるかも)

取り急ぎ、2021年下半期とこれから数年の「近未来」の世の中についてはここで話していくわね。

■2021年下半期のスタート・7月は『社会改革ムーブメント』のお祭り騒ぎ

7月は月初から獅子座で金星と火星が同座。火星と牡牛座天王星がスクエア。火星と天王星のスクエアはプチ革命期でそれだけだと暴動が起きて大騒乱、みたいな感じ。

だけど今回は火星と金星が同じ獅子座にあって、なんというかその革命的な衝動が「明るい」のね。虐げられた者達が、虎視眈々とその時を狙って国家転覆の策謀を実行、みたいな重苦しさがなくて「ムーブメント」的な。

■忍び寄る全体主義にようやく気付き目覚める日本

言いたいことのある人達が抑圧されてるといっても、例えば日本ではまだまだ、この2021年7月を迎える段階では、街頭で演説しても人民解放軍に銃口を突きつけられて連行されるまではいってない。だからといって安穏としてる人ばかりだったら、もういつそうなってもおかしくないところまで、日本は中共に入り込まれているそうよ。

山羊座にすでに冥王星がいて、そこに土星が、続いて木星がやってくる2019年から2020年には「戦争があるかも」とか、軍国主義が、とか物騒なこともだいぶ話したけど、幸いにも物理的な、爆撃し合って兵士も民間人もどんどん殺される昔ながらの戦争は起きなかった。だけど、表向きには平和は保たれてるけど、この新型コロナがそうだとも言われてるように、戦争を他国への侵略と財産の奪取と考えたら、形を変えて日本はもう戦時下だ、と言ってる有識者もいて、なるほどねー、と思ってたんだけど。

続きは次のページ▶︎

関連記事

【ちょい読める】2021年下半期の恋愛運『あなたの恋のすべて』モビぶっ...

【辛口オネエ】2021年下半期の12星座分の【全体運テーマ】アプリで配...

(4)『コミューンの時代』に『結婚・夫婦』の代替となる新たな関係とは【...

非婚時代(1)「結婚すること」が当たり前ではない時代と「離婚」の増加【...

(3)6月の日食と星回りが実体化する下半期は『権威の失墜』が【2021...

ABOUTこの記事をかいた人

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。