アラサー必見!30歳を超えても魅力的な女性でいるためのコツ

アラサー必見!30歳を超えても魅力的な女性でいるためのコツ

きちんとしなくてはいけないという思いや下からの突き上げなど、30代に突入すると様々なシーンでストレスを感じますが、どうすれば自分らしく生きられるかを考え取り組むことが大切です。

特に恋愛について、魅力的な30代女性がたくさんいるいま「アラサーだから男が寄ってこない」という理由は通じません。
年齢ではなくそれ以外に理由があると考えるべき、今回は30歳を超えても魅力的な女性でいるためのコツについて考えていきましょう。

 

できないのは年齢が原因ではない

周りの女性を見てください。アラサーになってもキラキラして楽しく生きている人はたくさんいますよね。また30代後半で結婚し、子どもをもうけている人はたくさんいるし、30代の独身男性もたくさんいます。

それなのにどうして今の自分にパートナーができないのか?!

客観的な立場になって考えてみましょう。

■自分を諦めていない?!

基礎代謝が低下しているのだから太るのは仕方がない、結婚を後輩に追い抜かれたりパートナーができなかったりするのも仕方がない、年齢を理由に多くを諦めていませんか?!
そういった勝手な諦めは言葉や態度にあらわれます。
ネガティブな女性を魅力的に思う男性はいません。

■老けていない?!

アラサーとはこうあるべきと固定観念を持って自分に似合わないファッションをしていませんか?!
確かにアラサーになってまでフェミニンなファッションは似合わないかもしれないし、年齢相応のファッションをすることは大切ですが、雑誌に掲載されているようなものが自分に似合っているかというと、そうとは限りません。
体型や雰囲気を考え自分に合うファッションを心がけましょう。
どういった色やファッションが似合うかわからないときはショップの店員さんに相談すると良いです。

■慣れていない?!

色々なことに劣等感を覚え、はじめは悔しいと思いながらも、堕落した生活を直せなかったり、お金が足りなかったりで、できないことに慣れていませんか?!
例えば「デキる人は足元から」ということはわかっているのにヒール部分の皮が破れたまま、お直しに行く手間や費用を考え見てみぬふりをしていませんか?!
デスクが散らかっていてもその状態の方が「どこに何があるかわかる」と理由を付けて整理せずに放置していませんか?!
だらしない女性や清潔感のない女性は相手にされません。

■責任ある行動をしている?!

職場ではある程度の発言が許される年齢に到達し仕事も任されるようになる、後輩もいるということで、実力に伴わない「こなれた感」を出していませんか?!
するべき仕事を後輩に押し付けたり目標を達成できない理由を誰かのせいにしたりしていませんか?!
こなれた感が出ているとデキる人という印象を与えることができますが、実力が伴わないと男性だけでなく誰も評価してくれません。

できないのは年齢が原因ではない

面倒なことこそ丁寧に

社会人になって日が浅く毎日がキラキラしていたころは仕事を一生懸命に覚えネイルの手入れや巻き髪も苦に感じませんでした。
しかし年齢を重ね恋愛が遠のき毎日に疲れはじめると自分磨きすら面倒になってしまいます。
それは疲れや怠慢が原因です。
面倒だなと思うことはたくさんあるけれど、そういったことこそ丁寧に取り組んでみましょう。

■丁寧で前向きな発言を

テンションが上がらない日は人と接するのが面倒です。
しかし機嫌が悪いからといってヒステリックになったり、相手が不快になるような言葉を発したりする女性は魅力を感じない、たとえ生理中で辛くても変わらず丁寧で前向きな発言を心がけましょう。

■言動に責任を持つ

自分の発した言葉によって誰かが傷ついていないか、プレッシャーをかけていないか、責任逃れな言い方をしていないか、他人の立場になって物事を考えるようにしましょう。
後輩に厳しくても、すすんで仕事に取組み成長をサポートしてくれるような先輩は支持されるし周りの評価も高いです。
そういった女性は誰からも好かれます。

■持ち物を綺麗に

物の扱いはその人の性格があらわれお育ちの良い男性はとても気にします。
いい大人が汚れたり壊れたりしたものを平気で使っているのは恥ずかしいし身の回りが散らかっているのも恋愛対象外にされる可能性があります。
綺麗に使うのは大前提ですが、壊れた場合は早くお直しに出しましょう。

■ムダ毛を処理しよう

脇や手足はもちろん、眉毛が伸びきっていたり口元にヒゲがあったりしては恥ずかしい、ふとしたときに異性と関わるチャンスが訪れます。
口元の産毛など男性と至近距離で話せるなら剃っておくべきだったと後悔する可能性もある、あらゆるシチュエーションを想定して面倒でも脱毛は丁寧にしておきましょう。

■痩せたいなら動く

痩せたいなと思ったとき食事制限が頭をよぎると思いますが、まずは動きましょう。
すすんで書類を届けに行ったり備品を整理したり、職場でも十分な運動ができます。
また日常生活で可能な限り歩くことを心がければ血行が良くなります。
血行が良いと自律神経のバランスが整い生活すべてにプラスに働きます。

面倒なことこそ丁寧に

色々なことに諦める態度は日常生活のなかで自然と出てしまいます。

なかなかパートナーができないときは年齢のせいではなく自分の言動が原因なのではないか?!と疑い日頃の自分を客観的になってチェックしてみてください

関連記事

カラーボックスと積み木で☆ローテーブルをDIY...

キッズスペースDIY①セリアのクラフトラックがジャングルジムに!簡易階...

ウッドボックスで簡単☆サイドテーブルをDIY...

自分では気づいていない「女に嫌われる女」の言動とは?...

キラキラ女子は痛い⁉︎キラキラ女子の特徴と偽キラキラ女子...

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る