【家にあるものでトレンドジーンズが作れる!】ダメージジーンズのセルフDIYをご紹介♪

ここ数年、裾を切りっぱなしにした「カットオフデニム」が流行し、今や定番化してきましたよね!私もカットオフデニムが欲しくて購入をしたのですが、それが大失敗。

普段デニムを購入しているお店があるのですが、そこで販売されるカットオフデニムは大人気!
再販してもいつもすぐに売り切れてしまうほどです。
そのため、違うお店でカットオフデニムを購入してみたところ、なんだか太って見える気が・・。
やっぱり、自分のスタイルに合うデニムが良いですよね。

そこで、普段デニムを購入しているお店で普通のスキニーデニムを購入し、それをカットオフデニムに変身させることにしました!
それと併せて、今回はダメージの入れ方もご紹介します。

ダメージジーンズのセルフDIYにチャレンジしたけれど、うまくできなくてジーンズをダメにしてしまう・・なんて方も必見ですよ〜♪

 

完成品がこちら☆


完成したダメージジーンズがこちらです♪履いている写真ではないため分かりにくいかもしれませんが、膝あたりに結構ざっくりと穴が空いています。

裾は足首が見えるくらいにカットしました。

 

用意するもの

家にあるものでとタイトルにあるように、用意するものはハサミ・カッター・ピンセット・ペンのみです♪
ただし、カッターを使用する際はテーブルなどが傷つかないよう専用のマットがあると良いですよ。
私普段DIYでも使用している端材を使用しました。

カットオフデニムはハサミとカッターのみ!

まずは裾をカットするカットオフデニムから作っていきましょう。

  1. どのくらいの長さにカットするか決めます。私は実際に履いて足首が出るくらいの長さにしました。裾を折ったらデニムを脱ぎます。
  2. あとは躊躇せずに裾をカット!足首が綺麗に見えるよう、こんな形にカットしてみました♪

裾にダメージを入れていきましょう。

  1. カッターで上から下に引っ掻いていくと、こんな感じにほぐれていきます。
  2. 全てほぐしたらハサミで長さを調整しましょう。
  3. 後ろ側は軽くほぐしただけにしてみました。

こんな感じに仕上がりました!洗濯すればもう少し馴染むと思います♪

 

ダメージジーンズを作るポイントはピンセット

次にダメージを入れていきます。本当はがっつり入れたいけれど、これからの時期は寒いので我慢・・。

  1. 実際にデニムを履いてみて、ダメージを入れたいところにボールペンで印をつけます。チャコペンや消えるペンなどもありますが、ダメージを入れればボールペンで書いた箇所はなくなるので問題ないです♪
  2. 印はこんな感じ。本当に適当です。
  3. 印に沿ってハサミでカットして・・
  4. カットした部分をカッターで少しだけほぐします。

ここがポイント!!カッターでほぐすと糸が出てくると思いますが、写真のように青い糸だけをピンセットで摘まみ出していくと、白い糸だけが残ります♪

こんな感じです。ただ、これだとあまりにもきっちりとしているので・・

カッターで適当に引っ掻いてそれっぽくしたらダメージジーンズができあがりますよ♪

おわりに

私が初めてダメージジーンズをDIYしたのは中学生の頃ですが、とにかくネットで調べた情報全て試しました!

ただ、性格上「時間(手間)のかかるもの」「技術がいるもの」はどれも失敗。特にヤスリがけなんて、どれだけ頑張っても何も変わりませんでした(笑)

そこで編み出したのが今の方法。

ヤスリがけもカミソリも使わない。おかしくなってもカッターでごまかす(引っ掻く)だけでそれっぽくなってしまうのです♪

とっても簡単なので是非試してみてくださいね!

 

関連する記事


【ひとりの時間をおしゃれに楽しむ】ニトリでつくる快適空間♪

洗濯だけじゃない!洗濯ネットの活用アイディア9選

お弁当箱からテーブルまで!ピクニックグッズを100均で揃えよう☆

衣替えシーズン!不要になった服の処理や収納方法を写真付きでご紹介♪

材料は100均アイテムだけ!“マクラメ編みしない“タペストリーをDIY

オキシ漬け初体験!ビフォーアフター写メ公開☆

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。