材料は全て100均!おしゃれな「カフェワゴン」をDIY☆

以前、100均アイテムで☆おもちゃのレジスターをDIYという記事を執筆した際にレジスターを作ったのですが、特に決まったポジションもなく、いつもテーブルの上に置いて遊んでいました。しかし、先日ままごとキッチンをDIYしたこともあって、「キッチンで作ったものを売るワゴンを作って、そこにレジスターを置きたい!」という思いが。

ただし、ままごとキッチンも安く制作できたとはいえお金が掛かりましたし、部屋が狭いということもあるため、“安く・可愛く・キッチンよりコンパクトに”という条件で制作することに。

そこで今回は、100均の材料のみで作る、「おしゃれなままごとカフェワゴン」の作り方をご紹介します!今までDIYした中では一番のお気に入りです♪

完成したカフェワゴンがこちら☆

100均で揃えた材料とは思えない出来栄えになりました!(自己満ですが・・)ナチュラルな色合いが素敵だったので、敢えて塗装はしませんでした♪

それでは作り方をみていきましょう!

 

100均のすのこ板を活用します!!

完成写真を見ると板がたくさん貼ってありますが、これは全て100均のすのこ板です!

左がダイソーで購入した桐すのこ31×30cm(6枚分)、右がセリアで購入した桐すのこ45×20cm(4枚分)です。

どちらも解体してバラバラにしてするのですが、この時に出た端材は色々と使えるので取っておきましょう♪

すのこの解体方法を調べてみると、マイナスドライバーを使った方法やトンカチを使った方法が出てきます。ただ、私の場合どちらもうまくいかず・・かなり大雑把ですが、素手でも取り外すことができました(笑)

  1. 角棒にすのこ板を貼り付ける

    ダイソーで購入した角棒910m×15m×15mを4本用意します。

    2本を1組と考え、31×30cmのすのこを好きな高さまでボンドで貼り付けながら並べていきます。すのこを取り外す際に2枚ダメにしてしまったので、11枚ずつ貼り付けました。

  2. 端材も捨てずに活用!棚板作り

    セリアで購入した45×15cmの板と45×12cmの板を、すのこの解体の際に出た端材で写真のようにボンドで繋ぎ合わせます。これを3枚作りました。

  3. すのこ板に棚板を付ける


    ①で作ったものに棚板を設置します。板の反りが酷いものもありますし、強度も心配なので、L字金具を購入しておきました。左がセリア、右がダイソーの商品です。

    下段の棚板は固定するため、四隅にL字金具を取り付けます。

    ネジの先が出ないよう、端材を当てました。

    少しグラグラするので、さらに角棒にもL字金具を取り付けて固定します。
    あとの2段も好きなように取り付けます。

  4. 正面にもすのこ板を貼り付ける

    正面には45cm×20cmのすのこ板を貼り付けていきます。こちらは16枚全て使いました。

    内側はこんな感じです。

  5. 枠作り!天井を固定する

    セリアで購入した45mm×15mm×15mmのヒノキの棒を4本用意し、うちの2本を27cmにカットします。写真のようにL字金具を取り付けて枠を作ります。

    ネジを上から取り付けて天井を固定しました。これで土台の完成です。

  6. 装飾したら完成☆★

    装飾をしていきます♪

    先日息子が田舎へ帰った際に初めて星を見て以来、星の形が大好きに。セリアで購入したオーナメントを2個付けしました☆

    左下の車輪は先日買うと高い「車輪」のインテリアをたった400円で製作♪で作った車輪です。

    右側にはワゴンっぽく見えるように余った木材で取っ手をつけました。

    キャンドゥで購入したランチョンマットを棚板の形に合わせてカットして乗せ、レジスターを置いたらままごとカフェワゴンの完成です☆

 

関連する記事


牛乳パックでお片づけを楽しく☆乗り物小物入れを工作

目からウロコ!余ったフェルトとスポンジがままごとの食材に♪

お弁当箱からテーブルまで!ピクニックグッズを100均で揃えよう☆

材料は100均アイテムだけ!“マクラメ編みしない“タペストリーをDIY

オキシ漬け初体験!ビフォーアフター写メ公開☆

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

aki17

2歳の息子を育てるシングルマザー。将来息子に不自由させないよう、プチプラアイテムを上手く使って日々節約に励んでいます。 『シンプル・お洒落』な生活がモットー。 100均で作るDIY、ニトリやIKEAを利用した片付け術、しまむらやコストコなどのおすすめプチプラアイテムなどを紹介します。