自然の恵みでむくみを改善(1)秋冬が旬の「ごぼう」を食べよう

朝起きたら、むくみで顔が一回り大きくなっている。

昨晩、泣いたわけでもないのに、起きたらまぶたが腫れぼったい。

前の日に水分を摂り過ぎたのであれば、そのせいだろうとも思えるものの、それも心当たりがない。

ホルモンバランスが乱れてむくみがちになる生理前や生理中でもない。

健康診断では特に腎臓や肝臓に異常がなかった、健康体のはずの私がなぜ?

……と思ったら。

水分の摂り過ぎと病気以外での「むくみ」の一番考えやすい原因は「塩分の摂り過ぎ」です。

人間の身体は、体内の塩分濃度を常に一定に保とうとする働きがあります。

そのため、塩分を摂り過ぎると血中の塩分濃度を下げるために、水分を体内に留め置こうとして、本来排出されるはずの水分を排出しなくなってしまいます。

外食や加工食品に頼りがちな生活では、自覚しないうちに塩分を多く摂っている場合がありますので注意が必要ですね。

■塩分の摂り過ぎによるむくみを撃退するには?

利尿作用のある食べもの=カリウムの多い食材を摂取する

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

SAE

登録販売者・オカルト美容家。自身の身体を実験台に、エイジングケア・アトピー肌の改善・アトピー寛解後の後遺症である色素沈着、ムーンフェイス改善に注力。所持資格:登録販売者・植物療法士・アロマコーディネーター・クレイテラピスト。