嫌われてる気がする…勘違いか本当かを確かめる方法を紹介

嫌われてる気がする…勘違いか本当かを確かめる方法を紹介

目次開く

自分は仲良くしていると思っていても、ある日突然そっけない態度をとられることがあります。「嫌われてる気がする…」と感じる瞬間は誰にでもあるでしょう。しかし、実はあなたが嫌われてると思い込んでいるだけで、本当はそうではないのかもしれません。
この記事では「嫌われてる気がする」と感じたときの対処法について解説します。嫌われてる気がするのは勘違いなのか本当なのか、ぜひこの機会に確かめてみてください。

嫌われてる気がするのはどんなとき?

嫌われてる気がするのはどんなとき?

まずは、どんなときに「嫌われてる気がする」と感じるのか、一般的に多いケースを見ていきましょう。

自分だけ誘われない

周りがイベントごとで盛り上がっているのに、なぜか自分だけ誘われないときに嫌われてる気がすると思いませんか。
1回ならまだしも、同じようなケースが数回続くと嫌われてるのではないかと心配になるでしょう。

話の輪に入ると会話が止まる

楽しそうにしているグループの輪に自分が入った途端に会話が止まることはありませんか。
「この人がいると話しづらい」周りが何か察したかのように気まずい態度を取ると、そのなかの誰かから嫌われてる気がしますよね。

扱いが雑

他の人にはとても丁寧に対応するのに、自分との会話や作業では雑に扱われてしまったときも、嫌われてる気がするのではないでしょうか。
仕事を教えてもらえなかったり、一緒に作業している自分を放置しその作業に関係のない人と楽しく会話しながら作業したりされるとモヤモヤするでしょう。

避けられる

嫌われてる気がするのはどんなとき?-2

何かと避けられるのも嫌われてる気がする行動の一つです。
学校や職場などの通勤で自分と会わないよう時間をずらされたり他人を介して用事を伝えられたり、偶然出会った場合も別の場所に移動されたりしませんか。

目を見てくれない

最低限の話はするものの、こちらの目を見てくれない、心ここにあらずという相手の態度は、嫌われてる気がしますよね。

興味を持たれていない

同じグループの中にいても関わりを持ってくれないとこに気づいていませんか。
また、自分の趣味や好きなことなどについて話したとき、返事がなかったり他の話題に変えられたりすると、嫌われてる気がします。

不当な評価をされる

他の人に比べて自分の評価が低い気がしませんか。
周りと同じ作業なのに不当な評価をされたとき、嫌われてる気がしてしまいます。

個人的なつながりを断られる

学校や職場以外でもつながっていたいとSNSで相互フォローしたいと伝えたとき、あれこれ理由をつけて断られると嫌われてる気がするでしょう。

嫌われてる気がする…と悩みやすい人の特徴

嫌われてる気がする…と悩みやすい人の特徴

人間関係で同じ経験をしても、感じ方は人それぞれです。そこで続いては、「嫌われてる気がする…」と悩みやすい人の特徴を紹介します。

自分嫌い

自分で自分を好きになれない人は、みんなからも嫌われているに違いないと思ってしまう傾向にあります。
自分の言動を振り返り否定し、こんな自分なんか嫌われると悲観的になってしまうのです。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、自分の失敗や欠点ばかりに目をやりがちでしょう。自身のない言動はマイナス要素が多く、周りの空気を悪くしてしまうため、嫌われる原因になります。

嫌われてる気がする…と悩みやすい人の特徴-2

他人と自分を比べがち

人は人と思いながらも自分よりも優れた人と勝手に競ってしまい、勝てない自分に悲観してしまう…。
そんな人も、「自分は嫌われてる…」と思い込んでしまう傾向にあります。
「あの人に声をかけるのに自分には声をかけてくれないのはあの人が魅力的だから」など他人と自分を比べる人も、嫌われてるかもと感じやすいかもしれません。

認められたい気持ちが強い

自分がすばらしい人間であることを周りに認めさせるために、一生懸命奉仕していませんか。このタイプは認められたい気持ちが強く、周りが求めていないことまでやってしまう傾向にあります。
周りの人のために自主的に取り組むのは悪いことではありませんが、賞賛などの見返りを求めがちではありませんか。こんなに奉仕したのに、期待していた反応やお礼がないと嫌われてる気がすると思ってしまいますよね。

気持ちに余裕がない人

気持ちに余裕がないと、作業も人間関係にも気が回らず失敗を繰り返しますよね。自分の悪い部分ばかり目立つので、嫌われてる気がすると感じがちです。

嫌われてる気がするのは勘違い?本当かどうかを確かめる方法

嫌われてる気がするのは勘違い?本当かどうかを確かめる方法

自分が嫌われてる気がすると感じても、もしそれが勘違いならば嬉しいですよね。
そこでここからは、嫌われてる気がするのが本当かどうかを確かめる方法について解説します。

自分から話しかける

嫌われてる気がするのは本当か、いちばん自然にチェックできる方法は、自分から相手に話しかけることです。
まずは「おはよう」「お疲れさま」など当たり前にするあいさつで声をかけてください。
あいさつを交わして他の会話につながったら嫌われてる気がするのはあなたの勘違いですよね。
あいさつだけで他の会話がないときは自分から話題を振ってみてください。そこで避けられたり不快な表情をされたりしたときは嫌われていると判断しても良いでしょう。

自分と他の人への接し方をチェックする

前項のあいさつしてそのまま避けられたときは、自分と他の人への接し方をチェックしてみてください。
同じような態度のときは勘違い、その人の気分でたまたま冷たく扱われただけだと思っても良いでしょう。
一方で、他の人とは楽しそうに話しているのに自分と話すときだけ不愉快そうにしているならば嫌われていると判断せざるを得ません。

共通の友人などに聞いてみる

嫌われてる気がするのは勘違い?本当かどうかを確かめる方法-2

あいさつや会話などで相手の気持ちが読めないときは、思い切って共通の友人などに聞いてみてください。嫌われていなかったら即答されますし、言いづらそうなときはおそらく嫌われているのでしょう。共通の友人に相談することで、嫌われた原因が具体的にわかり、対処の糸口が見つかるかもしれません。

直接相手に聞く

あえて自分が傷つく行動をとるのは勇気がいるものですが、はっきりとしたいならば直接相手に聞いてみるのも一つの方法です。
相手が即答し嫌われていないことを知ると、自分が勝手に悲観的になっていたことに気づけます。それは自分の悪いと思っている部分を良い方向に直せるきっかけになりますし、相手だけでなく今後の人間関係についても気を配るようになるでしょう。
また、嫌われてるのではなく、あなたの何かに腹を立てている場合も態度が冷たくなりますよね。直接聞いて指摘された内容をすなおに直せば、相手との関係も回復するのではないでしょうか。
このように直接話してくれる人は、本当はあなたに好意を抱いていたり期待してくれたりする人かもしれません。
一方で言葉を濁したり、無視しその場を去られたりしたときは、嫌われていることを痛感する瞬間になります。ショックですが、嫌われてるのを知る勇気も自分を成長させてくれるでしょう。

嫌われても気にしない!考え方を変えてみよう

嫌われてる気がするときは、モヤモヤするし人間関係が嫌になることもあります。しかし、考え方を変えて、その機会をプラスにとらえてみませんか。
なぜ嫌われてる気がするのか、客観的に自分を分析してみてください。自己中心的になっていないか、相手を傷つけるような言動はないかなど振り返り、悪い部分を直すと相手との関係も修復できるかもしれません。
また、人には「合う」「合わない」があると思うと、嫌われてるのに気づいたとき「合わない人なのだ」と割り切れませんか。どんなに優秀でも万人に愛されている人はいないと思うと、気持ちが楽になりますよね。
欠点を直し自分に自信がつくと、たとえ嫌われても気にしないくらいの強いハートが持てるようになりますよ。

関連記事

にんにくの効果とは?効果的な食べ方やにんにくの作用について...

一日中セックスしたい!セックス漬けを楽しむ方法とは?...

プルーンの効果とは?効果的な食べ方やプルーンエキスの効能も...

サイドプランクとは?やり方や効果、できない人に試して欲しいこと...

くしゃみが臭いのはなぜ?臭い玉って何?原因と対策を徹底解剖!...