インフルエンザ蔓延中!ワクチン・うがい・手洗い+αに話題の『板藍根のど飴』を

インフルエンザ蔓延中!ワクチン・うがい・手洗い+αに話題の『板藍根のど飴』を

各地で注意報や警報が発令され、猛威をふるうインフルエンザ。

全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は187箇所(1都1道2府34県)、注意報レベルを超えている保健所地域は308箇所(全47都道府県)となった。
(中略)
2017年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約554万人となった。
(中略)
国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間(2017年第50週~2018年第2週)ではAH1pdm09が最も多く、次いでB型、AH3型の順であった。

引用元:インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所)2018/1/17

初期症状段階での風邪との見分け方として今までは「インフルエンザでは高熱が出る」が確実でした。

ですが、今年流行しているインフルエンザのうち、B型は高熱が出ないケースも多く、インフルエンザと気付かずに通勤通学や外出をしてウイルスを知らず知らずのうちに拡散させてしまうことも。

★高熱以外のインフルエンザの初期症状は?

高熱が出なくても、悪寒、頭痛、関節痛、充血などがある場合は、インフルエンザの可能性を考えて外出は控えたいですね。

■インフルエンザに「マスクは無意味」ではない

最近、インフルエンザウイルスは市販のマスクのフィルターでは防げず、顔との隙間からもウイルスが入るので無意味との話が広まっていましたが、インフルエンザは「飛沫感染」のため、マスクは有効だそうです。

すでに感染している人はマスクをすることで咳やくしゃみでの感染拡大を防ぎ、感染していない人も感染者の飛沫から鼻と喉をガードできます。厚生労働省も「咳エチケット」として、マスク着用を推奨しています。

【#インフルエンザ の #マメ便り 】
「咳エチケット」のポイントです。
1)咳(せき)・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しよう。
2)鼻汁・痰(たん)などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に!
3)咳(せき)をしている人にはマスクの着用をお願いしてね。

関連記事

あそこのかゆみ・におい対策ってどうしてる?人には聞けないデリケー...

    
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加ブックマーク
LINEで送る