こんなジンクス知ってる?残念なサイン編

あなたはジンクスを信じますか?

今回は残念なサインをご紹介します。
何か良くないことが起こる前触れと言われているものが残念なサインです。凶兆とも言われます。
ついていない時、病気の前兆、事件や事故のサインなど、悪いことのほうがより気になってしまいますね。
そんな日常のあらゆる悪いサインを集めました。

  1. 戸がひとりでに閉まると、一族に災いが訪れる

    インドのジンクスです。反対に、ひとりでに開くのは狂乱の前触れとも言われています。

  2. 味噌の味が変わったら、変事がある

    これはその家独特のものである味噌に変化があることで、家の恒常性が破れるような変事の前兆とみなされできたジンクスです。

  3. 朝出がけに靴下やストッキングが伝線すると、その日は運が悪い

    いつもどおりではないことに前兆を感じるというジンクスです。何かのお知らせととります。

  4. 鳥が家の中に飛び込んでくると凶事が起きる

    ごくまれにこんな事が起きますが、人間の住む家に本来いないはずの鳥が入ってくることはお知らせであると捉えます。死や病気の予兆となることが多くあり、カラスや蝶も同じように考えられていました。

  5. 犬が出発する人の足を嗅いだら何かの前触れ

    右膝なら「女性とのいさかい」左膝なら「財産を獲得する」左ふとももなら「感覚を喜ばせるものの享受」右ふとももなら「親しい友人との不和」そして両足では「旅行の中止の訴え」と言われています。どれも犬からの大事な訴えなのです。

  6. 食事中にスプーンが折れると凶事が起こる

    いつも使っているものが理由もなく壊れるのは、使っている人の身に何かの異変が起こる前触れであるという発想です。茶碗や箸も同様に考えられています。

  7. ツバメが巣を移動すると火事になる

    毎年来ているツバメが巣をかけないのは、そこに嫌がる原因があるからだと考えます。移動したり巣を直したりしないのは、将来何かあるから住まないのでしょう。他にもツバメの渡りが途絶えると家運が傾くと言われます。家がなくなる可能性があるということでしょう。

  8. 掘ってもいないのに水が出たり、水のにおいや味がおかしくなると、大きな災害の前兆

    これは今であれば大地震の前の地殻変動という事も考えられます。地下から出る水に異変があるためです。しかし飲み水だけでなく、池の水の色がおかしくなったり、本来透明であるものが透明ではないことを前兆とみなすのは、昔からの言い伝えでは多く残っています。

  9. タマネギが黒くなると、家族の誰かが疫病に感染する

    これはヨーロッパのジンクスです。ヨーロッパではタマネギが魔除けになるという信仰があります。長持ちするはずのタマネギに異変があることで凶兆やお知らせと読み取ったのです。この信仰から部屋に置いておくとタマネギの効果で風邪をひかないと言われていました。

  10. 塩をこぼすのは凶兆

    塩を神聖視するヨーロッパのジンクスです。塩をこぼしてしまったら、右手でひとつかみし左の肩越しから投げると厄が祓えると信じられていました。左肩は悪魔が宿るとされているので、塩で清めて悪霊の働きをおさえたのです。

 

関連する記事


こんなジンクス知ってる?数字編
こんなジンクス知ってる?身体編
こんなジンクス知ってる?人・動物・数字編

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。