【芦屋道顕】春土用入り!2018年4月16日-4月22日の恋愛運【音魂占い】

あ行 恋愛運
停滞の時が終わり、物事が動き、願いが叶い始める週である。しかし、詰まっていたパイプから清い水が流れる前には詰まっていた泥水が出るように、運気の動き始めは少々の波乱もある。

この週、愛しき人との関係に不安や不満が生じたら、あるいはロクな出逢いがないと辟易としたらそれは好転の予兆であり、嬉しきことが起きたなら清く見える水に少し混ざった泥を見つけても清濁併せ呑む覚悟を持つことじゃ。

い行 恋愛運
春バテという言葉が現代にはあるようじゃが、季節の変わり目で体調を崩しやすく、予定を詰めると最も楽しみな日に倒れかねぬ。

この週、おぬしは対人運の上昇気流に乗っているゆえ誘いも多いが、本命がいるおぬしは二番手三番手の相手は断っても支障はなかろう。しかし出逢い募集中であるならば、気が向き体調も良く逢えた相手こそ良縁、流れる予定は天の采配と思うて執着せずがよいな。

う行 恋愛運
裏の裏は表、相手の態度を深読みしても見えてくるものは見たままと変わらぬようじゃ。この週、おぬしは意中の相手がいようといまいと、異性から駆け引きをされ翻弄される暗示あり。

しかし、小手先の技でおぬしが好きでもない誰かに惹かれることはなく、意中の相手からならば喜んで釣られればそれも幸せであろう。何があっても案じず心のままでよいぞ。

え行 恋愛運
女子は常に受け身であっても構わぬとわしは思うておるが、この週はたとえ受け身でいるにしても、意中の相手と接近の機会があればそのチャンスをみすみす逃さぬようある程度の意思表示が必要だとの暗示が出ておる。

地の気の増加は今期のおぬしには身の内から湧き出る魅力、女性的な魅力の増加と等しく、心乱れる男子の増える時期ゆえ望まぬ相手との接近は危険であるがこれぞという男子の心身を揺さぶるには良きときなのじゃ。

お行 恋愛運
しばらく疎遠となっていた相手とまた親密になり、親密であった相手とはやや心の距離ができやすくなる。縁の切り替わり時であるゆえ、流れに任せてこそ良縁の相手のみが身近に残る。

しかし、ここしばらくの間に親密になり今後も関係を縮めたい相手がいるならば、おぬしからのアクションも必要。相手を追うのでなく追いたくなるおぬしになるべく、見た目を磨きさらには日々を充実させその輝きを見せられるとよいな。

★★★★★★★★

★恋愛占いメニュー続々追加中★

占いアプリ『辛口オネエの開運占い』

Android版はこちら(google playが開きます)

iOS版はこちら(appstoreが開きます)

関連記事

2018年3月5日-3月11日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い】...

土用入り!7月16日-7月22日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い★2018...

1月22日-1月28日の恋愛運【芦屋道顕の音魂占い】...

11/13-11/19も公開済です。/11月6日-11月12日の恋愛運...

★バレンタインの恋愛運★2018年2月12日-2月18日の恋愛運【芦屋...

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ