【夢占い★夢診断】感情を出す夢の意味は?

自分が誰かと話している夢、自分が何かで笑っている夢・・・自分が何かをしている夢は現実と違わずとても自然な動きをしますが、もし自分が何かの感情を爆発させていたら、夢の中の自分は現実の自分にいったい何を問いかけているのでしょうか?

感情に関する夢をご紹介します。

  1. 笑っている夢

    夢の中で笑っているのは、実はごまかしている心の表れです。
    何かがっかりするようなことや笑えないような深刻な事態に、心を隠して笑っているとされています。
    現在そういった深刻な出来事がないのなら、近い将来にがっかりするようなことが起こるのかもしれません。

  2. 泣いている夢

    泣く夢は吉夢とされています。泣くほど悲しいことがあるようにとらえられますが、これは笑っている夢と同じ様に、現実には反対の出来事があるとされます。
    心配事が解消したり問題が解決したりするような、嬉しい出来事が起こる暗示です。
    もし嬉し泣きをする夢なら、幸運な出来事の前触れです。
    とてもラッキーですので安心して下さい。

  3. 怒る夢

    怒っているのは、現実で怒れない分夢の中でそのストレスを発散しているとされています。
    夢の中で解消しているわけですから、厄落としのような夢だと考えましょう。
    問題は解消されたと取って良いでしょう。
    また難しい問題に直面しても克服できるという意味もあります。
    問題をクリアできるという良い夢なのです。

  4. 甘える夢

    甘えているのは、現実逃避をしたい心の表れだとされています。
    嫌なことから目を背け、問題と対峙していない状態です。
    優柔不断になったり、現実から逃げたりしたいという、誰にでもある「逃げたい願望」を意味します。
    「現実に立ち向かえ」という夢からのメッセージかもしれません。

  5. 悪口を言う

    誰かの悪口を言ったり悪態をついたりする夢は、自分の欠点を隠したいあまりに他人を非難していると言われます。
    他人を非難することで「攻撃は最大の防御」としているのです。
    しかし本当は自分の悪いところに気付いていますので、後ろめたいことがあるのなら、早めに立ち向かいましょう。
    自分が夢でしていたように、誰かから避難されるかもしれません。

  6. 殴る夢

    誰かを殴るという物騒な夢は、誰かを疎ましく思っている気持ちの表れです。
    ですが夢の中でのストレス発散にもなっていますので、現実では同じように誰かに感情をぶつけるようなことはありません。
    そういう意味ではただ危険ということもなく穏やかな自分でいられますので、良い夢なのでしょう。
    誰かに殴られる夢であれば、誰かから選ばれたり援護されたりするような出来事の暗示です。
    人間関係が良くなりますので、荒々しい印象ではありますが、吉夢とされます。

  7. あやまる夢

    自分が誰かにあやまっている夢は、自分に自信がない時に見る傾向があります。
    また誰かに認めてもらいたい時にもあやまる夢を見るとされます。
    自信がないけれども誰かにアプローチしているような気持ちです。
    自信がない状態なので、現実では周囲の人に振り回されないように注意しましょう。
    また人からあやまられる夢は、人から認められ人気者になる予兆だとされています。
    とてもラッキーな夢なのです。

Pocket
LINEで送る

ABOUTこの記事をかいた人

大柴あまね

タロットアドバイザー。12歳からタロットを始める。鑑定では心理学とタロットを組み合わせてアドバイスを行う。占いの他多彩な経験を活かし歯科医療やアクアリウム、風俗業の記事も執筆中。趣味はアメリカンヴィンテージと毛のないペット。